118(77本)

気がつけば、120の80まであと少し。

本日、77本目は合格点の登り。
しかし、次の作業用登りでパウチを引っ掛け大失態。

おまけに雨まで降ってくる始末。

関係者には寒い思いさせました。
日々、猛省です。
スポンサーサイト

重い腰を上げて

宴から早一週間。

この僅かな間に、これまた奇跡がいくつも重なり、正直怖いです。
現実に戻るためにも、重い腰を上げてデータ整理に取り掛かります。

あと、某所用のレポートも忘れずに。

昨年は3地点分だったのが、今年は3倍の9地点。
来月もう一つ増えるので、3倍超えの計10地点。

嬉しい悲鳴ではあるが、この辺のマネジメントも本腰入れなきゃダメね。
総会の仕込みネタはアレコレ挙がってきているので、そろそろ日程確保しなきゃいかんですな。

2年ぶり

にコンビニまで25kmのあの場所に向かう。

秋晴れ。だが、遠くの山はさすがに白い。
20151021-01

木々の葉もすっかり落ち始め、カツラは綿アメの匂いを撒き散らしていた。
20151021-02

そんな気持ちのいい天気の中、チョイとした悲劇が。。

お仕事終了後、自主練をしていたらバチッと切れてた。

酷使してきたのもあるが、やはり金属部分との摩擦が響いたようで。
あー現場じゃ無くてよかった。
20151021-03

先日の祭り以前から、三代目ミドルショットにはいくつかの不満があった。
遠くまで飛ぶようにはなったが、重い、引きが強すぎる、気持よくない。

今回の現場は高さもないので、先代の形に戻そうと思っていた矢先の出来事だけにちょっとショック(泣)。

その代わりと言ってはなんだが、軽いラインと軽いパウチで出来そうなことが見つかったので、今シーズンのぶり研はスローラインの練習メインでいきたいと思うのであった。

日常

体の痛みは残っていますが、日常に戻りました。
とはいえ、もう少し現場の日々が続くのは変わりませんがね。

3日間で7個の宝箱設置という快挙を成し遂げた帰路は、
「もう、危ないことはやめようね」
と思っていた自分がいましたよ。

樹の上は非日常であるから、魅力的でもあり。
気が抜けないほど危ないから、生を強く感じるんだと思います。
そして、地上に降りてきた時、やっぱり地面っていいなと思えることも大切。

来年は宝箱の回収があり、そして設置のサイクルがあり、その繰り返しが今は必要なんだと思います。
幾つもの不思議なタイミングが揃った、この時に感謝感謝です。


今年は地上最高で

今年のキーワードは「地上最高」ってことで。

恒例のステッカー作業。

モデルはもちろんあの登攀者。
この数字はなかなか超えられないな。

来年は自分が挑みます。

秋の本戦宴終了

天候に恵まれた3日間。
渡渉あり、登攀あり、発見あり、奇跡ありの3日間。

あまりにも事が上手く行きすぎてちょっと怖い。
怖い時ほど慎重に、控えめにいきましょう。

写真も派手なものが多すぎるので、控えめな1枚を。
20151016

しばらくは腹いっぱいなので、来月以降のことはもうちょっとしてから考えます。
もちろん来年のことも。

隠れメニューの黒蜜ゴマきな粉豆腐が美味かったようです。

今更ながら

自撮り棒買ってみた。

20151013

きっと竜飛で役に立つと思う。

111-114

無事に本州遠征も終了。

台風23号のおまけのような低気圧のため、帰りのフネは揺れたが下呂舟にはならずにすんだ。
船上での揺れよりも、樹の揺れの方が体に残るとは。
これまたいい経験をした。

さて、パンダの宝箱設置は課題だらけ。
材料の増減があれぼどあるとは思いませんでしたよ。
なんていうのは、業務レベルに達していなかったということ。
これこそ猛省です。

宝箱を気にするかどうかという問題は別の課題として、
止まり木に使われても動かない工夫とか、
設置アングル確認ができる方法を考えるとか、
実現可能な具体案はいくつか思いついたので、材料仕込んで次回の設置までにトライ・アンド・エラーを繰り返しましょ。

青森ヒバはデカかった。
20151009

スギがコニファーに見える場所

昨年の汚名返上に本州遠征

台風の余波がそれなりにあって、キーボード打っている今もちょっと揺れてます。

スギを真上から見下ろすと、コニファーみたいに見えるんだ。
今年はそんな余裕もありました。

宝箱の結果は課題満載です。

20151008

改めて110

昨日の110はカウントミスだったことが発覚。
気を取り直して本日110~112と行くはずだったが、家主の都合で111と112はお預け。

110は「こんなものも食べてんだ」という発見ありでした。

残り3ヶ月の目標は、あと21。
これからの作業予定とプライベートを頑張れば達成できないことはない。

安全第一です。

110

昨年自分超えをした木でした。

昨年25.9という数字を経験した後、

本州でのあんなことや、聖地巡礼でのこんなこともあったので、

高さを競うようなことはどうでもいいところまで解脱したようです。

ランヤードが自分の伸びる手のように感じられれば、素敵な木登りストになれると思いますよ。



はじめた見たとは言えません

昨夜のこと。
とあるホテルのテラスから眺める緑地。
日の入りとともに出巣するアイツラを狙って寒い中大人が15名程度。

20150930

日没後10分。

機械に反応あり。
無事に初キャッチ。で面目躍如。

さすがに、はじめて見たとは言えんわな。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク