秋の便り

朝夕の風はすっかり肌寒く。
稲穂もすっかり頭を垂れてきた。


本州のような雨を降らしていた積乱雲もすっかりちらばり、空が高くなってきた。
P1030370.jpg

あー、8月が終わっちゃいました。
スポンサーサイト

TREE TENT

今朝、白糠のコンビニで所ジョージの雑誌「ライトニング」をみてたところ

TREE TENTなるものを発見。

海の向こう側の連中は遊びに本気だね。

こういうところだけは、見習いたいもんです。

本日の時間割

5:00起床するが、あと5分。と布団の上でグダグダ。
5:30出発
6:30現場到着でミーティング
7:00調査開始
15:00調査終了
15:30集合
16:00次の現場へ出発
20:15次の現場に到着
21:00入浴

昨日の帰宅時間より、次の現場(白糠)の到着の方が早いのはなんか悲しい。

今度の車には平均燃費計がついた。
アクセルを踏むたびに数字が下がっていくので、結果、安全運転になるってことか。


8月もあと2週間・・、テキスト到着

晴れてると思ったら、雷なって雨ですか。
本日、竜巻注意報?も出ていたとか。

すっかり、夏の天気が「内地」と化してますね。

今日明日は、車の入れない河川敷での鳥見。


積乱雲もそろそろ見納めか。
P1030334.jpg


帰宅後、長野の「アウトドアショップK」からテキスト届いてた。
勝手に分厚い本だと思っていたが、A4判 全45Pの教科書のようなテキスト。

北海道とはいえ、A4ノート一冊と変わらぬこの本の送料が1000円超えってのはいかがなもんでしょね。

テキストは薄い割には中身の濃いものでした。

そういえば、

あと半年ですが来年の2月まで、厄年(本厄)です。
あ、歳バレマシタネ。

世間は盆休みですが、先程道南現場から帰宅です。

あー厄年なんだなー。ということは昨年度末あたりから(継続的に・・)チラホラありますが、大きな怪我もなく,事故もなく残り半年を過ごしたいと思います。

現場仕事は気を抜くと大怪我につながります。
木登り仕事で・・・、なんてことになれば、この業界の木登り仕事はきっとなくなるでしょう。

今年の木登りは例年以上に安全対策に力を入れたいと思い、色々準備中です。
本読んで、カタログ読んで、木登りブログ読んで、メカニカルヒッチ道具買って。。。

あー忙しくなりそうです。

あれやこれやと

少しだけ先のことを考えて、近いうちに行こうと思っていた講習。

TTR-T

講習日数は3日間なので、現場の隙間に。。というわけにも行かない。
今年の予定はどうだったたかな?
と公式サイトを見たところ。

明々後日からでしたね。
休んでいれば行けたかも・・orz

講習は今年も行けそうにないので、上伊那森林組合発行の技術書でも取り寄せるか。
それとも、別の出稽古に行くか。自己研鑚を貫くか。

熱いうちに時間と金を投資しないとね。

夏休み3日目は・・

いつになることやら。

今年は世の中的に夏休みとなる今週もお仕事。
日曜日から土曜日まで。

そして、晴天。真夏日。
P1030302.jpg

いまのところ、夏休み3日目は9月の予定。

ただし、予定は未定。

耳の後ろ 痛い で検索

詳しいことは解らないが、オデコに疱疹が出来て病院にいったら「帯状疱疹」だね。
と言われたのが十数年前のこと。

ネットに書かれているような疱疹はほとんど出ることはないが、健康バロメーターのように忙しすぎる日々が続くと体の半分がピリピリとしていた。
これは休めというサインですね。

今年は出ないな~。と思っていたが
ここ最近首回りが痛むのはどうもコイツが悪さしているのかもしれない。
肩こりはひどい方だが、いつもと症状が違うので、

「耳の後ろ 痛い」

と検索してみた。

色々出てくるもんだ。
シロート判断をする気はないが、片側だけ痛いってのはいつもの症状に似ている。
帯状疱疹後頭神経痛という病名があるらしい。

帯状疱疹おそるべし。
また、近所の内科で痛み止めもらってこよう。

暑い・・・・。

九州産まれ、関東育ちの自分がこんなことを書くのも気が引けますが。。

北海道も暑い・・。

こちらの困ったことは、暑い日と寒い日の温度差がすげーこと。
今週は日高某所。

さして熱くならないだろう。と思って現場入り。
氷だけ持参してました。

現場をナメている訳じゃないが、水の量が少なかった。
氷をバーナーで溶かして飲水作るハメになるとは・・・。


20年前にこっち来たときはこんなに暑くなかったんですけどー。

今年の夏は仕事のし過ぎか、遊び過ぎか、はたまた寄る年波には勝てない体になってきたか。。
疲れがすっきり取れずに貯まる一方。

明日も暑い中、山の中でお散歩です。
自分と向き合うにはちょうどいいかもね。

今日も9時消灯です。

夏休み2日目

は、出発する朝からなんだかんだあったが、昼過ぎに無事?出発。

カヤック背負って274号を通過したのが14:30過ぎ。
一路、美笛キャンプ場に向かう。


16:00到着。
車も小さくなったので、荷物もコンパクトにした結果、30分でセッティング完了。
すぐ漕ぎ出す。
いつ来てもこの湖の透明度は高い。
P1030184.jpg


息子はルアー(を投げること)が楽しいらしく、丘に上がってもずっとキャスティングの練習。
晩メシの準備は親父の仕事ですか・・・。
P1030191.jpg

翌朝、天気予報は外れて曇り後、霧雨。
薄曇りの中、今後の定番メニューとなるか?たこ焼きを金網の上でコロコロしてみる。
そして、2人とも口の中をやけどした。
P1030236.jpg

人気の美笛キャンプ場。
場内を散歩してお隣さんを覗いてみると、トモエのヤマト君発見。
いつぞやの木登り講習依頼だったが、覚えていてくれた。
あれが、噂のドラム缶風呂かと、マジマジと見てしまった。

ヤマト君の話によれば、土曜からの2泊だったようだ。
土曜の朝は6:30入り。(それでも既に20台ほどいたらしい)
そして、すぐに入場制限が入り、あとは満車の駐車場待ち状態だったとか。

うちは日曜の午後入りだったので、災難を逃れたが、オンシーズンの土日に来るなら気合入れて来るか、席取りジャンケンで人柱を立てるしかないようですな。

ーーー、
帰宅後、嫁を迎えに行く最中、会社携帯が鳴るorz。
やはり、こちらもオンシーズンは人の働いている時に休んじゃダメみたいですな。



イキモノ探そ!

そして昨日は、事務仕事のあと「札幌中央図書館」へ。

キショナン(北海道希少生物調査会)の講演会を聴講。

P1030175.jpg

参加者50-60人といったところ、椅子が150あるのでちょっと寂しい感じはするがまずまずの入り。

開催時間は2時間、ちょっと時間が押したため最後まで話を聞けず。
参加者の多くは年配(関係者以外は)のようで、やはり団塊の世代が一番関心あるのかもね。

いろんなアプローチで僕らの仕事を世の中に発信するのは大切なこと。

あらためて、話をすることの難しさを感じました。

金ののとや賞

そして8/2の金曜日。

昨年度のお疲れ会で札幌某所の金獅子ホルモン店へ。

会社の同僚からうれしい賞をもらいました。

「金ののとや賞」
P1030176.jpg

うちの会社には以前、金の長靴賞というものがあり、
年間で現場に一番でた写真が賞状と金一封をもらっていました。

昨年、「のとや:道南の宿」に108泊したようで、副賞(クールグローブ)と一緒に賞状もらいました。
泣けるぜ。

オファーが来ましたの下見

ところ変わって、8/1 道央某所。

数人のおじさんで林の中を見学。
先日、木登りオファーのあった件は、頓挫することなく話が進んでいます。
あと数回の打ち合わせともろもろの作業をして、秋ごろには本格着手。

下見に行った林の中はセミの抜け殻がマツボックリよりたくさん実ってました。
P1030171.jpg

海デビュー

昨年から、月2回の道南巡礼のおかげでハイシーズンはなかなか休みが取れず。
先週から今週にかけては、現場に隙間が出来たこともあり、息子の夏休みも重なったので、今度は遊びに忙しい。

7/31休日第一弾は、行こう,行こうと言っていて先送りにしていた青の洞窟ツアー。
兄貴のとこBlueHolicに遊びに行ってきた話。

借り物のシットオンカヤックを漕いで
P1030125.jpg

鳥見して
DSC_2407.jpg

アマツバメの乱舞
DSC_2528.jpg

洞窟くぐって
P1030144.jpg

兄貴はお仕事中
DSC_2603.jpg

陸に上がっては海坊主で飯くって
P1030119.jpeg

漁港で釣りしておつかれさん。
P1030151.jpg

自己紹介

昨日は久しぶりの完オフ。
しかし、帰宅後のエネルギーが持たず、写真も動画もそのまま。
せっかく、海でカヌー漕いで釣りして、温泉入って帰ってきたのにね。

その辺のことは、近いうちに。

さて、本日とある会議室にて。

仕事柄、初めましての挨拶は、○○のカトウです。
と会社名を出すんですが、

同業他社さんと一緒だったこともあり、
木登り○○のカトウさんです。と紹介されることが多々。。。

まぁ、木登り担当で呼ばれたわけですからね。
芸は身を助く。ってのは、あながち嘘じゃないね。

四十過ぎて思うこと、「やりたいこと」って何ですか?


プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク