独りぶり研で色々お試し

昨日のことですが、

月末に予定している休みに黄色信号が灯りだしたので、打ち合わせの後はさっさと仕事を後回しにして午後から休暇をとる。学校の都合で平日が休みになっている息子を遊び(木登り)に誘うも「友達と体育館行ってくる」とふられたので、独りぶり研を開催。

岩見沢の利根別は台風が連れてきた寒気もおさまり、紅葉も良い頃合いでちょうどいい秋の気温。
20131018-02

色々試したかったことが出来たので、備忘録として。

・ヨーヨーシステムをストップで試す
→ 結論としては出来るけど、安心感はない。
木登り道具は専門的な道具がいろいろ出始めてはいるものの、身近なところで入手できるクライミングやらワーク用やらのデバイスを転用することが多いのが現状。これらのものは、本来はそれぞれの目的をもって作られているわけなので、下降器で下降するのと、ビレイ器で下降するのは安心感が違ってくる。
ストップでヨーヨーシステムを組むという安心感のなさってのは、そんな感じ。

・ポジショニングデバイスをストップで試す
→ 形状的に不向き。
こちらは大は小を兼ねない。細長いストップは肝となるレバーが干渉したりでとても使いづらい。

・ひさしぶりにATCで降下
→ ストップに慣れてしまった今となっては・・・・。

本日の結論
・安心感のある道具を使いましょう。

上記の結論と反する部分としては、
お遊び木登りとことなり、仕事の時はザックを背負って小1時間あるくことも多々あるわけで・・。
そうなると、ワーク用の重い機材ではなく、クライミング用を選ぶことになる。

ひとしきりやってきて、けっこう登れるようになってきたな。
と思っていたが、今回の独りぶり研でまだまだ自己研鑽が足りぬ。と反省。

〆に大福食っていい休暇でした。
20131018-03
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク