FC2ブログ

リアエンド

タイヤ交換後、RDの調子が悪い。
しかも、チェーンも重たい。

というわけで、会社帰りにサイクルアサヒ(仙台自転車屋巡りその三)へ。

ひと通りの事情を話し、ついでにワイドリムのインストールは可能か聞いてみる。

数分後、ピットに戻るとお兄ちゃんの険しい顔。
この素材、何ですかね?
リアエンドが曲がってるみたいなんです。。。

ナンテコッタ!

アルミなんですよ。
25年ほど前にはこんな奇特なフレームがあったんだよ。と。

お互い顔を見合わせて・・・・・。

さすがに無理は出来ないので、ここまてでと。お兄ちゃん。
こちらも無理はさせられんわな。

ワイドリムどころではない。
まずは、現状維持できるかを模索しなければ。

帰宅後、あり合わせの道具でトライするも改善は見られず。
リアエンドでググってみれば、今日日のバイクは交換できんのね。

さて、どーしよー。
週末にでも、ファギーにでも持ち込んでみるか。

明日から霜月。また明日。
スポンサーサイト



秋晴れの中

落ち葉を踏みしめる
20191030-01

ササ地獄から一転、落ち葉天国
20191030-02

すべてが順調に進んだ帰り道・・・・、
管理人のオジサンがなぜか鍵を入れ替えるという謎のアクシデント

なぜ??

仙台まで、車を走らせること4時間半
やはり、遠いな

では、また明日

朝から

凶報 グループラインが騒がしい

いやはや、ここ最近は水害、風害と自然災害ばかりに目が向いていたが、とんでもないことに
少しでも早い復旧を願います

さて、グループラインが騒がしい中、遠くに紅葉を眺めながらのササ地獄
落とし物数件。。。こちらも他人事ではない

現場にアクシデントは付きもので、居るはずのオジサンがいないとか
入れたはずのデータが入っていないとか。。。

騒がしい1日でした

自分がきっと購入するであろう700cホイールも、こんなはずではなかった。。。
とタイヤの二の舞にならぬよう、しっかりと精査しましょう

では、また明日

北へ

車を走らせること4時間、リンゴと豊盃の町へ

おそらく、自走してきたのは初めてかも

東北道があちこちに分岐しているのは理解していたけど、想像以上

毎度のことながら眠気と戦う4時間
今回はボタンいっぱいのフォレスターだったので、アイサイトが逆光に弱いことがわかった

さて、本日の夕食はとある定食屋の焼肉定食
肉を食べると生姜焼き
文句を言うつもりはないが、生姜焼き定食と書けばいいのに。。。とちょっと思った

では、また明日

日和山

タイヤ交換後の慣らしに河口に向かう
理由は平地をのんびり漕ぎたいから、川沿いに下って見た

先日の台風ですっかり冠水した河原
20191027_02

1時間ちょっとで河口到着
遠くまで見えるのは防潮堤
20191027_06

自宅を出るころは小雨が降っていたがすっかり秋晴れ
20191027_04

そして予想外の観光スポットに到着
日本一低い山に登頂
震災前は6mあったらしい
20191027_05

不思議な風景だが日本一低い山のすぐ隣は干潟
20191027_03

ちょっと離れた場所はサーフィンのメッカだった
20191027_01

さて、タイヤはイイ感じではあるが
太さを実感できなかったので帰宅後に計測・・・なんと23-24mm
購入したタイヤは28c
やはりナローリム問題か、装着具合の問題か・・・
しかも走行中にスプロケから異音

困った困った、また明日

換装終了

ひとまず、ヘッド回りとタイヤ交換が終了

ロードを本気でやっている輩からすると、どうなってんの?
と言われそうだが、急ぐ必要のない自転車は乗り心地重視になるというものだよ

しかし、ワイヤービートの新品タイヤは硬い、硬い
自転車メンテからご無沙汰していたとはいえ、タイヤ交換にこれほど難儀するとは

実際、このままで旅に出てパンクしたもんなら、タイヤ交換に数時間かかってしまう
予備チューブは追々購入するとして、手のひらの痛みが癒えた頃に再度弄ってみようか

さて、乗り心地重視といっても組み上げただけではプラモデルと一緒
ちょっとだけ遠くへ行ってみよう

通信テスト

朝から、なかなかの豪雨

皆さん足早に駅に向かう
久しぶりの満員電車を体験、やはり、トーキョーすげー

20191025

帰仙後に早速通信テストの再開
やはり、何の問題もない

問題のない問題探しが一番の難敵
頑張りますか

帰宅後は届いたタイヤと格闘
しかも、既存のチューブが対応していなかったというオマケ付き

アサヒに持参してお金で解決するのは簡単だけど、そこはプライスレスでしょう
楽しまねば

では、また明日

寝不足

を抱えたまま上京

わずかではあるが、「自分にしか出来ないこと」を、もう少し真剣に考えねばと。

では、また明日。

秋の空

本日、昨日の土砂降りが無かったような天気

北からの来客のため、本日も早めにお出かけしてせっせと種蒔き
まだまだこちらの土地勘はないようで、西口と東口を間違える

仙台に来て半年
仕事的には北海道との距離感もなかなか良い

自分が成長しているかは別として、次に繋げることを考えていかなきゃいかん世代になったんだな
と場面、場面で実感

そう思えるようになっただけでも成長してるのか?

では、また明日

カレンダーは黒いけど祝日

民放各社を始め、TVのチャンネルを変えども同じ画像が続いている
日本の祝日って感じ

さて、本日は休日らしくお出かけしようと思っていたが、予報通り朝から雨
目的地は自宅から7.5㎞
自転車なら30分程度だけど、徒歩だと1時間半

さすがに諦める
美味しいパンも素敵な音楽もお預け

グダグダと過ごすのも心に悪いので、部屋の気になっていた部分のお片付け
ついでに夏仕様になっていた床を秋冬バージョンにリセット

最近の休日の定番となりつつある、遅めのブランチを終えてサイクルあさひまでお出かけ
午前中よりも雨足は強くなっていた
20191022

歩くこと15分
1階の修理スペースには見慣れたMARINEがピット入り
タイヤが新しくなっとるな

28Cのタイヤ幅は如何ほどかと思いあれこれ物色
最近のトレンドはロード25c、クロス28cの様子
30cはニッチなようで、グラベルは35c以上

30cか32cくらいは入らんものかね
と思いながら帰宅

そういえばリム幅との相性もあったなと思い採寸
ナローリムでした
そりゃ、90年代のリムですからね

結局、28cのインストールで落ち着きそう
脚は重くなるが、クッション性が良くなれば吉か

ひとまず、アヘッド化の部材を注文
やはり、自転車は面白い

各種サイズ

あらためて採寸

ステム系 22.2mm 想定内

ハンドル系 26.0mm 細かった
 現行のハンドルはほぼ31.8mm 

穴が細けりゃ入らないが、太いものにはスペーサーがあるらしいので、お気に入りのハンドル見つかるまではスペーサーをかまそう。

次はスプロケ
 12-25T 10S モデル

こちらも現行は11S
 貧脚には32Tくらいが欲しいが、変速機交換となると、ちょっと違うかなと。

最後にタイヤ
 700X23c クリンチャー
 28cまではフレーム干渉もなさそうなので、この辺が限度かな。

とりあえず、情報は揃った。 

仙台自転車屋巡り その2

平和な休日、朝には雨もあがって天気良し

日曜日のルーティーン
掃除、洗濯、買い出し、銀行、そしてワイドナショー観覧

その後、ブランチ的にホットサンドとストック用食材の調理
今回もホワイトシチューとシリシリ

午後からは宮城野区の自転車屋(FergieCycle)に向かう
20191020-01

こちらは店の向かいのラーメン屋
20191020-02
「鬼ころし」に「地獄」って・・・・
こちらに入ることはなさそうだ

気を取り直して、ファギーサイクルさんの話

入口には「ママチャリも修理します」の看板
店内はサーリーとトーキョーバイク。お洒落なキッズ用バイク
フレームはサーリーのシングル、クロスチェック、ロングホールトラッカー

店内には店主と自分だけ
イラッシャイマセ。の後は声掛け無し
店内で過ごすこと十数分、未だ声掛けなし

まるで岳荘のようだ
このままお暇しようかととも思ったが、せっかく来たのだからと、こちらから話しかけてみる
サーリー好きでカンチ好きってことがわかった

帰宅後、TREK2300の清掃をしながら、こいつをいぢり直すという方策もあるかな?
と思い、あれこれと情報収集

現状のタイヤはクリンチャーの23C
できれば32Cくらいまで上げたいが、28Cが限度か?
こいつはアサヒあたりで現物合わせしてみようか

続いてスレッドコラム
こいつをアヘッドにするのはさほど難しくないらしい
もう少し楽なポジションが取りたいお年頃
そろそろ、着地点が見えなくなってきたぞ

そうこうしているうちに、雪降りそうだな

大人の遠足2019

朝から雨

本日、大人の遠足2019

仙台から南に走ること1時間

20191019-02

20191019-01

あれから8年
8年の月日が長いのか、短いのか
なんてとても言えない

ここでも、それぞれの正義、それぞれの現実
そして、それぞれの日常を取り戻した部分もあるのか

やはり思ってしまうのは、大きな利権の傘の下に入ってしまうと
当たり前だけど、なかなか抜け出せない

良いこと悪いこと含め、それぞれの意志をそこに見出すのは難しい

ここで処理された保管物は26年に掘り起こされる予定
随分先だけど、26年後の世界をちょっと見てみたいと思った

先の約束が出来たので、頑張れそうだ

種を蒔く

本日、午後から種蒔き

その後、会合に参加して刺激を貰う

雉も鳴かずば撃たれまい。
であれば

種を蒔かねば実り無し

もちろん、芽が出て花が咲き実になるまでは時間もかかる
焦って良いことなどないので、じっくり実りを待ちながら、種を蒔き続けようと思う

そろそろ

気温も低くなり、アパートの結露も再開

日の出も遅くなり、故に目覚めも遅くなる
本日の起床は6時14分
炊飯ジャーに先を越される

週末はチャリ屋巡りに行こうと思っていたけど、土曜は福島バスツアーが入っていた
雨の休日にはちょうどいい

さて、早いもので10月もお尻が見えてきた
仙台の初雪はいつごろだろうか?
そもそも雪ふるのか?寒いのか?

決まっていないことが多い2019年秋
2020年に向けた仕込みだけは手を抜かずに頑張りましょうか。


霜月の宴

同業の青森スタッフ一押しだったので、霜月の宴用に買ってみた。

20191016_02

なんかこの絵ずら見たことあるな。

1990

大学1年生になった年末

帰省を兼ねて、江別から鹿沼までの3泊4日の旅に出たのは1990年のこと。

旅を共にした先輩が起きてなかったとか

乗ってくるはずの電車に乗ってこなかったとか
しかも切符を無くしてるとか

なぜ、二人旅となったのか

思い出せることと思い出せないことが多い、あの旅

確か青春18きっぷを使っていたはずなのに、僕らは十和田湖に立ち寄っていた

で、ユースホステルが冬季閉鎖でどこぞのホテルに泊めてもらったことを覚えてる
乙女の像の写真も撮った

その十和田湖から帰宅
奥入瀬渓谷は紅葉の始まりとともに観光客がいっぱい
20191016_01

車道と渓谷の距離も近いため、路駐たくさん、通行者たくさん
あぶないあぶない

阿寒湖から釧路に向かう道に似てるけど、奥入瀬の方が自然がちょっとやさしい

フットパスとかいろいろやってるんだろうけど、もうひと捻りしてもいいかも
と、余計なお世話を考えながら通過した

初めてのお使いは6時間ロード

台風一過
秋晴れの空
標高も高いので吹く風も冷たい
20191015

長靴で登山道を登り、ササを泳ぐこと4時間
お使いの場所に到着
下りは楽ちんかと思いきや、なかなかどーして苦労が待ってた

いい経験になりました

さて、日長一日あれこれが頭をよぎる

本日はそれぞれの正義
近しいものも、遠く離れたものも、それぞれに持ってるものは違うわな。と。

それぞれのモノは、交わることがあればいいのか。
重なるってのは気持ち悪いか。
でも交わるより並行やネジレの位置である方が健全か。とか。

車に戻りと気温は5度以下
いつ雪が降ってもおかしくないな。

宿に戻る途中、小銭入れがないことに気づく。
朝飯を買ったコンビニで聞くも、届いていません。と。
山の中に落としたか。。
中身を思い出し、ブルーを超える落ち込み。

結局、助手席の隙間にありましたとさ。

仙台自転車屋巡り その1

広瀬通にある自転車屋

山口さん

通りの向かいはラーメン二郎
本日も長蛇の列

20191014180706eef.jpg


ロードメインか?
と思いきや折り畳みが充実してた。

2階にはサーリーとか吊してる
古いモデルかな?ogreもあった、やはりデカい

来週末は宮城野区に行ってみるか

初めてのおつかい

もとい、初めての街に到着。

やることは、初めてのおつかいに近いものがありますが。

最近のお宿は専らビジネスホテル。
故に食事はほぼ各自でということになる。
宿に入ると出るのが億劫になる。

結局、そこらのスーパーかコンビニで食料調達。

旨いものを探し歩きに。
というような趣向もなく、それはそれで不満はないが、冷たい飯は寂しいものがある。
ゴミが沢山出るのも心苦しい。

明日は出歩いてみるか。

帰仙

甚大な被害を列島に残した台風も通過

帰仙する飛行機も無事にフライト
飛行機出発は19時、にわかではあるが、ラグビーのスコットランド戦も19時開始

仙台空港についてスマホの電源を入れるとラインが続々
帰宅する頃には思わってるしな。と思っていたら、ガラケーでTVが見られることを思い出す。
しかし、地下鉄に入るとワンセグは圏外(泣)

最寄駅からアパートへの道すがらワンセグ視聴
アパート到着と同時にジャパンの勝利確定

いい日だ。

そんで、空港の待ち時間にサーリーのバイクラインナップから面白いヤツを発見。

吊るしから組んでみるってのもありかもね。

バイク乗り

というか、2輪乗りは不器用な連中が多いような気がする。

キリンの読者なら皆わかるよな。

不安定、雨ふりゃずぶ濡れ、主に1人乗り。
決して快適とはいえない乗り物。
そんで、娯楽性が強いので、一定以上の年齢を超えると高いオモチャと言われてしまう。

さて、先日のチョイ乗りライドでは、体力の低下からとても楽しい休日とはならなかった。

仙台生活では日常の足がなく、しかもご近所は小さな坂道の繰り返し。
正直、カブが欲しい。
と思い、これまでの経緯を思い出す。

社会人1年目、3年目のカルタスが突然廃車になり、モンキーをローンで買ったっけ。
あれから、25年。思考はさほど変わってないな。

本日午後に2代目泥狐でお買い物。
ロードもいいが、やはり太めのタイヤは遊びがいがある。
アルミのフルリジットなれど、ボヨンボヨン跳ねて楽しいぞ。
距離の問題か??

久しぶりの自転車検索。
正直なところ、29er等には興味はないが、キャンプライドには良さげなクロモリを発見。

こういう時期が一番楽しいかも。

台風19号

前代未聞の被害を出しながら北上中。

関東、北陸どころか広範囲に渡り、被害が続いているのは本当に心配なところ。
仕事の心配ではなく、あちこちにあるタカの巣も被害にあっていることでしょう。

確実に日本の気温は高くなり、今後も同様、もしくはそれ以上の自然災害に備えなきゃいかんってことか。
発電機しかり、ライフラインの確保と点検もも忘れないようにしなければ。

今のところ北海道は平和です。
明日、本州に帰れるのか?ってのが目下の不安事項ですな。

帰札

あれこれの宿題を終えて、無事に帰札。

後は台風の通過速度を祈るのみ。


本日は巻き登りで疲れました。

いい日。

木登り作業をして降下中。
散歩をしていた少年(幼児)に見つかる。

スゲー、カッコイイ(と言ったはず)と少年。

地面に降りたら、お母さんと近くまでやってきた。

おデコには蚊が止まってるぞ少年。
と、デコに止まった蚊を潰しすと同時に少年が言った。
「大人になったらもっと高く登れるんだよ!」と。

おじさんは大人だからね。
だからこんなに高く登れるんだよ。
君も大人になったら木登りしようね。とハイタッチをしてサヨナラした。

いい日だった。

本日3本+1本完登。
風呂あがって落ち着いてら揺れてきた。

強風

朝から警報並みの風が吹き荒れる。

さすがに木登りはお休み。
エスケープできる仕事があって助かるね。

あれこれの復習も実践。
オジサンには既知のテクであっても、若人には新鮮。
いいことだ。

明日は穏やかな天気らしいが、週末の台風が心配。
前回も同じこと言ってたような。。。


今日は南へ

600㎞ほど移動。

朝からの木登りは予定通り。
相変わらずの笹の海。
毎年恒例となっていた体力テストの宝箱回収も今年で最後。
終ると思うとやや寂しいもの。
13時には終わるかな。と思っていたが12時に車に到着。

そんななか、帰路に問題が。。。
補修したばかりのGPSがバグる。どうしたものか。

ここで彼と会ったのは3-4年前か。
何事も熱があれば覚えは早い。という見本のような若者(やや高齢か?)。
まだまだ課題はあるだろうから、共有しながら切磋琢磨したいもの。

さて、問題は移動にあった。

札幌から北の宝箱まで約4時間。
南の宝箱までも約4時間。
感覚としてはわかっていたが、自分の老いを計算に入れていなかった。

眠い眠い。しかもところどころで大雨。

22-23時と予想していたが、晩飯をコンビニに変更。SA/PAでの休みなし。
21時半に到着。

頑張れば出来る子です。

北に1000km

月イチの北海道。

仙台から1000kmの移動。
飛行機、電車、最後はレンタカー。
オートパイロットの高速移動はやはり快適。

さすがに名寄は寒い。

明日は雨。きっと寒い。

義務と権利と仕組み

秋の穏やかな休日も出前出張のアシスタント
子供は元気、親は大変。

20191006

サバ出汁ラーメンはナカナカ旨かった。

さて、会社は義務と権利と仕組みで出来ているものだな。
と時々思う。

義務を果たして権利を主張する。
が、皆が同じタイミングで主張するとぶつかり破綻する。
そのための仕組み作りといえば、それまでだがバランスって大切よね。

明日からも頑張りましょう。

働き方改革

という名前を耳にして、どれくらい経っただろうか。

加齢に伴い経験は増える。
そこそこ、集中力も増す。
しかし、仕事は増える。
遅くまでは気力が持たない。

ということで、本日は休日出社。
ややのんびり出社して、早めの帰宅。
そこそこの成果にはなる。

働き方改革的にはダメなんでしょうね。

ご近所スーパーへの帰り道。
夕焼けがキレイでした。
201910052147045d9.jpg
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク