4月の終わりに

4月も終わりかけてるんだけど、色々ありましたよ。

ウチのばあさん100歳です。
 → 息子と90歳離れてます。

勤め先が10周年
 → 北海道に事務所できてから10年かい。早いね。

ステップワゴンは12万キロ超。
 → 4月じゃなくてもいいか。

そんなこんなの4月でした。
スポンサーサイト

tomatoスタンバイ

3000株ほどの苗がハウスの中でスタンバイ。

tomato

大きく育つように。

ジェントス DC100-F

LEDフラッシュライトをamazonで購入。

CR123Aと単3,単4で悩んだが、電池の使いぶりとライトサイズでコイツに決定。
dc100f

アメリカ製のお高いライトとは違って、光源ムラ等々あるが、現状では満足。

詳しいレビューは「アカリセンターさん」よろしく。

不規則な季節と不規則な時間

木登りブログを書いていた秋冬から一転、ここしばらく現場ブログの日々が続いています。

不規則な季節を行ったり来たり。
先週は雪の中にいました。
zansetsu77

溶けかけたかな?と思った翌朝には積雪が。。
一進一退を繰り返しながら、来月半ばには雪もなくなるかと。

そう思えば今週のこちらはシラカンバがびっちり。
花粉症の季節もすぐそこに来てるってわけで。。
kanba12

林の中を歩き、強い光源に目を細めながら、慌ただしい日々に追われて余裕が無いなと反省したり。
kougen17

そして、日の出も早くなりました。3時台に起きることも。。
朝焼けはキレイだけど眠いよね。
asayake88

もうしばらく、こんな生活が続きそうです。

山行道具のUL化

ショージのポロシリ計画は本人の中ではそれなりに盛り上がっているようで、今回の現場では泊まり用の道具を検証中。

目標としてテント込み14-15kg(水、食料込み)。
これはアイゼン、ピッケル込みなので、秋山なら10kgアンダーを目標にしたいところ。

細かなリストアップは後ほど。

春までもう少しだったけど

気温は低いが、季節は確実に進んでいるようだ。
今年の初物が目の前を飛び交う。ノビタキ、イカルチドリ、ヒバリも来たか。
真っ白な世界は少しずつ溶け始め、泥と枯れ草の季節を少し我慢すれば緑がやってくる。

春はすぐそこだっていうのに。。。

春まで届かなかった、子鹿が1頭。
ホント、ちょうど良い窪みに1頭。

この場所を2回目に通過したときには、ずいぶんと啄まれていたもんだ。

春までは届かなかったけど、まわりの連中はキミのお陰で腹一杯になったよ。
sika201004

喧騒の卯月

毎年のことではあるが、3月が終わったな。と思う頃には4月の喧騒に巻き込まれ、気がつけばGW前だったりする。
新年度のスケジュールを作るものの、翌日には壊され、作り直して、また壊される。

読みが甘いのかな?と思っていた頃もあったが、勘だけではどうにでもできぬことがあるようで。

ある意味これが本業なのだから、仕方ないとは頭で思いつつも、まぁ、どうにもならんね。

そして、喧騒を引きずったままのまつや生活。
現場に来ればそれなりの安堵感はあるものの、朝も早く夜も遅い。
しかも、PCと携帯がある時代。まつやが事務所になっただけだった・・・。

そんな、まつや最終日。やることは終わっていないが、息抜きブロガーとなる。

ネタは四半世紀の付き合いとなるこちら。
bepal05
今更・・・何を。という声もあるが、逃避にはちょうど良いのだよ。

ネタは使い回しだと思うが、始めて買ったときは現行価格は530円。
・・・中学生の頃に買ったこの雑誌は280円だっだ。
最近はおまけを付けて分厚くなっていたが、今月からダイエットしたのかやけに薄い。
中身も・・・まぁ薄いか。
現在の編集長は自分が高校の頃に新人だったサカイ記者。たぶん、このネタで共感できるのはアキオぐらいだろうか。

さて、この雑誌を買ったからと言うわけではないが、手帳に書き込んでおいたメモを書き起こしておこう。

【木登り系】
・プルージックライン(2.5m)
・ザイル 8~9mm×10m×2セット
・スローライン
・カブト(改造系材料)
・指ぬき革手袋

【仕事系】
・踏査ザック
・ザックカバー
・レインコート
・Pana FT-1 or OLY 6020

まずは、岳荘セールを待つとするか。

ペツルMicroのLED化(完成)

ペツルMicroのLED計画。

細かな課題をいくつか乗り越えて完成。
LED02-001

リフレクターのかさ上げは天ぷらガードを使用。剛性的にはやや難有り。

外から見てもLED3灯はいい感じ。
LED02-002

しかし、6V用に購入したLED豆球より明るい気がするのは気のせいだろうか??

次はパウチだ。


ペツルMicroのLED化

以前からヘッテンをLEDにと思い始めて早数年。。。

既に豆球のヘッテンを2つほど所有しており、壊れているわけでもないし。。。と二の足を踏んでいた。
以前岳荘でLEDの替え玉を見つけてテンションは上がり始めたが、何だかんだの慌ただしさに紛れてそのテンションも下がっていた。

そんな折り、パウチ系の工作師匠であるオヤッサンのWEBアルバムを見ていたところ、ヘッテンのLED工作を発見。
しかも、豆球変えてハイ終わり。ではなく、豆球壊して、リフレクター切って。。と芸が細かい。

都合のいいことに、同じヘッテンを使っていたのでさっそく分解してみた。
交換するLEDのモジュールがこちら。豆球仕様よりも少し安い。
LED01

まずは、豆球を分解。
LED02

そして、ヘッテンのリフレクターを切断。調整。
LED03

で、合体。
LED04

もう少し作業は必要だが、何となく先が見えてきた。

ついでにMAGLIGHTの玉も代えようと思ったが、LED1Wの玉が約3000円。こちらのクリプトン球、ケーズで300円。しかも2個入り。
LED05

消費電力は多いがたぶんこっちの方が明るい。なんでもLED化すればいいわけではないようだ。

芦別岳:追記

花粉が飛び始めているのか、鼻がムズムズする。
4月になったけれど、惨敗の芦別岳を引きずったままの年度越しとなってしまった。

芦別岳リベンジにむけて、忘備録をつづっておこう。

ザックの中身
パトロールパック35L
インナーダウン、インナーフリース、フリースパンツ
ツェルト、ゾンデ3.2m、ビーコン、スノーショベル
アイゼン(8本爪)、ピッケル(グリベル)、スノーシュー(MSR)
火器一式(ガス)、テルモス500ml、350ml
カメラ(GX200)、GPS(ガーミン)、ヘッドライト(ペツル)
ゴーグル、グローブ、インナーグローブ、バラクラバ、ネックゲーター
トレペ、非常食多め、7mmロープ(20m)、レザーマンWAVE(六角仕様)、カラビナ
ほか。

ルートタイム
・登山口(340m)~見晴台(850m) 3.4km 約2h(6:30-8:30)
標高差はあるが、適度な斜面の樹林帯を進む。雪の状況がもう少し軽ければ1.5hほどで行けるか。

・見晴台(850m)~半面山(1377m) 2.0km 約2h45min(8:30-11:15)
徐々に傾斜がきつくなる。雪は相変わらす重く、風と気温のせいか雪が舞い視界がなくなる。目標物が見えずに歩くということがこれほどしんどいとは思わなかった。
どんなことでも同じだろうけど、先が見えるというのは安心感がある。

・半面山(1377m)~手前ピーク(1565m) 1.1km 約1h(11:15-12:15)
樹林もまばらになり、完全にホワイトアウトとなる。傾斜は相変わらずきつい。雪崩の回避して屏風岩方向にトラバースするが、視界がきかないため大きくルートを外す結果となる。

・手前ピーク(1565m)~ 800m 約1h(12:15-13:45)
風が強くなり、足下の雪がガリガリになっていく。手前ピークでアイゼンに履き替えピークを目指す。周辺の状況はさっぱり分からず、相変わらずのホワイトアウトが続く。アイゼンへの履き替え、雪の状況で膝上のラッセル、ホワイトアウト、強風と悪条件が重なり、時間ばかりが過ぎていく。
ピークの稜線に出るも強風で前に進めず。結局ピークは拝めなかった。

雪質、天候と悪条件はあったが、ピークの稜線にたどり着いたときは、満身創痍であった。体力はもとより精神的なタフさがなければ、この天候でのピーク到達は不可能であろう。

下山後は、「しばらく来るものか!!」
と思っていたが、負けっ放しはイカンよな。と思う今日この頃である。

2011年度待たずして、リベンジなるか。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク