ぶり縄道具一覧

ぶり縄講習の波紋がちょっと広がったようで、岳荘行くとか、ホーマック行くとか、アマゾンで本を・・・といった声がちょこちょこ聞こえてくる。

自分も試行錯誤の中、余計な買い物をたくさんしたので、ここで木登りに必要な道具類を整理ししておきたい。ちなみに、ぶり縄に必要な道具はこれらの道具「+ぶり縄」だけである。

【ハーネス類】
専門的なことをいうと、スポーツ、オールラウンド、アルパインと分かれているらしい。しかも、岳荘なんかに行って、「木登り用のハーネスください」なんていうと、無駄に高いTCJ仕様のサドル(こちらもハーネスのこと)を売りつけられるかも知れない。どれが良くてどれがダメとは言わないが、サイズのあったモノなら何でもいいと思う。フリークライミングは薄着でやるので、季節を問わずやることを考えればウエストの調整幅の大きいモデルがいいと思う。しかも、常時つり下げられることを考えれば、ハーネスのループは上向きについていた方がいい。
今のところのオススメはBDの「バリオスピード」だけど、ギアラックが付いていないのが難点か。あと、木の上で作業するのであれば、バリオチェストがあれば完璧。

【カラビナ類】
数が多いにこしたことはないが、いかんせんカラビナは高い。強度にさほどの差がなければ、岳荘本店レジ前の安売りカラビナがオススメ。ロック付きが1枚、ゲートの開き方が異なるものが2種類で計4枚ほどあれば当面は大丈夫。ロープも同じだけど、色違いで揃えた方が木の上で迷わない。

【ビレイデバイス】
8環、ATC、角付きといくつかあるが、絶対コレ!といったモノはない。基本は8環なんだろうけど、最近の岩の世界じゃ使われてないような話も聞くし。ATCが万能かといえばそうでもないし。最初の1つと考えればやはり8環か。安いしね。

【ロープ類】
メインロープ(登高・降下用) 9.5~10.5mmでとりあえず25mほど。
 高いモノから安いモノまであるけど、ナイロン製の真の入ったロープであれば何とかなるはず。
 SRT専用のロープは見たことないけど高いです。
スリング用 7~8mm 3mもしくは4mを4本程度。長さによって色を変えると良い。テープも可。
スローロープ 2~3mm 30-40mは欲しい。ホームセンターに売ってる一番安いモノでも可。
プルージック用 4~6mm 1~1.5mと2~3mを各2本程度。既製のスリングでも可。
ぶり縄用ロープ 8~9mm 10mを1本、5mを2本揃えればたいていの木に巻ける。
 ※ぶり縄用はシュロ縄がいいと思ってたけど、やはりザイルの方が使い勝手いいですわ。

【アッセンダー類】
プルージックを卒業した人向け。右手用、左手用、チェスト用、足用などがある。どれも高価。

【ぶり縄棒】
太さ30mmの丸もしくは楕円の棒。長さは50~55cmが万能。タモ材、サクラ材がいいが入手が困難。ヒノキの集成材や鍬の柄として売っている材も流用できる。南洋材は不可。

【その他】
革手(指切りが使いやすい)
スローバック(最初にロープをかけるために投げるオモリ。10ozは欲しい。砂錘等での自作も可)
ロープバック・ギアバック
ヘルメット
技術書:「堤信夫 全図解クライミングテクニック 山と渓谷社 2004」とかの図解シリーズ

こりゃ、ひと財産だわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ナイス投稿。
実際白石で指折り始めると、結構な出費になるなと後ずさり・・・。

ただ、ワシの興味は今のところぶり縄よりもツリークライミング(汗)。

この冬中に揃えられるかはこの冬の仕事次第(爆)。

現在ビデオ編集中。次のタイミングにはDVD持って行けるかと。

Re: No title

そう。結構かかるのよ。

DVDラベル拝見済み。飲みが先になるか、講習が先になるか。
楽しみにしてます。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク