町内会議

本日、午前と午後に町内会議に出席。
この町に住んで4年と10年。町内会に入って知ったこと。いろいろあるわね。

学生の頃は近隣の皆さんにいろいろ迷惑かけていたんだな-。と反省。
会議でおじさま達の話が長いのも、ある意味ありがたいな-。と思えるようになりました。

感謝、感謝。

そんな自宅から車で1分ちょい。、歩いて5分くらいか。
昨年あたりから、3月のぶり研開場となっている裏の森。雪もしっかり締まってきたので、子供ならスノーシューなしでも大丈夫な頃合い。天気が良かったり悪かったりの夕方。ちょっとロケハンに向かう。
20110227-01

野幌界隈は適度な起伏があるので、この沢にむけてライン張ってターザンロープしたら楽しいだろーな。
平場でのイグルー作りもいいかもしんない。
20110227-02

スポンサーサイト

モチヅキのスノーソー

札幌近郊では暖かい日が続いていたので、すっかり春の雪かなー。
なんて思っていたが、山の中は気温下がらずすっかり最中雪。

20110226-01

先週の講習でスノーソーがすっかり人気者になった。
ホントは枝、ササも切れるものがオススメであるが、雪を切るならコイツが早い。と買ったのがモチヅキさんのコイツ。ストックとの連結がG3やクロダイヤより劣っていたので、ちょいと加工してみた。
20110226-02

思いの外、ハンドルの柄が厚かったが、20mm:1mのテープがちょうど収まった。
これででかいブロックも問題なし。
20110226-03

防寒着という名の仕事着

どちらも10年以上前のシロモノ。
このころはレスキュー系の色しかなかったので、上下共にまっ黄色。

上着は最近効かなくなったシェラデザインズ。

下はモンベルさんの寝袋ズボン。

シェラの現行品は分からないが、モンベルさんのは黒一色となって目下販売中。
何が高騰したのか、随分値段が高くなった。
当時は黄色と青のみ。仕方なく黄色を購入した。これの上着有りますか?と聞いたが有りませんね。と言われたことを記憶している。数年前からペンディスカダウンジャケットという名前で販売しているらしい。
たぶん、軽くて柔らかくてあったかいんでしょうな。

毎年冬になると更新かな?と思いながらはや数年。

もう少し頑張りますか。

20110223-01

20110223-02

わらしべ長者板

何が化けたというわけでもないのだが・・・・。

本日、太板をさずかる。
20100220-01

さて、乗れるか??

ぶり研:大人の雪遊び(ビーコンを使ってみる)0220写真追加

本日、開催の日。

参加者は、ぶり研プラスで計20名。
平均年齢は30後半か??

開始 9:30 終了 16:30
暖気に襲われていた江別界隈も、昨日の降雪でなんとか雪も復活。
天気予報は若干あれていたが、開始時間には日差しもさしてきた。

座学:75分ほど、残りは実技。
久々の真面目かつ、充実したぶり研だった。(木登りしてないけど)

以下、ダイジェスト。

ビーコン捜索に難儀する、初心者班Aチーム。
20110219-01

ちょっと経験者の仲間入りか?初心者班Bチーム。
20110219-02

遠目にみたところ、軍隊のような訓練の経験者チーム。。。
4260

もわっとする会議室にもどって昼食。
20110219-03

雪崩れやすい地形の説明を聞く面々。
20110219-04

ショベルテストの準備に励む若人。
20110219-05

雪の声を聞くおやっさん。
20110219-06

埋没体験を自ら?志願したジュンペー
4281

カトウ班の引き上げ講座
20100219-10

バチコ班の引き上げ講座
4288

遺体役のおやっさんを包む面々。
4295

そして引き上げ。
4302

開拓記念館に戻る面々。
20110219-07

参加者の皆さま。
事後アンケートお待ちしています。

次回のぶり研イベントは、大人と子供の雪遊び2011です!

10数年ぶりの現場でシカ探し

一応年度末なので、それなりに忙しい過ごしていたためサボってました。

さて、今週は10数年ぶりの現場でシカ探し。
札幌から北に走ること300kmちょっと。

例年は豪雪が迎えるはずだったが、数日続いた暖気のため、雪はすっかり春の雪。

10数年前はこんなにシカ居なかったのにな。
とアキオとぼやきながら、軽くもなくキツクもない尾根と沢を歩く歩く。
ここの森が色んな意味でこんなになるとは思わなかったが、10数年たってもこうして歩いているとも思わなかった。というのが本音のところか。

森は変わらずにいい枝振りの姿で迎えてくれた。
20110217-01

遠くに見える名無しの山も、これまた同じ。
いい天気だ。
20110217-02

この現場中に、落とし穴のようにぽっかり空いた水たまりに落ちていた子鹿を助けた。
人(僕)に驚いた子鹿は狭い沢を駆け上がろうとして、すっぽり穴にはまった感じだった。

助けた。

というのもこれまた人本意な発想な訳で、穴から出してもらえると思えるはずもない子鹿は、ただただ震えて、叫んで、さぞかし恐ろしい思いをしたことだろう。
野生動物には楽園などあるわけがなく、自然豊かな森であっても、死とは背中合わせの生活をしている。この鹿と食う食われるの関係を持つ捕食者は限られるが、滑落や落とし穴、餌不足。

事故という言葉で片づける訳ではないが、野生動物とはそういうものである。

子鹿が穴から出たのは発見から30分後。寒さのせいか、恐怖のせいか、穴から出た子鹿は立ち上がることはできなかった。その後の子鹿がどうなったにせよ、何だかいい気分にはなれなかった。

きっと、捕食者として食べてあげた方がスッキリしたのかもしれない。

そんなことを考えながら宿に戻った。
こちらも10数年ぶりの定宿。かあさんも、とうさんも元気で何よりでした。
20110217-03

最後のロケハン

に、開拓記念館に向かう。

ここのところ3週間連続でここに来ているが、いずれも快晴。
このおだやかな天気を来週にとっておきたい。。。。
20110212

本日は、会議室の場所と大きさを確認。建物の1階部分は正面とその反対に出入り口があり、会議室は裏側の入り口すぐ横であった。これはちょうどいい感じ。

建物の表も裏も、それなりの広さの雪原があり、樹林部を含めると3-4班が動くのには問題ない。

昨日自宅にやってきたFREE RIDE2台を持参し、電波の再チェック。
1台を雪上におき、徐々に離れてみる。
思いの外ずいぶん近くで電波は途切れた。。。

ビーコン何とかしなきゃいけないなーーー。という思いを持ちながら、岳荘白石に向かった。
15年越しで使い込んだ革靴をいたわるという口実でT4を購入。
値札からさらに10%引いてくれた。
なんだかんだで30アンダー。

T1が来ることには慣れるだろ。

FREE RIDE

ちょっとした理由もあり、テイネの実家に家族が集まる。

1コ違いの兄貴と、季節柄の話題はテレマークとビーコン研修。
で、何使ってんの?と聞いたところ。

FREE RIDE だった。

複数捜索できないよね?と俺。
・・・うん。
FREE RIDEは送信専用機を売らなくなったので、出てきた商品だとか。

で、最近DPSをポチったとのこと。
やはり、DPSの評判はいいらしい。

来週の講習の話をしていたので、FREE RIDEを置いていってくれた。
サンキュー。(次はブーツと板を置いてって)

なんで、自宅にはコイツが2つある。
年代によって、ストラップとかが微妙に違うのね。
20110211

そのうち、複数対応も考えなきゃね。

ARVA Snow claw

世の中的に猛威をふるっているインフルエンザ。
バイトくんが風邪引いたので、代打で調査助手として出動。

林道をゾンメルで歩きながらの足跡探し。
札幌近郊の山も南区あたりはさほどの積雪もなく、数センチあるの新雪のしたは堅い層があるようで、急な斜面下には所々に小さなデブリがみられた。
天気さえよければ気持ちのいいお散歩コースだが、時折舞い込む雪が冷たい。
20110208-1

先週末、ゾンメルの修理持ち込みに岳荘にいった際、座布団代わりにちょうどよかったのでARVA Snow clawを買ってみた。Rの緩いほうがSOFT用、Rのキツイ方がHARD用。
あくまでも緊急用なので、これだけでどうにかなるとは思わないがそれなりに掘れる。
でも、使いやすいか?と言われればやはり緊急用。
現場ザックに常駐させるにはいいサイズではある。
20110208-2

詳しい製品仕様はこちらで。

ぶり研:大人の雪遊び(準備編その2)

先週に引き続き、開拓記念館での事前講習。

今週の参加者は、講師におやっさんを迎え、バチコ、ユーイチ、アイコさん、ケンちゃん、ミホコの計7名。
ビーコンとか、プローブの数が足りないが、実技分の一通りのメニューをこなす。

平地でのビーコン捜索。
先週のバチコとのビーコン探しがお遊びだったと改めて痛感。
20110205-01

ビーコン向きが変わっただけで四苦八苦する面々
20110205-02

Z-RIGを使った引き上げ訓練。
1:3等、滑車の仕組みと分散力学をなんとなく思い出す。
20110205-03

弱層テスト後の埋没体験。
弱層はちゃんとありました。たぶん、前回もあったはず。
やる人がやるときちんと見つけられるです。自分たちもこうなれるように、しっかり勉強しましょう。
20110205-04

開催まであと2週間。
会場の申請許可も下りたので、あとはテキストと現地スケジュールの作り込みだけ。

ぶり研:大人の雪遊び(準備編その1)

以前から仕込んでいたぶり研版ビーコン講習。

会場の下見を兼ねて、バチコと開拓記念館に向かったのが先週の土曜日のこと。
(その頃はPCの復旧でブログ更新もままならず・・・・)

候補地である開拓記念館に向かった。
20110129-02

事前情報になかったが、駐車場は無料。(冬季限定のようでした)
張り替えたばかりのシールをはいてバチコと沢に向かう。
積雪もまあまあ。
20110129-01

アナログビーコン(F1)とハイブリットビーコン(FreeRide)を試す。
20110129-04

思いの外、初心者にもわかりやすい。
20110129-03

クロス法を試すバチコ。
20110129-05

弱層テストも試す。
が、弱層がなかった。。。
20110129-06

埋没体験をしてみる。この中に僕が埋まってる。(埋めたのはバチコ)
20110129-07

正味3時間ほどではあったが、有意義な体験ができた。
きっと本番も成功するだろう。いい休日であった。

PC復旧の顛末(その2)

結局、新しいPC購入を考え、ツクモ、ヨドバシ、ビックカメラをはしご。
悲しいから、ビックカメラが一番安かった。

AcerのモバイルPCに狙いを定め、通帳まで用意した。

が、外付けのDVDドライブはどちらにしても必要妥当ということで、近所のヤマダにて購入。
で、PCに接続。

あ、復旧した。

その後、ついでに考えていた初代AirMacベースステーションを交換。

WinもMacも無線化に成功。

いつの間にか安くなっていたメモリも届いて、1.25Gに換装。

セキュリティーソフトの買い換えというおまけもついてきたが、まぁ、今のところは快適。

今回思ったこと。

やればできるじゃん。

PC復旧の顛末(その1)

PCが壊れた顛末について

ずいぶん前から挙動がおかしく。いつかいくな。とは思っていた。
気がつけば、DVDマルチドライブのくせして、DVDの読み書きができなくなっていた。

新しいプリンタのドライバを入れ、再起動した途中で固まった。
こらえ性のない僕は電源スイッチをオフ。

その後、PCが立ち上がることはなかった。

いろいろ調べたところ、評判のよいPCではないらしい。
その原因の一つが1.8インチのHDD.

今更文句を言っても、買ったものは仕方ないのでとりあえすHDDケースを買ってきた。
2011pc001

ねじを外す。
2011pc003

ほぼPCカードの大きさのHDD。
これが遅い原因らしい。
バックアップのため、HDDケースに接続し、別の外付けに引っ越しさせた。
2011pc002

で、リカバリディスクがDVDだったので、親父からソーテックのリカバリディスク(CD)を送ってもらいトライ。

しばらく待つ。

で、出てきたのはこの画面。
2011pc004

これが先週の金曜日の出来事。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク