設置の日(その2)

先週やり残したザルの設置に向かう。
今回のメンバーは、ニノ、呑ちゃんと私の3名。

マツJrを忘れたので「りさいくるクマ3's」がスタンバイ。
kuma3

前回はニノが登ったので今回は自分でぶり縄で登ってアンカーを設置。
その後SRTで二人作業。
hutarisagyou

天気も良く、気持ちのいい設置となった。
クマ3'sもバンザイで気持ちよさそう。
kuma309

設置後、残したアンカーで呑ちゃんもSRTを堪能する。
saranon

これで3つのザルを設置が完了。あとは春を待つだけか。
いやはや、お疲れ。
スポンサーサイト

シーズン初

のスキーは子供のマイゲレンデ。岩見沢ホワイトパーク。

昨日の雨のおかげで、斜面はガリガリのツルツル。
高校時代に通った湯元スキー場を思い出す。

もちろん、客も少なくガラガラ。
iwamizawa1002

3hちょっとで15本滑って帰宅。さすがに足にきた。
子供はぐったりで眠ってしまったが、オヤジはこれから仕事ですよ。

局所的に雪がない?

十勝連峰のお膝元。トムラウシ山。

の近くに来てみたが雪がない。
tomuralake

その帰り道、サホロに向かう畑にも雪がない。
sahoro

カラッピに聞くと北のあたりはあるという。
なんだかおかしい冬である。

カブト改

工作する時間がとれないので、ゴムだけ変えてみた。

とりあえず、カブト改
kabuto-kai

Bigshotを購入してわかったのだが、これは「SHERRILL TREE」の商品なのだ。と思う。
どおりで、WesSpurとSHERRILLで値段が違うはずだ。

カードの請求は届いていたが、WesSpurからの返信、未だなし。

設置の日

某大学の研究室で作った皿を設置の日。
みんなの日頃の行いがよろしいようで、現地に到着してしばらくすると雪と風が舞う最悪のコンディション。

今回のメンバーは、歩け歩けの調査隊となった、ニノ、ジュンペー、石ケンの4名。
なお、仕事で来られなかったマツの身代わりとしてマツJrを持ってきた。

皿の上でくつろぐマツJr
sara

設置の木はカラマツなので、ニノが頑張って登る。
nino02

上に到着した頃には雪まみれ。
nino03

マツJrも雪まみれ。
matsu-jr

もう一つの皿は12-14mあたりに架けるはずが、ジュンペーの泣きが入り設置場所変更。
まぁ、天気も悪いし、時間も押していたので結果オーライとしましょう。

ぶり研なのに、今回はロープ登高で片づけてしまったオレ様。
アンカーがとれるのなら、折り返しも含めて早いのは事実。
決して、ぶり縄を捨てたわけじゃないんだよ。と言い訳っぽく書いておこう。

今回の成果「皿の設置は、樹上で2名体制がよろしい」

おまけ:設置できなかったザルが1枚車の中にある。。来週もか??

BigShot

のゴムを注文してみた。

ゴムとハーネスの細かい作りは追って紹介するとして、・・・このゴム太い。
軽く引っぱってみたけどちっとも伸びない。

兜をベースに作ろうと思っているが、強度的には大丈夫だろうか。
Bigshot01

WesSpurその後-やられた

年度末ということもあり、しばらく放置してました。。。

WesSpurのその後です。
注文から5日後に荷物は届いていた。

あたりまえだけど、普通に配達のオジサンが持ってきてくれたらしい。
箱を開けて中身を並べてみる。
WesSpur01

おかしい。注文していた15ドルテキストがない。
箱の底を開けてみてもない。

伝票には計8点。と書かれているが、商品は7点。

困った。



あーめんどくさい。海外通販初にして、地雷を踏んだらしい。

本日まで連絡無し。。。

襟裳の岬は

何もない春です。といったが、まぁ8割は正解かな。

ここ(えりも)にしては穏やかな天気。
ただ、双眼鏡を向けている方向から、寒風吹き荒れるのはどうかと思う。

erimo

ホント、涙が出てくるよ。

まぁ、こんな所に道路通せば金かかるよね。

パウチ投げ(自主練)

本日、日曜日。

でも、お仕事。現場に向かってます。

想定した移動時間よりも早めに到着したので林道脇でパウチ投げの練習に励む。
どんな感じで投げているかを確認するため、GX200のインターバルタイマーを利用した。

目標はこの木(シラカンバじゃなくて手前の低い木)。
mokuhyou

課題としては、
・遠くに飛ぶときは低い弾道となる。
・高く上がるときは飛距離が足りない。

そこで、WesSpurにも載っていた両手投げを試みる。
suro-W

近くてちょっと高めの枝には効果があった。

片手投げを試みる。振り子を揺らして。
suro-02

エイッ。
suro-03

雪が思いのほか少なかったので、ビニテ巻きのパウチはボロボロ。
borbor

今のところ、打率1割。3割バッター目指して頑張ります。

パウチ投げしている横では、猟師のオヤジどもがシカをばらしていた。
帰り際に、「上手いこと絡まんもんだな」と言われた。
ええまぁ。と言いながら、「そっちは上手いんですけどね。。。」と心の中で思った。

原生林ハイク(2010その弐)

は、会社のレクを兼ねた雪遊び計画。

年度末のくそ忙しい時ではあるが、そんな時こそ明日への活力のため遊びましょ。
と11:30に育種場向かった。

今回もその壱のルートをトレースするように沢に向かう。
昨日の晩から降り続けた雪は、動物のトラックも消してしまうほどのフカフカモフモフ。
大人はスノーシューを履いているが、チビッコたちは長靴オンリーで腹まで雪に浸かっても進む進む。

20100213haiku02

短い時間の中で、スラックラインを楽しみ、ぜんざいを味わい、ちょっとだけ木登りをやって帰ってきた。

限られた時間とはいえ、メニュー的には課題が多いなー。と反省点は多い。
次回はメニューと時間割を充実させて、ラルマナイかな。と思うのであった。

皆さんお疲れっした。

WesSpurに注文

出稽古の甲斐あって、本物の道具にさわり、細やかなテクを頂戴しました。
ホント、オヤッサンには感謝感謝です。

で、そんな道具やテキストを本格的に導入しようと思い立ち、海外通販の扉を叩いた。

木登り業界では言わずも知れた、巴さん。。もとい、WesSpur

相乗り希望者も集めて、パウチ、テキスト、何故か激安のロープマン、ビッグショットの替えゴム&Pouchを発注した。あとは10日ほど待つだけ。

パウチと替えゴムが届いたら、本格的に「兜」の改造を進めなきゃならんね。

全く、年度末だっていうのに仕事に遊び(ちょっと仕事はいってる)に忙しいこと。

楽しいマイニチだ。

作業時の足場

ニノが作業のイメージを確かめたいから「あぶみ」を貸して欲しい。と言ってきた。

やるじゃない。

で、現場上がりの際に、そのイメージを試してみる。

burisagyou

あぶみはぐらつきますね。とのこと。
そう、ぶり縄は安定してるからね。

もう少し、イメージを高めようか。

工作の日

本日は打ち合わせを兼ねた工作の日。

何の因果か、母校のとある実験室で竹ザルを前に悩んでいた。このザルデカイね。
zaru

その実験室には何故かクジラの骨があった。どーん!とデカイね。
kujira

で、本業はこちら。

材料を剪定し、
zairyou

ザルに乗せて、
hone1

ヒモで縛って、何となく完成。
鳥は嘴だけで器用に作るのに、人は両手と道具を使ってもこの程度。
sarasu01

作ったときは自画自賛してたが、写真で見直すとイケテねーな。

もひとつ作ったのがこちら。こちらは竹で底上げしてる。
さて、どちらに入るのか、どちらにも入らないのか。。。

sarasu02

賞味期限切れの

珈琲は紅茶のような味がした。

何故こんなことを書いているかというと。。。


昨日のぶり研丸焼き会で、誰かが落としたであろう「ドリップタイプの1人前コーヒー」を拾った。
身内しか通っていない場所だったので、身内の誰かが落としたものと判断して持って帰った。

本日、午後のコーヒータイムに頂こうと思いお湯を注いだ。

机に戻って飲んでみると、コーヒーの薫りがしない。というか、紅茶に似た臭いがする。
おかしいと思いもう一口飲んでみる。

やっぱりコーヒーの味はしない。

ゴミ箱の中から袋を拾って日付を確認してみると。
kigen

賞味期限1年以上も前かよ。そりゃ、コーヒーの味しないわな。

よい子のみんなは落ちてるもの拾って食べちゃだめだぞ。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク