スローバッグの中身

「世界一高い木」は木登りノンフィクションなので、木登り方の技術的なこともチラホラと出ている。

目下、苦戦・制作中のスローロープに関する記述もあった。


クライマーたちは重いゴム製のアボガド-スローボールと呼ばれるものをつけていた。このゴム製アボガドが嫌いなネス氏は、スローバッグという、ショットガンの散弾が詰まった小さな柔らかい袋を開発し、それに一番適した袋の形をソフィア氏が考えた。スローバックはピクルスほどの大きさで今では世界中のツリークライマーのほとんどが使っている。

ということ。

ツリークライミングショップで売っているものも、多分これなんだろう。

で、自作してみようと思い、柔らかくて、適度な重さがあって、楕円形しているものを探してみた。

コイツ。一応ゴム製。でもタマゴ型。
egg

ラインが結べるように袋を作らねば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク