ALCストーブ至難その弐

昨晩に続き、ALCストーブネタ。

昨日、切っておいた広口缶コーヒー「上半分」の使い道に悩む。
本来であれば、Aリングの作成に。と行きたいところだが、構造が???のため、こちらはまだ手を出せず。三矢レモンサイダーの空き缶があったので、こちらと合体させてみた。
2goki
外側の缶にに空けた穴にたいした意味はない。一穴パンチを使ってみたかっただけ。


壱号機の火入れをしながら、これらストーブの構造が何となく理解できてきた。
燃料であるアルコールを暖め、気化したアルコールでできる炎の出口に穴を空けてやるだけ。
もちろん、加圧方法や炎の出し方にコツはあるのだが(というかそこがキモ)。

弐号機も五徳を必要とするタイプとなったので、参号機以降は五徳レス目標にしたい。
この工作をはじめてからというもの、スーパーの缶ジュースコーナーが気になってしょうがない。

あぁ、ウコンの空き缶がほしい。

01to02
壱号機と弐号機
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク