雨降りのため「現場ザック指南」

GW後半に突入しているが、昨日今日と雨降りのためベアーズもお休み。

後続チームに任せて途中で帰ってきた現場も雨降りだったようだが、こちらは半端な雨降りではなく災害並みの雨が降ってしまったようで、アレコレと大変だった模様。いやはや、お疲れさんでした。

さて、現場の前半に「現場ザック」が熱くなっていたが、札幌に戻り、ベアーズもお休みとなれば現物をチェックしなければなるまい。と岳荘に行ってみる。

心の中ではOsprey ケストレル38と決めていた。
白石には48Lモデルしかなく、物はさほど変わらないので、ヨシヨシと思っていたが、やはり近頃の夏用ザックは生地が薄い。特に背面のトップにあるパネル代わりのストレッチ素材は、仕事で使うには心許ない薄さである。

翌日、本店でに38Lを見てみる。
背負い心地はすこぶる良いが、やはり生地が薄い。どうしても、隣にぶら下がっているミュータントに目がいってしまう。

結局、倉庫からこいつまで、引っ張り出してもらい、背面パネルやら何やらを一通りチェックし、「また来ます」。といって家路についた。

熱が冷めたわけではないが、「ふりだし」にもどりました。

Ospreyは基本定価売りなので、円高の恩恵を受けた米アマゾンがお買い得。と思っていたが、実際に注文入れてみると送料込みでほとんど変わらず。MSRの一部商品は激安になるが、物を見て買わないといかんなと反省。

夏は夏用のザックを使い、冬は冬用のザックを使うのが正しい選択なんだろうが、生地の薄いザックを仕事で使って穴あけるのはどうかと思うし、50Lオーバーのザックに荷物をつめての山行はあきらめているので、サイズ的にはスノーパックが候補となる。あれやこれやとググッテみると、すっかり木登りザックとなっているノースの初代パトロールパックは、10数年経ったいまも現役モデルが出ていることが発覚。こいつもいいかな。なんて目移りするようになったら少し熱を冷まさなきゃいかんと、これまた反省。

検索ついでに言えば、愛用のVista Hcxもよさげな新機種「eTrex 30J」が出たとか。

Jのついているモデルは日本版なので、国産衛星?「みちびき」にも対応しているらしい。詳しくは我が国の正規代理店でごらんあれ。お値段は6k程で販売中。

英語版は本国から買ったほうが安いと思うが、こちらの英語版だと、3kを切ってますわ。
誰かVista Hcx 下取りしてくれないかね?




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク