木登り月間開幕

以前、Facebookに「11月にぶり研安全講習会やります!」と書いてから。はやひと月?

気がつけば、明日から始まる11月も会議、現場、出張、現場と月末まで予定はしっかり埋まってしまった。
期待していた少数の方、ゴメンナサイ。

次回アナウンスをお待ちください。

さて、11月は木登り月間なわけで、週末にはぶり研も開催か?と思っているが、
一足早く本日は木登り仕事。

巣に傘をかける仕事と、新築の巣を設置しました。

20131101


生き物も木登りも、一つのことに馬鹿になるってのは、それ相応の覚悟と努力(体力も)がいるようで。
朝から日暮れまで木に登り、クタクタです。

体幹鍛えて、木登りして、目指すは15年前の筋肉を取り戻そう。
スポンサーサイト

褒める、叱る

どーでもいいことですが。。

褒められることはあまりないけど、
褒められるのは苦手です。

立場上、叱ることが多くなってきたけど、
最近は褒めて育てる。方がいいようです。

でも、いつも叱っていた人が褒めだすと、気持ち悪いよね。

褒めず、叱らずだと、職務放棄と言われそうですね。

GWから現場は途切れずに続いていますが、夏の盛りのような慌ただしさはなくなりました。
一段落した感があるのか、考えなきゃいけないことが多い季節なのでか、毎年この季節は悶々としますね。

早く仕事片付けて酒のもうっと。

雪虫舞う季節

道南にも雪虫がチラホラ。
20131023-03

雪虫のこと、詳しく知りたい方はこの本がオススメです。
20131023-04

アマゾンで絶賛発売中です。

本日の朝食

AM6:30

20131023-01

食パン2枚は多いのではないか??
ということで、今週は1枚にしてみた。

ケチャップマスタードチーズを2日続けたので、今日からリンゴジャムを挟んでみた。

20131023-02

案の定、熱いジャムが溶けて落ちた。

若者に声をかけられるも

白石のとある登山用品店でのこと。

グリグリやらエディーやらを試していると、20代の若者から声をかけられる。

「クライミングやってるんですか?自分もはじめたばかりなんで・・・」

まぁ、このコーナーに随分長居していたので仕方ないとは思いつつ。

「クライミングはやってないんですが、木登りをしているので・・」と返答。

若者は木登りには興味がないらしく、もちろん話は弾まず、続かず。。。。

セールに向けて、昨年購入しなかったスノーシュー用の靴を見回るも、今ひとつ踏み出せず。
財布に余裕があれば別ですがね。

そろそろ秋のセールですよ。

独りぶり研で色々お試し

昨日のことですが、

月末に予定している休みに黄色信号が灯りだしたので、打ち合わせの後はさっさと仕事を後回しにして午後から休暇をとる。学校の都合で平日が休みになっている息子を遊び(木登り)に誘うも「友達と体育館行ってくる」とふられたので、独りぶり研を開催。

岩見沢の利根別は台風が連れてきた寒気もおさまり、紅葉も良い頃合いでちょうどいい秋の気温。
20131018-02

色々試したかったことが出来たので、備忘録として。

・ヨーヨーシステムをストップで試す
→ 結論としては出来るけど、安心感はない。
木登り道具は専門的な道具がいろいろ出始めてはいるものの、身近なところで入手できるクライミングやらワーク用やらのデバイスを転用することが多いのが現状。これらのものは、本来はそれぞれの目的をもって作られているわけなので、下降器で下降するのと、ビレイ器で下降するのは安心感が違ってくる。
ストップでヨーヨーシステムを組むという安心感のなさってのは、そんな感じ。

・ポジショニングデバイスをストップで試す
→ 形状的に不向き。
こちらは大は小を兼ねない。細長いストップは肝となるレバーが干渉したりでとても使いづらい。

・ひさしぶりにATCで降下
→ ストップに慣れてしまった今となっては・・・・。

本日の結論
・安心感のある道具を使いましょう。

上記の結論と反する部分としては、
お遊び木登りとことなり、仕事の時はザックを背負って小1時間あるくことも多々あるわけで・・。
そうなると、ワーク用の重い機材ではなく、クライミング用を選ぶことになる。

ひとしきりやってきて、けっこう登れるようになってきたな。
と思っていたが、今回の独りぶり研でまだまだ自己研鑽が足りぬ。と反省。

〆に大福食っていい休暇でした。
20131018-03

頂き物

会社の後輩から、内祝いの頂き物

20131018-01

寒くなってきたので、焼酎のお湯割りでも飲むか。


台風当たり年か

8月から道東に来るたびに、台風に見舞われている。

北海道に来て20数年経つが、初めての空港になぜが車で来ることに。
初めての空港→女満別空港でした。
20131016-02

そこから100kmほど車を走らせる。

海の向こうには、国後島。
望遠レンズで撮影するとこんなに近い。近いのに遠い島。
20131016-01

そして、本日台風襲来。
20131016-03

雨、風、ハンパなく。
何が飛んできてもおかしくない様子。

案の定、宿は雨漏り。停電は免れました。

食欲の秋ということで

すっかり、飯ブログになってますが。
まぁ、食欲の秋ですから。

20131011-01


コメものも行ける気がする~。とおもったので、
チャーハン頂きました。

20131011-02

本日の朝メシは

昨晩、菓子パンのカロリーとベーコンキャベツチーズサンドのカロリーが変わらねーだろ。
という声があちこちから聞こえてきたので。

本日は、
20131009-01



キャベツとチーズのみ。
20131009-02

まぁ、これじゃ中身はわかりませんがね。

明日は木登り仕事です。

朝メシ

年間100数十日ある現場の朝メシは、ほとんどがコンビニ飯。
菓子パンはカロリー高いので、バウルーを活躍させようと思う。

食パンの中身はベーコン、チーズ、キャベツとマスタードケチャップ。
ヨーグルトも付けてみる。

20131008

同じ材料が残っているので、明日も同じ朝メシですがね。

今年の秋冬は裏森で巨木探し

をしようと思いつき、夕飯までのちょっとした空き時間にランニングをかねての裏森徘徊。

自宅の裏山と言えば聞こえが良いが、江別は丘陵地なので山はない。
裏の林で・・・、って言うには思いのほか広い林で、やはり「裏森」がしっくりとくる。

ぶり研でいつも遠出していたが、身近なところからという思いもあり、グーグルマップで自宅周辺を眺めてみる。
裏森は植林が多く入っているが、沢沿いには大きな広葉樹が残っている。
遊歩道沿いは目立つので、積雪期にスキーを履いて巨樹を探し、登る。という魂胆。

自宅から歩くこと10数分。

沢の中から生える「ヤチダモ」を複数発見。

わかりにくいが、こんな感じ。写真奥の方。
20131005-02

下から見上げるとこんな感じ。
20131005-01

広い森なので、雪が積もったらGPS片手に時間をかけて巨樹マップを作ろう。

針葉樹はそれはそれで楽しみがあり、
数年前の春先に「ケケケケケ・・・」を聞いたこの林では、巣が増えていた。
20131005-03
灯台もと暗しとはまさにこのこと。
こちらは、雪降る前に中身をチェックしておきたい。

学生時代は、授業サボって散歩するだけの森だったけど、歳を重ね、経験を重ねると見えてくるモノが色々あるようで。

今年の秋冬は忙しいな。

客人

日長一日、鳥を探しているとたまに来る客人。

キタキツネ

現場のおじさんたちが餌をあげているのか、少しだけ警戒しながら寄ってくる。
気づかないうちに近くに来ていて、「おぉっ!」って声出すぐらいビックリする時がある。

何かくれ。


何もあげないよ。と言うと。

ちょっと可愛い顔して、何かちょーだい。
P1030598.jpg

でもあげない。

野生動物にエサをあげてはいけません。

パウチに自由を

木登り道具の必需品であり、意外と消耗品であるパウチ。

いろんなメーカーから出てますが、
金具は決まって「◯」。

自由があってもいいんじゃないの?

で、これ。
20131003

使い方は勝手に想像してくださいな。

菓子パンをバウルーで焼いてみる

はやくも10月。

道東に来るたびに台風がついてきているような。雨男ですが。
台風の翌日はよく晴れるので問題ないでしょう。

さて、今年の春一部でブレイクしたバウルー。
20131001

コイツでアンパンを焼くとなまらウメェ。と言ったのはグロちゃん。

真似してみる。

20131002


余裕かましていたら、焦げた。。。。

確かになんまらうまい。

明日は何を挟もうか。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク