FC2ブログ

ギリギリ

帰仙の日

自宅を早めに出て、実家に車を置いて千歳へ。
4時間前には実家に到着のはずが。。

事務所の鍵、自宅に忘れた。
急遽、バタバタの帰仙となる。

実家から手稲駅までタクシーを走らせるも、電車は行ってしまう。
札幌駅で2分乗換のはずだったが、電車遅れのためか到着と同時に、エアポートは動きだした。
15分後のエアポートに乗り込むも。。。
大雨のために10分ほど遅延。

なんてこった。

重たいコロコロを引きずり、30分前には無事チェックイン。
無駄に疲れたな。

仙台はまだ夏の匂いが残る。
少し得した感じ。
スポンサーサイト



2週間(18本)

バカンスのような、出張のような、帰省のような北海道滞在も残り2日

14日間で7現場(みたいなもの含め)18箇所。
さすがに体が軋む、手も痛い。

盆を過ぎてすっかり秋風が吹き始めたと思っていたが、それでも日中は汗ばむハーネスとなるわけで。。
フルボディハーネスが匂い出してくる前にファブリーズしておかないとな。

明日は仙台。
来週は茨城経由新潟行き。

もう少し、ロードは続きます。

2勝2敗(160/368)

木登りロードも終盤。

自然は人の想像を簡単に超えていく。

今日は2勝2敗。

勝ったと思う時点で負けかもね。

明日も頑張ろう。

颶風の王

とある朝のNHKニュース

オヨバヌ

と聞き慣れないワードとともに紹介された小説。

少し前の本ではあったが、立ち寄った本屋で発見。
なかなかどーして。
重く、深く。ズシリと響く。

SG-011と400-CAM066

昨年からレギュラー入りした「400-CAM066:通称ちびカメラ」(写真右)

20190827

定番のSG-011と同じ場所に設置して、データ検証。
結果としては、期待以上のものはないが、全くダメというわけでもない。

やはり、運用方法のトライエラーは必要ってことか。
保険の一台としては申し分ないのだが、コストを考えるとまだまだ悩ましい。

情報過多

20190826

なつぞら

も、盆を過ぎると涼しい風が吹く。

20190825

2019年の平らな大地シリーズ終了。
2020年は新たなステージに入ります!

強化週間につき

固め打ち。

もとい

固め登り。(156-157/355-358)

20190824
注:カトさんではありません。

雨のち晴れ

今年も宝箱回収シーズンに突入。

本日からひとまず5連戦。

ここ最近は、あと何回できるか?とか
そんなことばかりを考えていた気がする。

飽くなき好奇心ってのは、いくつになってもあるんだな。と実感。
毎度のことながら、教えられてばかりです。

雨のち晴れ
年を重ねることも、経験を重ねることも、悪いことばかりではないよ。
と、秋の稲穂が輝いていた。
20190823

気まぐれ

天気予報

明日は午後から土砂降り予報

よって、早起き確定。

おやすみなさい

全うな

休暇の権利だったり、現場だったり。
ホントは楽しいはずなのに、揃うものが揃ってないと、やはりチクチクする。

前向きに考える気持ちとアレコレを考える罪悪感は背中合わせ。
そんな気持ちになるのは病んでる証拠と言われても、性分だから仕方がない。

人の仕方ないは前向きに考えられるのに、自分のことは上手くいかないこともある。

週末にかけての天気予報はずーっと雨。
と思っていたが、ピンポイントながら行く先々の雨マークが小さくなってくる。
まぁ、悪いことばかりではないということか。

20190821

帰宅の頃の札幌駅は、いつも通りだろうが、電飾がやけに華やかに見えた。
都会のネズミと田舎のネズミ。
ずいぶん昔に聞いた、あの話を思い出した。

3日目

船に揺られ、羽幌へ。

羽幌で初めての食堂入り。

車に揺られ、江別へ。
案の定、土砂降り。
20190820

明日は予定を変更して出勤。
いろんな意味で現実に戻ります。

2日目

明日以降の天気予報を確認したところ、雨雨雨。

よって、バカンスは3泊4日から2泊に変更。

天気も良く、気温も高い、海面は凪。
避暑と呼ぶにはちょっと過酷な天気のなか、引き続きビーチコーミング。
ペットボトルに入れた水も放置していると白湯になる。

20190819

空と海の青を満喫。

バカンスのような

3泊4日の島紀行

1日目

暗雲の中、出向
20190818-04

波もそこそこ
20190818-03

ビーチコーミングはプラ製品が目立つね
20190818-01

漂着したらこんな気分になるんだろうか
20190818-02

島での人と人の繋がりは面白い
こーゆー場に誘われて、本当にありがたいと思う

ちょっとは役に立てるように楽しみます。

月イチ

昨夜の帰省は台風と共に

千歳ダメなら羽田に行くよ。
とアナウンスはあったが、無事帰札。
案の定、電車降りたら土砂降り。実家に逃げ込む。

本日は朝から快晴。
避暑に戻ったはずが、台風のおまけで真夏日。

さて、4月からではあるが、恒例となった息子との月イチ食事。
社会人25年選手と4ヶ月選手の思いは様々。

まぁ、がんばりや。

オヤジは明日からバカンスだ。

台風

が抜ける日程ばかりを気にしていたが、仙台~新千歳のルートと時間が台風とどんぴしゃ。

今のところ、天候調整中らしい。

ちょっと旅に出てきます。
と言うほどのバカンスではないが、出だしから荒れ模様。
きっと良いことあるな。

20190816195949419.jpg

昨日に続けて

毎度のことなれど、朝から暑い

正午近くの気温38度
で、生涯記録更新
車の窓を開けると温風が吹き込んでくる

渋滞に巻き込まれながら仙台到着
やっと、28度。これでも10度程下がったってわけか

週末からはバカンス
避暑地だといいが。。。

今年一番

台風のあおりとフェーン現象で今年一番の気温とか

車内の温度計も猛暑日手前

20190814
空だけは気持ちいいのにね

さて、先週虫刺されと思っていた箇所が完治せず。
ウルシではないと思うが、あちこちに湿疹的なものがチラホラ。
ストレスか?

盆入り

夏休み真っ盛りのため、いつもの宿泊先はどこぞの学校の合宿で満室。

ということでビジネス素泊まり。

よって、夕飯を求めてあちらこちらへ。

書き入れ時だと思うが、このあたりの飲食店は閉店ガラガラ。
盆入りくらいは休みたいよね。

私も休みたい。

結局、蕎麦屋2件に振られ、3件目のラーメン屋で手を打つ。
明日はインド料理屋だな。

暑い時こそカレーを。

帰省ラッシュ

東北自動車道下りの混雑を予想して2時間ほど早めに出発。

高速に乗った途端に、ナビが赤色を示す。
どうやら渋滞予測らしいね。

北に向かう道路は東北ナンバー、関東ナンバー、一部近畿や関西も。
そりゃ渋滞するわ。

とはいえ、渋滞はところどころで数キロずつ。
止まるほどでもなく、一般道並みの速度は維持。

渋滞が終ると原因となっていた事故車がいたり、坂道が終ったりと。
関東、関西の方はこんなもんじゃないんでしょうな。

往路が帰省ラッシュってことは、もちろん復路もドンピシャ。
さて、何時に自宅に帰れることやら。

意外とご近所

キャンプ場があったのね。

20190811

夏休み真っ最中。
他府県ナンバーもチラホラ。
そして、あちこちでBBQの香り。

こちらはそれどころではないが、皆さん楽しんで。

夏休み

世の中、本日から夏休みに突入とか。
明日も仕事、明後日からも仕事。
少し先の夏休みに向けて、遠征準備を着々と。

とはいえ、遠征の道具はほほ仕事道具。
仙台と江別に道具が散財するのも仕方がないな。

20190810

貴重な夏休み。
台風とぶつかりませんように。

外回り

ムスコが小さいころに、クッキングパパを読みながら。

営業の田中君が外回りに行ってきまーす。って言ってるのは、サボりに行ってるんだと思ってた。
と。

そうか。

外回りはいいことばかりじゃないけど、悪いことばかりでもない。
冷たくされると心が鍛えられるもんだ。

夕立

夏の空

20190808

このあと土砂降り。

ご無沙汰の登攀(155/353)

今日も変わらず、酷暑は続く。

そんな中の登攀。
気が付けば登攀回数も、300中盤になってきた。

分かる人にはわかるが、この時期に?
ってことは、何らかのアクシデントがあるわけで。

地上では分からないことも、樹上に答えが残っていることもある。

月9の朝顔ではないけれど、「教えてください」という気持ちを持って登攀しましょう。
彼ら彼女らに何があったのか、それを見つけるのが僕らの仕事です。

37度

体温計の数字ではなく、温度計の数字。

おそらく、自分史上最高気温。

この気温は高速道路の表示看板だったので、仕事場はもう少しましな気温。
無茶すりゃ、そりゃ倒れるわな。

明日は酷暑の中の登攀。
気を引き締めて取りかかります。

ホンモノとの再会

日本で初めてとか、業界で初めてとか。

モノゴトをやり始めた連中が、その道の元祖になるわけではなく。

飽きることなく、欲すことを止めず、続け、学ぶ姿勢を忘れず。
そして、世代をこえて教えることも忘れず。

そんな連中は、内からの刺激を外からの刺激に変えられるんだろうな。と。

自分が演じた演目を目の当たりにして、「指先まで緊張感を持て!」と遥か昔に言われた言葉を思い出す。
何となく、そういうことだったんだな。とストンと落ちる。

20190805

今日も熱い夜です。

深夜特急

を読んだのは、随分昔のこと。
夜行バスに並ぶ若者を見ながら、このタイトルを知ってる子がいるのだろうか?
と、どーでもいーことを考える。

そもそも、JRから夜行列車は廃止されているので、深夜特急そのものが国内には存在しないし、夜行といえば夜行バスなんだろうな。

夜行と言えば、札幌青森間のハマナス。
ゼロ泊3日で竜飛に向かった頃が懐かしい。

よく頑張りました!

モミ


20190803

植樹されてるところはあるんだろうけど、北海道では見かけた覚えないな。

ただ、大きいだけ、高いだけはあまり面白みはないんだよな。
でも、経験は必要です。

さて、熱帯夜のなか、恩師に会いにいくか。

海と森

自宅から車で2時間弱

海と森 
似て非なるものも、水の循環には大切な相棒。

20190802

心地の良い暑さ。
と言いたいが、もうちょっと海風があってもいいかな。

プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク