春の嵐が

バタバタと過ぎ去り、めずらしく人の動きも活発になった2011年の春であった。

数年前から、そろそろかなと思っていたが、結果的には長期残留が濃厚となった模様。
とはいえ、こればかりは自分の意志と関係ないところに思惑があるわけで、数年後振り返ってみると、自分の思いは浅はかだったな。ということになりかねなくもない。

春の嵐は一段落したが、次なるものも控えているようで、組織の活性化のためには必要なのかな。と思いつつもすべてに納得しかねるのも本音だろうか。

いつだったか、組織は常に大きくなることを目指さなければならないのかな?と思ったことがある。
健全な考えだとは思うが、その行く末が正か否なのかは正直なところ判らない。

先日壊れてしまった携帯ではないけれど、ずーっと続くものは限りなく少ないものだと思う。
楽しいばかりの毎日は決して長くは続かない。

世の中はきっとそういうふうに出来ているのだと思う。

ぶり研も楽しいだけの毎日を送るのではなく、時々迎えるであろう至難を越えていきたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク