春近し

春のしっぽが見えそうで見えない天気が続く。
暖かなミゾレ混じりの雪が降ったかと思えば、今日のような本格的な降雪。

確かに春は近づいているけど、近いようで遠きかな。

春に向けたそれぞれの活動は活発なようで、お得意さんの転勤だとか、友人の就農だとか、試験に合格だとか、吉報が届いたとか、うちの婆さんが100歳だとか、それぞれがそれぞれに次のステップを踏んでいく。

動いているモノを止まっている僕が見てるのか、動いているボクがもっと早く動いているモノを見てるのか。
物事の見方なんてのは、立ち位置でどうにでも変わっていく。

環境が変わるとか、望むモノが変わるとか。
目指すモノが変わるとか、進む方向が変わるとか。
そうなれば、望まれるモノも変わるのか。変わらないことってのは、惰性なのだろうか。

と、たいして変わり映えのないボクは思ってしまう。

10年前のボクは、10年後のボクを描いていたのかな。
そんなことは忘れてしまったが、たぶん10年前のボクが、今のボクを見たら「結構、楽しそうじゃん」と言えると思う。

先を描けないことは、その先に行けないことだ。と思っていた時期もあった。
いまでもそう思うことは多々ある。イメージはホントに大切だから。

ぼやけたイメージを描きながらぐらいがボクにはちょうど良いのかもしれない。

雪が降り続くからそんなことばかり考えていた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク