SRTでお仕事

今年の初仕事は30mほどのカツラ。

それなりの斜面に生えているので、パウチ投げは1投目で難なくクリア。
ただ、一発目のラインをかけた場所は推定で16m前後。この上の枝にかけたいところだが、横枝の向きが悪いのと、せっかく1投目でかかったラインを外して時間を無駄に費やすのも。。。と悩んだあげくにそのまま登高した。

一発目のラインが一番下の枝ということは、休憩できる足場もないままに次のパウチを投げなければいけない。こちらは失敗を何度か繰り返して、ようやく2本目のラインがかかった。体制を保つのが苦しいのと、ハーネスがそれようではないので腰が痛い。何よりも足場がない状態でモノを投げるという行為そのものに無理がある。
ここはやはりチビパチンコが有効なんだろうか。

2本目のラインはDRTであがり、一発目のロープのトップの枝によじるように上がる。

そこからは、パウチを投げ→失敗し、ロープをかけ→よじ登り。の繰り返し。

パウチ投げから3時間ちょっと、登高開始から2時間半かけて目的の場所に到着。
写真撮影、モノの回収、計測をすませるも、お目当てのモノは見あたらず。
樹上であれこれとモノを出し入れするのに、今回使ったザックは落第点。
使い勝手の良い道具の選択も、こうやって実際にやってみないとわからないことだらけである。

降下の準備を開始し、ATCのセットから地上までは数十秒。今回も無事に帰還です。

お仕事はぶり縄が多かったので、色々戸惑った点もあったが、樹上での作業性と降下の早さはメリットが大きいと思う。特にDRTを2本使った作業ポジションは特筆モノであった。

課題は相変わらず多いのだが、まずはこのたるんできた体に筋力をつけないといかんと思った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク