暴風雪に

真っ只中の北海道。
滞在中の道北も外れることなく暴風雪。

こちらは昨日の穏やかな写真
20150228

そんな暴風雪の日に、車のバッテリー警告ランプが点く。
マニュアルをみると「ベルトが切れて充電できない恐れあり、サービスセンター行け」と書かれてる。
もちろん、半径50km以内にサービスセンターなんぞない。

試しにエンジンをかけ直してみるが、気の迷いで点いていたわけではなさそう。

警告ランプは消えない。

仕方がないので警告ランプを無視して町に向かう。
充電ができずともとりあえず走るが、10分程走ってたらカーナビの画面に「電圧が低くなってるぞ」と脅しのメッセージが表示させる。
と同時に、エンジン警告ランプやら、ABS警告ランプやら、とにかく電気を必要としているものすべてに警告ランプが点灯する。
何とか、先月モービルで世話になった修理工場に到着。エンジンをかけ直すとセルも回らない。

結局はファンベルトが切れてましたとさ。
自宅に戻ったら、金ちゃんにしっかり見てもらわんといかんな。
商売道具は信頼第一です。
スポンサーサイト

寒い

朝7時の気温 -12度

江別もすっかり春めいていたので、二桁の気温は堪える。

それ以外はコレといったことのない1日でした。

北へ南へ

木も大きくならない、人家もない。
そんな厳しすぎる環境のなかで風車だけが回ってる。
この国のエネルギーインフラはどうなるんでしょうね。

20150225

今週は北へ、来週は海を越えて南へ、その翌週は再び北へ。
3週働いたら、1週間ほど休みますかね。(あくまでも願望だけですが)

残す所、あと数回

まで来た、町内会の会議。
本日、天気もよく、風もない絶好の森日和だったが、日中は資料作成に追われる。

年度末なので、自治会と区内の会議が交互に押し寄せる。
今晩は理事会で、明朝は役員会。
この流れを来月も繰り返し、4月になると総会が続く。
あと数回。と言い聞かしても、残りの数回が山場になるとは・・・。

来月は年度末、再来月は年度はじめで、仕事も山場どころか墓場となりそうだ。

関係者各位
 → 本日、西のロープ掛けだけやりました。宝箱は明日か来週末設置します。

大人の宝箱 ~梅澤無線~

仕事関係者からパーツはココにあるよ。
と教えられたのが先月末のこと。

本日、「仕事の買い物」で初来店。
狸小路7丁目。アーケードが終わりかけている場所にポツンとある割には、客足は途絶えない。

DCブラグとかDC変換プラグとか、気になるものはたくさんあったが、ひとまず単一8本の電池ボックスを購入。
自宅に戻り、DC/DCコンバーターとか、USB変換降圧器とか調べるが、ちんぷんかんぷん。

またひとつ、悪い楽しみを知ったような。知らなかったほうがよさそうな。
そんな大人の宝箱でした。

向こう3週間の

予定が概ね決まった。

えー、忙しいことはいいことですよ。
でも、字のごとく心を亡くしちゃダメなんで、そこそこに頑張りましょう。

そういえば、去年も似たようなスケジュールだった。
きっと数年前も。その前も。

変わらないこと。変わらなくていいと思ってることってのは、違うわけで。
自分ではそう思っていなくても、他人から見れば同じことやってるようにしか見えないことも。また、よくあること。
そして、他人が虎視眈々とカエルキカイを待ってるってのも、これもよくあること。

思い通りも、思惑通りも、上手くいかないから楽しい。と思えるマイニチを目指したいもんです。

巣箱回収3年目(その2)

本日、休暇。
先月末から今月頭にかけて忙しく、今月末から来月頭にかけても忙しくなる予定なので、忙しさのハザマ休暇といった感じ。

天気はドンヨリ曇り。
風がないので寒くはないが気持ちいイイって感じではない。

裏森の運動公園に向かい、車止めから歩くこと数分。
残った6個の巣箱とご対面。

20150218-02
結果は先日同様でした。
今日はテープハーネスだったので、やはり股下が痛い痛い。
カブト同様、こちらもテコ入れが必要なようで。


その後、限られた時間ではあったが、こちらも先週末の試打の続き。
20150218-01

ある程度の飛距離が出ることは確認できた。
問題は照準の感覚。
発射角が狭いので、ビックショットの狙いよりもかなり下目に打たないとダメみたい。
何度もパウチを幹にぶつけてしまう。
パウチの重さと引き具合、照準の角度、もう少し時間が必要なようです。


そして、問題のこちら。
アンテナに止まるスズメよけ設置を怠けていたら・・・・。
雪が溶けてしもうた。 → 結果、一本はしごでもちょっと届かない。
20150218-03

排雪入った後だけど、あと数回の吹雪来ないかな・・・・・。

66本(88回目)

2015年、早くも6本目。
オファーがあるのはありがたいが、ちょっとペースが早過ぎる。

今回はトップアンカーが取れないスギだったので、珍しく一本ハシゴからのぶり縄。
巻き方は忘れちゃいないが、降下用のロープやら、ランヤードのお釣りやらが絡まって、絡まって。。。
まったくもって、お粗末なぶり縄を披露することになってしまった。

機材設置の段取りや作業時間、まだまだ課題は多く、所作の綺麗な仕事には程遠いです。

こちらは先日の試打の様子。
やはり、持ち手の棒が130cmだったのが敗因のようです。
20150216

災難は続く

本日、嵐の札幌圏を脱出したゴウ運転手の車は、無事に函館着。

ここまでは無事だった。

その後、機材トラブルで私がへこみ。

ホテルのロビーで持ち込んだワインがパリンと割れて、マサキがへこみ。

機材チェックの出来なさにゴウがへこんだ。

明日の朝は何も起こりませんように。

2月らしく

外はほぼ終日吹雪。

午後から水曜日に残した巣箱の回収に向かおうと思っていたが、あえなく撤退。
しかし、パチンコの試打が不完全燃焼だったので、悪天候の中1時間ほどあれやこれやを試す。

が、思った通りの結果にはならず。

いつものこととはいえ、悩ましい。
モノをばらしていたらこんな時間になってしまった。

うーーん、43歳。何やってんだろ。
楽しいからいいけどね。

今年の冬は寒かったり暖かかったり、積雪が少ないかと思えば、南の方ではドカ雪とか。
安定しないのは天気も同じってことか。

仕事も遊びも、もうひとつ精進と辛抱が必要なようですな。

巣箱回収3年目(その1)

本日、休暇。

3年目となる巣箱チェックにゴーと向かう。

天気予報は激寒だったのに、いい天気。
気持ちいイイね。
20150211-01

本日は6個で終了。(残り6個)
結果は昨年同様でした。

余った時間でゴーの特訓。
SRTの切り替えを地上1mで反復させる。

写真だけ見るとモガイているようにしか見えないね。
20150211-03

頑張りましょう。

三代目カブトはツインチューブ仕様

となった。
2代目の完成が2010年12月、マイナーチェンジが2011年12月なので、2代目の完成度は高かったんだと思う。

しかし・・・、先日の現場でやはり25mオーバーでもコンスタントに打ち抜けるようにならんとイカンよね。
ってことを再確認。

これまでは、「仕事はビックショット」、「遊びはカブト」としていたが、25mオーバーの練習をするためには、カブトのパワーアップが必要となった。

ツインチューブ仕様は、既にオヤッサンがウルトラショットで作成済みだったので、まずはバケットを見せてもらった。
しかし、完成度高いな。
20150208-01

そして、本日の午後からちょこちょこやって無事完成。
これでお蔵入りになっていたパニックシャックルも現役復帰だ。
20150208

次の祝日に試打に行かなきゃね。

ぶり研冬期講習:大人の雪遊び(2015)

今年も無事開催。
なぜか恐ろしく眠いので、概要のみアップってことで。

今年のメインは三角巾。
ただ、給食用の三角巾を持参したものが若干名(笑)。
百均で売ってますよ。とアナウンスした私も悪かったですね。

参加者はおやっさん、カラッピをはじめとした計12名。
このうち初参加が3名。直前のキャンセル2名はお大事にしてください。

三角巾講座開始
20150207-00

額に巻くと「破壊王」の出来上がり。
20150207-02

頭頂部、難易度の高い鎖骨骨折の際の固定と続き、膝の巻き方で終了。
あと2時間は欲しい内容でした。
20150207-03

搬送訓練
プロレス技のかけあいではありません。
20150207-04

骨折したオヤジを手当するオヤジ達。
20150207-05

その後、骨折オヤジはレスキューシートで簀巻きにされる
20150207-06

室内実技の締めはシミュレーション
けが人2名を3名で救助。もちろん、皆慌ててます。
20150207-07

今年の座学はデジタル機器によるデジタルビーコンの電波干渉。
ビーコンと現場デジタルデバイスがずらり。
20150207-08

GPS等デジタルデバイスの電源を入れていないのに、電波干渉が・・・。
まさか、うちのPIEPS_DSP-SPORTが不良状態だっとは。
GPS、iPhone(4S~6)、その他スマホ、Wi-Fiルーターでも干渉が認められました。
捜索の際はすべての電子機器をオフにしましょう。
20150207-09

午後は野外での実技。
3年目ではじめて神社の狛犬が狛牛だったことを発見。
20150207-10

ビーコン講習_オヤッサンチーム
20150207-11

ビーコン講習_カトさんチーム
20150207-12

恒例の弱層テスト
20150207-13

最後は埋没体験で終了
20150207-14

参加者の皆さん、お疲れ様でした。
三角巾の復習に励んで下さい。

少し遅れましたが

20150203

続きを読む

ひとまず山は越えた

月末から月始にかけての2週間。アレコレと締め切りが重なっていた。

ぶり研安全講習テキスト→完了
お仕事の報告書→完了
会社HPの原稿→完了

現場もひとまず終わったので、トラブルがなければこの先は平和な2週間を遅れるはず。

会社HPの原稿に興味のある方は、「ちいかんコラム」で検索。

62~65本(84~87回目)

スギ林の仕事を終えて、夕方には50kmほど北へ。

今日までの3日間。大変勉強になりました。
頭上25m以上先にある、1m四方の枠を撃ちぬく技術をモノにしないと先はありません。

20150204

木に登って、「早く降りたい」と心底思ったのは久しぶりでした。

ケガは勲章ではなく反省というお話

仕事柄、切り傷とか打撲とか捻挫とかはありますよね。
ケガをしてからいつも思うのはその原因です。

自分が思うに。

本当に不慮の事故 < 経験不足 << 慢心

で、比率にすると

10%<20%<<70% ぐらいが妥当でしょう。

慢心ってのは、どんな場面でもホントに危なくて。
このくらいいいか。とか、面倒くさいから。とか。 まぁ、よくあるシチュエーションです。

それが些細な慢心でも、他の人から見たらそうでなかったとしても。
ケガした本人、その場にいた面々は、それが些細かどうかは言わずもがな。わかりますね。

個々の慢心も恐いけど、ホントにホントに恐いのは「場の慢心」。
緩んだ空気は、ケガが起きない限り張り詰めることはありません。

何事も緊張感のある現場は美しいものです。

散策の結果

昨日のこと。

日曜日は暴風雪だというので、貴重な土日の晴れ間を有効に遊ぶ。
以前から気になっていた市内の防風林に向かう。
ここの端っこには、例のアレがいるので1.5km程続くこの防風林にイイモノがないか探してみた。

まずは、先客のトレースを発見。
20150131-01

林は太さも隙具合もいい感じ。
20150131-02

でも、モノはない。

20150131-03

端っこまで歩くと、畑の向こうにも良さそうなものがあった。
んで、そっちにも向かう。

あった。
20150131-04
が、よく見るとボロ布多数。目的の家主ではない。

もう少し歩く。



あった。
ちと薄くて小さいが、先ほどのものよりは見込みあり。
20150131-05

雪が溶けるとアクセスが大変そうなので、溶けるまでに中身を覗きにいきましょか。

帰り道は手稲の山々が綺麗でした。
20150131-06
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク