ひとつの門出

数年前、ぶり研発足のきっかけとなったアッくんの本州行きを聞いたのが数日前。
時間がとれないな-。と思っていた出発に2日前、滑り込みで連絡がついた。

いい年のオヤジが2人。昼からイタメシ屋で3時間ほど、今後の木登り仕事について熱く語った。
あちらでも木登りに励むように、ぶり研パウチとビナを1枚預けた。

ちょいと遠いところに行ってしまうが、お互いの名が聞こえるような仕事をしていきたいものである。

さぁ、行ってらっしゃい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク