FC2ブログ

順調に

配信されていた南方からの画像送信

気がつくと10分の誤差が・・・。
いつからだろうと思い過去ログを辿ってみるも。。
既に削除済み(泣)

そして、本日も10分遅れ

きっかりした数字のズレなので諦めよう。
しかし、退屈させないね。
スポンサーサイト

気がつけば

H8年8月8日に亡くなった星野道夫の齢を超えていた。
しかも3年も。
命日でもなく、イベント告知でもなく、自分の中の奇妙なの繋がり。
久しぶりに偉大な写真家のことを思い出した。

先週の現場で届いた訃報は低体温が原因とされていた。
数日後の新たな情報では100-200m程滑落したらしいとか。
何がフェイクで何がリアルかわからないネットニュース。
亡くなったってことだけは確かなんだろう。

関連ニュースを漁るように見ていた。
とある記事では、冒険家とは「危険に対する感覚のにぶいやつだ」という落語家の見解。
なるほど。鈍く見えても仕方ないし、バカにしているわけでもなさそうだ。

様々な経験を積んで、危ないところに行く。
もちろん、本人も恐い。だから慎重に行く。
でも、命を落としてしまったり、負傷したりすることがある。
結果、「技術が足りない」とか、「甘くみるからだ」となる。

雲の上の方から、「それみたことか」という声が聞こえてくる。

全く以て正論。

と思いながらも、
表には決して出てくることのない、本人にしかわからない、
アクシデントや奇跡的な何かがそこにはある。

ただ、それを美化しちゃいけない。
武勇伝にしてはいけない。

自分への戒めとして、静かに記録しておこう。

ビグ・ザム

並みにデカいぐるぐる
20180528-01

おそらく、コイツも近くで見るとデカいはず
20180528-02

ぐるぐる

回る、風車が回る

20180527-01

海岸線ではすっかり見慣れたこの景色
風車の多くは外国製だとか
作りっぱなしの高架橋と同じで、メンテナンスが追いつかなくなるんじゃないかな

橋梁点検もレーザ搭載のドローンの時代だとか
人の仕事をAIが脅かすといわれてるけど、マンパワーなめんなよ

20180527-02

ハチ公の国へ

昨夜到着。
こちらも風車の町らしい。海沿いにはたくさんのグルグルが回っている。

記憶の中では20年ほど前に自転車で通過した町。
あのころは風車はなかった。

それから更に10年前。
新潟から福岡まで自転車こいでたあの頃は、今ほどコンビニもなかったような。
そう思うといい時代に旅したもんだ。

国道沿いには札幌でよく見かける看板がたくさん。
主要コンビニが違う程度。
どこも同じ風景に見えるのは自分の行動範囲が広くなったと思っているだけで、生活圏が狭くなっている証拠。

地に足つけた旅に出よう。

寒かったり暑かったり

する5月はカラダに優しくない

今週のお宿、リッチな学生さんのワンルームのよう
外は温かいけど、部屋は寒い
空調スイッチを押すと無条件で暖房が入る辺りは北海道仕様
望んでいるわけではないが、個室ベースになりつつあるな

色々と苦労が続くなと思っていた5月も終わりに近づき、、
それなりに忙しいが、お財布的には厳しい現状が続く


さて、月曜日の訃報はアメフット問題にかき消された感があるものの、それでもネットニュースの深いところには個々の感想や感傷が書き込まれている。

8,000mの世界はとても身近ではないが、10m超えたら皆同じ。という輩がいるように、少なからず危険と隣り合わせの作業をしている身としては、いろいろと考えさせられる。

光があれば影があり、功があれば罪がある
これから進むであろう先も、罪と功は背中合わせ

その意味を忘れないようにしようと思う

訃報

移動中の車のラジオから聞こえた臨時ニュース

栗城史多 8回目のエベレスト下山中に・・・・

数年前に誘われた講演会で拝見しただけではあるが、好き・嫌いに関係なく、悲しいね。

あの時と同じように、思わず「何やってんだよ」と悪態をついてしまった。

ご近所パトロールとワークマン

おだやかな日曜日

午前中はエゾシカシンポを覗きに北大構内へ。
新緑まぶしい。観光客らしき方もたくさん。

午後はご近所パトロール
東の方の大きなやつは順調なようで、林の端っこで見守り中。
家の中は確認できず。楽しみは来月へ持ち越し。
同じく北のやつは座り込みの様子。
こちらは例年よりやや遅めか。

もう少し北のやつはやはりモヌケノカラ。
昨年も一昨年もそうらしいので、何か気に入らないんでしょうな。
その林の端っこではロープまみれのやつが座り込み。
こいつらも近い内にしっかり見たほうがいいかも。

何かと話題とワークマンシリーズ。
本日購入したソフトシェルをパトロール中にお試し。
値段相応の縫製ではあるが、マテリアル的には値段以上。
仕事着と割り切れば十分。

次は何を試そうか。



かぐや姫

鑑賞中

高畑勲、西城秀樹
それぞれの時代がひとつづつ消えていく。
良いヤツばかりが先に逝く。

いい年になってきたので、ポルコの言っていたことが解るようになってきた。


さて、そんな中一足早くアマゾンさんからの届け物
グロープクリップ(商品はタープクリップ)
20180518

サイズの記載はあったが思いのほか大きかった
樹上で行き先に困っていたグローブの行き先が決まった

手渡し出来る方、1個200円でお譲りします(限定2個)

体・道具メンテと遠征用バック

珍しく繁忙期平日の休暇。

しかし、寒いな。

花粉症シーズン真っ盛りでもあるので、いつもの内科ではなく会社近くの耳鼻科に向かう。
お子様いっぱい。
2週間分薬出すので、様子みようか。と言われるも4週間ほど先しか受診できませんと私。
じゃ、30日分出しときますとピンクケーシーのセンセ。

その後、あれこれと所用を済ませて、ギアメンテ。
昨年度の反省込めて、遠征用バック検討のため、とりあえず手持ちギアを80Lオーバーのザックに打ち込む。
背負ってみるも。。。無理だコレ。
余裕で20kgオーバー。しかも工具と長靴入ってないし・・・。
20180514-01

ザックのサイズと自家用車荷室サイズを測ると、このあたりがMAXか。
20180514-02

やはりローラー付きが賢明なようだ。

シーズン初

のダニエルは、まさかの左眉毛に襲来。

違和感を覚えてかさぶた?と思って取ってみたが、就寝時にやられたため朝まで気が付かず。
気温が低いので気にしていなかったが、そんな季節か。

いつも思うが、頭部が皮膚の下に潜り込むのに何で気が付かないのだろうか?
しかし、まぶたを襲撃されずによかったな。

一日24h

ではあるが、年度始めは仕事はなくてもやることだけは何だかんだとあるわけで・・・、毎年のことなれど進みが悪い。
要領が悪いってこともあるし、いつでもどこでも繋がる環境も拍車をかける。

さて、まずは先月末からの宿題を進める。
法律ってのは解釈が難しいわけではないことがわかった。
しかし、Aのために決めたことを、似て非なるBに当てはめてようとすることでネジレが出てくる。
もちろん、解釈通りに行くわけがない。
その辺りを文章で表現するには、誤解を生じる恐れが多々あるので、難しいというよりは無理がある。

再履修が一番だと思いながらも、蒔いた種だけは刈り取らなければなるまい。

中災防ではこちらの特別教育も仮称ながら募集開始。と思ったら既に満員御礼。

おそらく、こちらももれなく学科4h、実技3hとなるでしょう(推測)。

2つ合わせて14h。現実的じゃないね。
顔痛いぞ。



まだ、未だ

この仕事、数年に渡り同じ現場に通うことが多いので。。

現場宿で久しぶりの知人に会うと「まだやってたんですね」と言われることが多々。

そう、まだまだやってるのだよ。

10代前半から鳥を見はじめて、40代後半になっても、まだまだ。

2000年代初頭から木に登り始めて、十数年後も、まだまだ。

長くやってるとボタンの掛け違い、やり始めた頃の印象、様々で大人にならなきゃイカンなってことも多々。

これからも、まだまだ。は続く。

新緑萌える

5月

寒かった昨日から一転(ってほどでもないが)、そこそこ暖かくなった。
そして、花粉も絶好調。

20180507

GWから持ち越し課題の登攀・作業時のシステム(レスキュー含め)は、暗中模索。
これまでのやり方がさほど間違っていなかったことは安心材料ではあるが、本質的な部分でのブレイクスルーは必要。
投資で解決するのではなく、知恵をつぎ込みたいものではあるが。。。

しばらくの宿題となりそうだ。

連休最終日

明日の午後から現場移動のため、実質の連休最終日。
といっても平常営業だったので、特に変わりのない週末ではあるが・・。

講習後、ボトムアンカーの設置方法をあれこれと考えている。
下降器仕込みは理にかなっている。と思う半面、アクセスラインから切り離されての作業が多いことを考えると、まずは作業体制の見直し(というよりも育成)が先に来るのか。
また、メインロープ含め、器材の重量もそれなりの問題となるので、優先順位の整理が先かも。

そんなことを考えながら、セール最終前日の岳荘白石へ。

改めて、LOV2の詳細確認。
あれもこれも出来ますよという売り文句は、業界的にあまり良くないような気もするが、テンションロープにも設置できるとは驚き。
木登りデバイスの進歩は凄まじいな。

ハイタカの国へ

平らな大地、遠くに見える平たい防風林

昨日は峠では雪混じりの雨、夜まで雨。しかも寒い。
ってことで予定は下見だけとなった。

そして本日、朝から頑張って5本
あちらこちらが悲鳴を上げているが、ひとまず完了
とはいえ、あれこれと反省点多すぎで、講習受講者の名がすたる。

開封(回収?)は夏の終わり
継続は力なり

20180504
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク