2009ユニ石狩

昨年はピークを踏むことなく、撤退したあの山に懲りもせずに・・・・。

昨年の雪辱をはらすため、アタックを去年と同じ日に設定したが、お仕事の都合とか、
天気があまりよろしくないとかで、4/3に変更。この辺は天候重視ってことで。

昨年と違うのは、まず、メンバーが一人増えたこと。漁岳に続き、腹黒三連星で頂上を目指す。そして、ルートを見直して三国峠ヘアピン側から主稜線にとりつくことにした。

4/2
18:30 年度初めの慌ただしい事務所から抜けだし、萌えぎのに向かう。途中、車と自分の腹を満たして、庄ちゃんと合流。

23:00 大雪ダム脇駐車場着。既にカラッピは到着。テントを出そうかと思ったが、色々面倒もあって車で就寝。

4/3
4:30 携帯が震えているが、眠気に勝てずに15分程の二度寝。
4:45 目覚ましに起こされ、ザックに荷物をまとめる。湯を沸かそうとガスの準備をするがプリムスが純正のガス完にねじ込めない。仕方なくカセットガスでその場を凌ぐ。
・・・・・その後、プリムスは本体側のねじ切りがずれてしまっていたことが発覚。また出費か・・・orz。

5:30 駐車場を出発し、三国峠に向かう。
6:00 予定していたヘアピンカーブあたりにちょうど良い駐車スペースがあったので、ジムニーに道をつけて貰いSTEPWGNが続く。
6:20 登頂開始。

昨年と比べると雪はちょっとだけ多い。主稜線までは約2.0km。樹林帯を延々と歩くので所々に吹き溜まった雪に足を取られる。
萌えぎのイチのラッセルマシーンも最初に飛ばしすぎたのが原因か、朝飯をしっかり食わなかったのが原因か、早くもゲッソリ・・・。
と思いきや、キャラメル1個で復活。単なる低血糖だった様子。
2009yuni-001

しかし、2.0kmの登りはココロが折れそうになる。左手に見えるニペソツとウペペサンケがせめてもの救いか。
2009yuni-002

登りはまだまだ続く。
2009yuni-003

8:40 登ること80min。主稜線に辿りつく。
2009yuni-006

ここからは昨年のルートを辿ってピークに向かう。雪屁が続く細尾根を延々と歩く。
2009yuni-007

こんな高いところにもキツネの足跡が。綺麗なシュカブラになっていたりする。
2009yuni-008

ユニ石狩の手前には1700のピークがある。ユニ石狩に辿りつくにはこのピークを越えて1600まで一度下がり、再び1760ぐらいまであがらなければならい。
2009yuni-009

このピークがツルツルのガリガリでかなりの難所でだった。
2009yuni-010

11:20 登頂。キモチながらの名札が刺さっていた。
2009yuni-011

ピークは一面のパノラマ。ウペペサンケとニペソツを望む。
2009yuni-012

音更山と石狩山
2009yuni-013

大雪の山塊
2009yuni-014

昼飯くってのんびり下山。帰りも100mの標高差を上り下りして難所を通過。
2009yuni-015

天気もいいし(風は強いけど)、時間も余裕がある。
2009yuni-017

十勝三股の原生林を眼下に望む。
2009yuni-016

主稜線を後にして樹林帯を下る。行きに苦労した登りも、帰りは尻滑りで。。
2009yuni-018

15:40 無事下山。
2009yuni-019

天気の良すぎた山行だった。

さて、来年は庄ちゃんセレクトの山を攻めるか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 2009ユニ石狩

結構淡々と綴っていますが、結構歩いたんだろうなあ。
山登り苦手な私は尊敬しちまうっす。
シュカブラもすげえし。

Re: 2009ユニ石狩

標高 Max 1760m Min 1050m
距離 10.2km
時間 9h20min ってところ。 
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク