久しぶりのカラマツは雪の中

例年より遅い雪はそれなりに積もり、高速道路はこんな状況。

20101130

上の写真はカワイイ方で、豪雪区間はもちろん通行止め。
通行止めがあけてからの区間で、ひっくり返っている車1台、同じ車線で反対向いている車1台を確認。

急がば回れ、安全運転で行きます。

で、本日のお題はカラマツ。
もちろん管理されているわけもなく、力を入れれば「ポキっ」と折れる枝が沢山生えている。
トップロープも掛けられないので、ぶり縄と巻き登り?で登る。

改めて思ったこと。「ぶり縄」危ないね。

確保とってるんで落ちることはないんだけど、確保の仕方やスリングの長さ調整にはまだまだ課題多し。
お家は樹高9.2mのところにあったので、さほど時間はかからなかったが、定期的に「ぶり縄」で針葉樹登らないと腕がなまるなと実感。



スポンサーサイト

ぶり研美瑛支部プレゼンツ

第2回ぶり研はいつの間にできていた「美瑛支部」プレゼンツ。

場所はこちら 「富良野鳥沼公園」。

開催側の都合で12/5(日)となります。

忘れ物の代償

今年3回目の木登り仕事はカメラ設置の依頼であったが・・・。
今後のメンテナンスのことを考え、手の届く範囲での設置とあいなった。

で、そんな現場に呼ばれた私はというと。

カメラの画角に入り込んでくる邪魔そうな枝とかを、ちょっとよけてやるのがお仕事。

そんな現場に来て気がついたこと。。。

ノコギリ忘れた・・・orz・・・。会社備品のSilkyナタノコ。
バタバタして会社を出るとろくなことないね。

結局、借り物のホーマックノコでちまちまと作業を進める。

現場2日目。ちょっとポジションのきつい作業となる。
ぶり縄で5mほど登り、6m先の枝又にロープをかけDdrtに切り替え。と同時に7m先にある対象木にロープをかけてこちらもDdrtでスカイウォーク。ぶり縄の足場は残したままにしておいた。

対象木で作業中、ポジションが悪くスリングやらなにやらをアレコレ出す。
と、そのときATCがポロリ。20数m真下の落ち葉の海に吸い込まれていった。
もひとつの悲劇。スリングをかけようと思ったが思いのほか勢いが良く、かけようとした木を飛び越えて空中に放出。こちらは運良くトドマツの枝にかかったので無事回収できた。

なんとか目的を達成し、ぶり縄の足場に無事帰還。
降下の祭はATCがなかったので、Klemheistで。

数年前に頭で思い描いてた作業が何とかできるようになりましたね。
それにしても、ATCの代償は痛いな。

20101124


八剣山あたりで(1129追記)

ニノ、ナカジほかと自主練。
今シーズン初のコモは山ちゃんを連れての参加となった。

本日のメニューはこんな感じを想定。

1:ブリッツアンカーの設置
2:孫の手棒の使いぶり
3:セカンドロープの使いぶり
4:DdRTにおけるプーリーの使い方再検証
5:フットロック

1:問題なし。というよりは今後の定番となる。
(→ アンカーは用途によって検討が必要とのアドバイスをいただきました。
 なので、しばらく試行錯誤しますわ。)
2~3:こちらも問題なし。孫の手については、長さを要求すれば切りがないのでこのあたりが妥当と判断。
4:非力な女子や初心者を遊ばせる際は大変便利。ぶり縄ランヤード以外にも使い道があったのは何より。
参考動画はこちらの6分頃。
Ascending - Doubled Rope Technique

5:こちらまでは届かず。

次回は平らな場所でやりましょう。

覚えておきたい結びアレコレ

木登り系の本に載っている結びはそれほど多くないですね。
あくまでも「それほど」ですがね。

がしかし、木登り系の本なんて近所の本屋さんに売ってないんで、必然的にロープワーク全般の本とか、クライミング系の本とか買ってみますよね。
結局、沢山の結びが載っててどうすりゃいいのよ。ってなります。

基本このくらい覚えておけばいいんじゃないの、って結び(ヒッチ、ノット、バイト、ベントとかまとめて)を忘れないように書き残しておきます。

ボーライン
フィギュアエイトオンアバイト
ダブルフィッシャーマンズノット
グローブヒッチ
コンストリクターヒッチ
ガースヒッチ
ムンターヒッチ
ミュールノット
ブライクスヒッチ
プルージックノット
ダブルシートベンド
バタフライノット

アンカー

岳荘本店に売っている「ツリーイングのノット本」(正式名称忘れた)。

似たような本はいくつか手元にあるので購入は見送っていた。
本日立ち読みしたところ、SRTのアンカーと書かれたページを発見。

立木にロープを数回巻いてBowlineで結んで末端処理か。。。と覚えたつもりになって帰宅。

試してみるも、何かが記憶していた絵と違うようだ。

困ったね。
まぁ、アンカーの取り方は1つではないので、さほど困らないんだけど、やり方はいくつか覚えておいて損はない。
そこで、同じ著者が書いたレスキュー版をひもとく。

Blitz Anchor 
20101120

1本のラインでバックアップもとれているのかな?
こちらはマスターしたので、次回試してみよう。

羊のいる風景

寒風吹くなか。

のどかな風景です。
20101117

ちょっと古いネタですが、Petzlからのお知らせ

既にご存知の方も多いと思いますが、アルテリアのHPにクイックフィックスに関する注意事項がアナウンスされています。

リンクはこちら。「クイックフィックス

長さの調整か簡単なものをなんでもランヤードとして使っちゃいかんよ。
ということですね。

動画まで使って危険性を公開しているところがPetzlらしいです。

ラインとか回収器

樹上にて、あとちょっとなのに届かない。

よくあることです。

同じ過ちを繰り返さないために、物置にこもること30分ほど。。。

「孫の手フック」完成。
20101114-01

そして拡大。
20101114-02

昨晩、3本目のお仕事のオファーが入ったので、次回の仕事で早速テスト。

ぶり研 201011月の巻

毎年恒例の11月ぶり研 本日開催。

ぶり研シーズンをいつから数えるかは別として、参加者の多くが今シーズン初の木登りとなる。
今回の参加者は、アキオ、ナカジ、ニノ、ケン、バチコ、ショージ&アッコ、小テル、ナベ、カラッピ、オヤッさん、Qちゃんの13名。グッチは風邪のため、ZIMUさんはお仕事のため残念ながら欠席。

札幌も江別も早朝から晴れていたが、岩見沢に向かうに連れ、雲行きが怪しくなる。
江別から栗山を通過した辺りで雨は激しくなり、利根別公園周辺は空は明るいものの、雨はやんでない。
いやはや困ったね。

道の途中でオヤッさんとタマタマ合流し、公園駐車場に到着したのはほぼ9時ジャスト。
既に4名ほどの木登リストもとい、ぶり研メンバーが集合していた。

案内には9時頃からぼちぼち始めます。と書いていたのに待ちきれないようだ。
準備をしているうちにバチコが到着。

本日のゲレンデとなるキャンプ場についても雨は止んでいなかった。
調度良いことにキャンプ場の流しは屋根付きだったので、各々のグッズを取り出しては、あーでもない、こーでもないとモノ談義がはじまる。

雨も落ち着いてきたので木登り開始。
経験者ばかりなので各自がそれぞれの記憶を思い起こすように登る。

早々に、オヤッさんとカラッピが樹冠にたどり着く。
20101113-01

こちらも登って眼下を見下す。
20101113-02

夫婦ぶり縄の一見微笑ましい図。
20101113-03

ひとしきり遊んだので、今回はカラッピ農園特製トマトソースでホットサンドを作った。(写真なし)

飯後は巨木にみんなでぶら下がる。(計6人)
20101113-07

その6名を撮影するために登るバチコ。
20101113-04

この時期にこの人数が集まれるのは楽しいもんだ。
今回はオヤッさんが来てくれたので、皆の意識も知識も上がったと思う。
自分としては、ビッグショットの課題&実用性もわかったし、ニューサドル「天狗」も快適だった。
モノ的に足りない物もわかったし、体を絞らねきゃいかんな。と息子と風呂に入りながら感じた。
個人練習も必要ってことでしょ。


そんな帰宅後、カラッピが「勝手に」貼り付けたシールをまじまじと再確認。
いつのまにか「北海道ぶり縄研究会」になってる。
20101113-05

ついでに兜のシールも貼ってみた。
20101113-06

格好いいじゃん。

皆さま、次回は12月に。

ちょっとした悲劇

自然環境調査系の仕事やってる方なら、被害者が身近にいるかと。。

一昨日のこと。
車の荷台にて、荷物を整理中に置きました。

クマスプレー暴発して、顔面直撃。。。

唐辛子パワーすげぇ!

WesSpur届く

第3回となるWesSpur便。

11/2の深夜にもうすぐ送るよメールが届いてから、約1週間本日(11/8)に到着。
共同購入と円高還元のため、送料も随分と節約できた。

お品はこちら。
20101108-3

と、こちらの座布団。。。もとい、サドル。
20101108-4

マイクロプーリーは予想通りの品であったがスナップシャックルのMはちと大きいかも。
まぁ、使えないこともないので問題なかろう。
問題というか、気になったのはTengの説明書。


20101108-1

と裏。
20101108-2

どのメーカーもペツルのようにできないのは理解しているが、購入した商品がメインに来ていない取説ってのもアメリカンな感じです。
商品とサイズ間違いもなく、欠品もなかったので、さして問題ないのだが。

で、このTeng、調整機能があるのはウエストベルトだけ。
レッグは常に吊らされているので、不要ってことか。取説みるとNewTribeのはどれもそうみたい。

腰痛対策と今後に向けての良い投資となることを願うよ。

拾いモノと貰いモノがつづく

随分前に北の方で拾ったipodナノ。

書類の不備やらで警察と何回かのやりとりを終えて無事江別に到着。
とりあえず充電可能ということがわかったので、本日シンクロコードを購入した。

20101107-7

touchが欲しいと思い、いろいろ準備もしていたが、まぁいろいろあって当面はナノが遊び相手となりそう。
PCにつないで何も考えずにシンクロボタンをポチッとする。

あらら、PCにあった全曲が流し込まれてしまった・・・orz
曲の消し方わかんねーし。。あらら。

それはそうと、先日ゴッツからPS2を貰った。
今のところソフトなし。

近所のリサイクル店にいったら「クラッシュバンディグー」売ってた。
懐かしいぞよ。

紅葉の利根別原生林

とりあえずの試験も終わり、来週の下見がてら自宅から30分ほど車を走らせる。
岩見沢利根別原生林 思いのほかミズナラ等の巨木が残ってる人気の少ない公園。

人気が少ない。。といっても紅葉が見頃なようでそれなりの車がとまってた。
20101107-1

20101107-2

貯水池の堤体を越えてると落ち葉の絨毯が広がる。
20101107-4

向かって左手の散策路を進む。なぜが貯水池側のササは低い。
20101107-4

しばらく進むと三叉路があり、右に曲がると夏の終わり一騒ぎしたログのトイレが見えてくる。
あのとき登った木に残してきた水糸は1つが生き残り、1つは絡まっていた。
次回の開催場もこちらで決定。
20101107-5

ドングリを拾いながらの帰り道。
来週末も晴れますように。
20101107-6

Tokyoナイツ2010

さてさて、3営業日連続飲み会の締めくくりは「神奈川県 溝の口」。
毎年の事ではあるが、本社参りの季節。
東京は思いのほか肌寒く、地下鉄入口からのムアっとした空気は別とすれば過ごしやすい気温であった。

毎回こちらに来て思うことに大きな変化はないが、世の中の情勢だとか、自分を取り巻く状況が、徐々に自分の生活に何らかの変化を与え始めているのは確かなこと。
飲みながら、来週の現場の人員手配をしたり、他所の島の心配なんかをしながら、少しずつ始まっていくであろうこれからの変化の渦に自分が巻き込まれるのではなく、別の形で入っていかなきゃならんな。とちょっとでも思えたのは自分の変化なんだろうか。

終電間近のガード下を通り、宿に戻る。
20101101
いつもより活気がないのは時間のせいか、曜日のせいか。

いつもより気だるい翌朝、木挽屋さんとWesSpurからメールあり。
WesSpurの方は「そろそろ発送するよ」メールだった。
時差と土日にことを考えたら木曜夕方に発注をかけるのはちょっと時間の無駄が多いようだ。

こちらも毎年のことなれど、飲み会、岳荘セールと続いて予算確保が厳しいね。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク