FC2ブログ

年のはじめの1月に

今年はいいことありまっせ。

と言われてからはや10ヶ月ちょっと。
まぁ、毎日イイコトだらけだけど、劇的な変化ってのは未だなし。

早いもので、今年も残り2ヶ月。

この年になって劇的な変化は望んでいないが、前門の虎、後門の狼。
どちらに行っても苦難が待ち構えているのは、いつものこと。

さて、残り2ヶ月どうなることやら。
スポンサーサイト



Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラ(テスト結果その2)

ほんの一部の人しか役に立たない情報 その2

Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラの電池テスト

単三:4本 セイコマ購入 安売りアルカリ
設定はインターバル 1分3枚→途中から2分3枚
タイマー設定 なし(昼夜問わず撮影)

開始 10/23 17時
終了 10/29 18時

結果:ほぼ6日間動作 15000枚弱
ゆるい設定であれば、内部電池だけでもいけそうなので、活躍の場が広がるはず。

ただ、単一:4本の外部でフル回転していたものはマイクロSDカードが壊れる(他のカメラ等でも何度かあった症状)おまけ付き。
それもあって、今回は電池残量ゼロまでは試さず。

最後のテストは内部4本、外部8本でセンサー撮影
こちらは結果が出るまでしばらく時間かかりそう。

秋の岳荘セールに向けて

午後から下見のため白石店へ

すっかり、高級アパレルショップとなっている白石店

駐車場入り口ではギボンさんがスラックラインの体験会を開催中

そそくさと2階に向かうも、スキー、カヌー?が陳列されている。
おやおやと思いながらも高所作業コーナーに向かうも、ダンボーの山。

なるほど。と思い1階の階段登って右手のコーナーへ。
2階にあった、靴とクライミング関係がごそっと1階へ移動。
これはこれで便利になったが、カヌーを2階に運ぶのはさぞかし苦労しただろうな。

馴染みのマネージャーさんに大変でしたね。と聞いたところ、まだダンボールの山だとか。
売り手には売り手のメリットがあるんでしょう。大変お疲れさまです。

フルハーネスの法制化にともない、会社備品も更新しなければならない。

ひとまず必要な機材の在庫は問題ないようで、あとはセールを待つのみ。

ウエア関係はすっかり働く人の品質・デザインともにすばらしいコスパを見せてくれているので、インナー以外は必要なさそうですわ。

木登り週間は来週以降も継続。上手くハマらなければ年末までか。
仕事があるのはイイことイイこと。と自分に言い聞かす。

2017年越え

集計表を入力したところ。。

2017年 10/28時点で58回登攀
2018年 本日時点で59回

ちなみに2016年は10月末時点で39回

どうでもいいことではあるが、「木登り仕事」多少は伸びしろあるのね。

紅葉モユル

昨日ほどの寒さもなく、生ぬるい空気の十勝。

紅葉もすっかり進み、常宿にも観光客がちらほら。
こんなところにもインバウンド効果が、アジアの北海道熱はすごいもんだ。

20181023

昨夜、寝しなにNHKをチラ見。
「人は、約束を胸に生きている」ってドキュメンタリー番組
どこかで見たことある絵だな。と思っていたら、漫画版:君たちはどう生きるのか の作者であった。

約束ね~、と思いながら布団に入る。
果たせなかった約束とか、果たしていない約束とか。
あれこれあるな。と思っているうちに就寝。

胸に秘めたものはあるけど、なかなかどうして。
でも、男の子ですから頑張りますよ。

Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラ(テスト結果その1)

ほんの一部の人しか役に立たない情報

Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラの電池テスト

単三:4本 ちょっと使ったエボルタでテスト
設定はインターバル 1分3枚、タイマー設定して夜間撮影は少なめ

結果 19950枚(もうちょっと電池残ってる)
5M画質で15.4G使用
おそらく、赤外線照射のLEDが少ないため燃費がいいのかも。

ちなみにレンズ画角は35mm相当(35mmフィルム換算)でした。
意外と使いやすい。

次は100均アルカリで試してみましょう。

撤収

を明日に控え、あれこれの整理を進める。

全員で登った回数  105回
全員でかけた宝箱の数 61個

ここから始まって花を咲かせ、実をつけたもの
花を咲かせたと同時に散っていくもの
いろいろ見てきた7年間
 
20181018

さて、自分にとってはどうだったのか。

秋の宴

10月生まれの会に参加

ビールとソーセージの国からのお土産をいただく。
ありがたや。

20181013

帰宅後、家族に見せると似てる。とのこと。
針金で眼鏡でも作ってみるか。

あれこれ

月曜日からの流れで道北に向かう。

先月末に設置した通信宝箱。
設置おわりの車で確認した画像がまさかのタイムラプス表示。

これは自分の凡ミスか?、それとも気まぐれカメラの不具合か?の確認のため再訪。

→ 結果はやはりプログラム不具合。

30分間隔のセンサー設定のまま、タイムラプスで撮影されてた。
細かい確認は後日になるが、きっと回収後は何もなかったかの様に動くんだろうな。
FW更新→テストしてお蔵入りの判断待ちとなった。

今回は有望な若手と木登り。
毎回会うたびに、質問を投げかけ写真を沢山撮る。
こういう熱の感じ方は新鮮だ。
そして使っている道具のオマージュ感が強い。
15年前か、20年前か。いやはやもっと前か・・。
自分も同じようなことしてたな。と苦笑い。
サルマネといえば聞こえが悪いが、真似て使い込んで、いつの間にかオリジナルになるもんだ。

木の上で親父がカメラと格闘している頃、倅は就職が決まったらしい。
こっちもいい先輩見つけて頑張れ。

Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラ

ご無沙汰の更新

Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラ

おそらく、サンワダイレクト トレイルカメラ 400-CAM066のOEM版
こいつはノーブランド品扱いなので、型番なるサンワが良いかも。

中国からの発想だったので到着まで2週間。
到着がやけに遅いな。とおもったらご用心。

あくまでも自己責任レビュー。
カタログには書いていないような項目をまとめてみた。

Ksmsem トレイルカメラ 小型 センサーカメラ 防犯 監視カメラ 赤外線カメラ 屋外 電池式 防水 カメラ 1200万画素 1080P フルHD 動体検知カメラ 70°検知範囲 暗視カメラ ワイヤレスカメラ (日本語対応)

メニュー画面や画像ををみると、Amazon広角版と中身は一緒。
サイズは1/3くらいでほぼガラケー並み

★機能編★
画素数 : 1M、3M、5M、8M、12M、16M
連続撮影枚数 : 1~3枚
ビデオサイズ : 320、640、720、1280、1920
ビデオ撮影時間 : 3秒~10秒
音声記録 : 有
ディレイ設定 : 05秒~59分
サイドセンサー : なし
センサー感度 : 3段階
タイマー設定 : 有
タイムラプス設定 : 3秒~23時59分59秒
SDの上書き設定 : あり
フラッシュ種類 : 可視光
フラッシュ調光設定 : Near、Middle、Far

★ハード編★
ベルト取付箇所 : 中央
三脚穴 : 1箇所
DCプラグ位置 : 良
DCプラグ : MP-121 DC(おそらく)
照度センサー?位置 : レンズ一体式(と思われる)

★その他★
前面液晶・内蔵電池は単三4本だけ
レンズ 35mmくらい(適当だけど、さほど狭くはない印象)
使用できるSD : 32Gまで確認
フォルダ構成 : 999枚
色味 : 癖なし
電源:内部外部ともに6V

20181006

ミンマヤ2018

青森フェスも今年で終了。

3年前に圧倒された景色。
足掛け3年、その景色は少なくとも4人の意識を大きく変えたと実感。
こんな出会いもあるもんだ。
20181004

いつもの帰り道。
黄金色の稲穂のなか、ハイエースは進む。
20181004-02

初心忘るべからず

暦的には昨日から下半期。

初心忘るべからずとは難しいもので、始めたばかりのアツイ熱はいつか冷めてしまう。
これは必然と考えていいものだろう。

熱量の維持に必要なのは外部と内部の刺激。
もう旅は必要ない。と書かれたあの本の意味が今ならよくわかる。

外からの刺激はやがて麻痺するものだと思う。
内からの刺激を自分で作れるようになってナンボの世界。
どこにいても、どの立ち位置にいても。同じ。

道南通いもそろそろ最終章。
7年前のこんな画像を眺めながら、しっかりと幕を下ろします。
20120502-001
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク