久方ぶりの椅子ネタ

我が家の2階で愛用していた椅子(スツール)がきしみ始めてしばらく放置していた。

秋も終わりが近づいてきた頃、重い腰を上げて解体。
その部品を再利用して、新しいスツールを制作中。

stool09

残りの作業は、長さを微調整して、カンナとペーパーかけて、座面を編むだけ。
・・・・・残りの作業の方が多いな。

とりあえず、今年中の作成を目標に頑張るか。
スポンサーサイト

右の耳と左の耳

は、聞こえ方が違うらしい。

ちなみに、聴覚検査のことではないよ。

視力検査で右の目と左の目が随分違っていた。
双眼鏡の視度補正を使っていたが、双眼鏡の調子がおかしいとばかり思っていたら、自分の体がおかしかったのね。

長く患っている帯状疱疹も右と左の病気。

ちょっとばかり夜更かしした翌日、左の喉が痛かった。

風邪ひいたかな。と思っていたら「帯」の初期症状だった。

人間の体って不思議だな。と思うと同時に、自分の体もガタきてんな。と思った。

そんな週末だった。

管理職研修ってものに

最寄りのバス停からバスに乗り、地下鉄に乗り換え、東札幌に降りる。

コンベンションセンターとイイアスに挟まれた財団の建物で本日は研修。

いわゆる管理職研修というらしい。

参加者は30名。年齢は30中頃~40後半といった感じで、女性が3名ほど。
いつまでも自分が若くないことを再認識。

1班6名のグループで研修は進む。

我がEグループは、テニスコーチ、社会労務士、食品営業マン、テレビ系SE、システム系SE、調査木登り系の私。

シュミレーションでのお題「最近楽しかったこと」で”ぶり研”を話すも、食いつきは悪い。。。。

まとめの感想としては、普段会うことのないであろう方々との接触は重要。社会の一員って気がするしね。

ぶり縄道具一覧

ぶり縄講習の波紋がちょっと広がったようで、岳荘行くとか、ホーマック行くとか、アマゾンで本を・・・といった声がちょこちょこ聞こえてくる。

自分も試行錯誤の中、余計な買い物をたくさんしたので、ここで木登りに必要な道具類を整理ししておきたい。ちなみに、ぶり縄に必要な道具はこれらの道具「+ぶり縄」だけである。

【ハーネス類】
専門的なことをいうと、スポーツ、オールラウンド、アルパインと分かれているらしい。しかも、岳荘なんかに行って、「木登り用のハーネスください」なんていうと、無駄に高いTCJ仕様のサドル(こちらもハーネスのこと)を売りつけられるかも知れない。どれが良くてどれがダメとは言わないが、サイズのあったモノなら何でもいいと思う。フリークライミングは薄着でやるので、季節を問わずやることを考えればウエストの調整幅の大きいモデルがいいと思う。しかも、常時つり下げられることを考えれば、ハーネスのループは上向きについていた方がいい。
今のところのオススメはBDの「バリオスピード」だけど、ギアラックが付いていないのが難点か。あと、木の上で作業するのであれば、バリオチェストがあれば完璧。

【カラビナ類】
数が多いにこしたことはないが、いかんせんカラビナは高い。強度にさほどの差がなければ、岳荘本店レジ前の安売りカラビナがオススメ。ロック付きが1枚、ゲートの開き方が異なるものが2種類で計4枚ほどあれば当面は大丈夫。ロープも同じだけど、色違いで揃えた方が木の上で迷わない。

【ビレイデバイス】
8環、ATC、角付きといくつかあるが、絶対コレ!といったモノはない。基本は8環なんだろうけど、最近の岩の世界じゃ使われてないような話も聞くし。ATCが万能かといえばそうでもないし。最初の1つと考えればやはり8環か。安いしね。

【ロープ類】
メインロープ(登高・降下用) 9.5~10.5mmでとりあえず25mほど。
 高いモノから安いモノまであるけど、ナイロン製の真の入ったロープであれば何とかなるはず。
 SRT専用のロープは見たことないけど高いです。
スリング用 7~8mm 3mもしくは4mを4本程度。長さによって色を変えると良い。テープも可。
スローロープ 2~3mm 30-40mは欲しい。ホームセンターに売ってる一番安いモノでも可。
プルージック用 4~6mm 1~1.5mと2~3mを各2本程度。既製のスリングでも可。
ぶり縄用ロープ 8~9mm 10mを1本、5mを2本揃えればたいていの木に巻ける。
 ※ぶり縄用はシュロ縄がいいと思ってたけど、やはりザイルの方が使い勝手いいですわ。

【アッセンダー類】
プルージックを卒業した人向け。右手用、左手用、チェスト用、足用などがある。どれも高価。

【ぶり縄棒】
太さ30mmの丸もしくは楕円の棒。長さは50~55cmが万能。タモ材、サクラ材がいいが入手が困難。ヒノキの集成材や鍬の柄として売っている材も流用できる。南洋材は不可。

【その他】
革手(指切りが使いやすい)
スローバック(最初にロープをかけるために投げるオモリ。10ozは欲しい。砂錘等での自作も可)
ロープバック・ギアバック
ヘルメット
技術書:「堤信夫 全図解クライミングテクニック 山と渓谷社 2004」とかの図解シリーズ

こりゃ、ひと財産だわ。

雪の中の散歩

と、いうわけではないが、先週は雪の中を黙々と歩いていた。

そんな地道な作業の中で見つけたモノ2つ。

yukigumo
GX200

コイツはなんという名の蜘蛛だろう。
雪上で昆虫を見かけることはしばしばあるが、蜘蛛は初めてだった。


track09
GX200

ササをこぎ分けて林にはいると、いい感じの小径が出来ていた。

不安定な天気のため

昨日に引き続きぶり縄講習会を行うはずだったが、気温が上がり雨の予報がでたので本日は中止。

中止の宣言をしたのは昨晩だが、そんな日に限って晴れ間が見えたり雨がちらついたりのはっきりしない天気だった。運動会の中止宣言が出された翌日、天気が持ち直すことはよくあることで、校長先生の憂鬱な気分が少し分かった気がした。

本日は家族揃ってラウンド1なんかに行ってしまっていたわけだが、ぶり縄講習が出来たかな?という後ろ髪ひかれる部分があるので、WEB情報を整理してみよう。

ハーネスやらアッセンダーやらは岳荘が買うのが手っ取り早いが、海外には木登り用品専門サイトがあったりする。そんなお店がこちら。→ WebSpur

国内でも木登り好きな樹木医さんはいるモノで、細かなレポートが勉強になるブログ。
こちらとこちら。→ 木挽屋樹木医的にOKでしょうか?

ぶり縄での降下方法が大変参考になった国内林業用品を製造販売する会社はこちら。→巴さん

今後コラボする可能性は全くないが、国内にある木登り団体の大御所二つ。TCJTMCA

ぶり縄講習2009その弐

毎年恒例となっているぶり縄講習を開催。

今年は2月にやってるので、2009年その弐の会。いつもの連中に声をかけたところ、人が人を呼び参加者が雪だるま式に増えていった。
本日の参加者は「アキオ、ナカジ、ニノ&嫁、コモ、ナベヨシ、グッチー、ミホコに、+国営放送の2名」の計11名。人が人を呼ぶのは大変いいことなので、今後は大々的にもっと人数を集めよう。

テキストを配布し、まずはスリングの作り方をレクチャー。すかさずアキオがビデオを回す。
縄の結びは得手不得手がある。教わる側から教える側を見ると、左右が反対になるので「よくわかりません!」というモノ数名。出来たかなー?と見てみると出来ていたり、出来ていなかったり。結びは自宅でも出来るので、日々精進してください。

次にぶり縄の巻き方→登り方→降り方に移る。人数が多いので最初だけ教えて放置するも、何とか出来ているようで、まずます。この手のモノは「習うより慣れよ」が基本ですから。

ひとしきり登ったところで昼飯タイム。ここで国営放送組は「おつかれさま」の帰宅。ぶり縄が全国デビューする日が近いような、遠いような。まぁ、今後もよろしくですよ。

午後は各自が思い思いに登っていた。今回が初参加組&ニノはロープ登高の練習に励む。ダブルでの登高は基本的に落ちることはないので、キャーキャー言いながらも楽しくやれていた。
そんななか、ナカジとグッチーがいないな。と思っていると、ハズレにあるトドのテングスにナカジが果敢にチャレンジしていた。

これ↓
buri200911

高さにして10mちょっと。テングスを覗き込むことは出来なかったが、目標があって登る木登りは達成感があるのでよろしいと思う。懸垂後のロープ回収に難があったが、よく頑張りました。

もう一つの支点回収はニノが行い、こちらは懸垂後のロープ回収も上手に出来た。
登り方も含めて、課題が少し整理出来たところで徐々に実戦モードに入れればいいな。と思うのであった。

今回参加の皆さま。まずはお疲れさまでした。あと、明日か明後日あたりに原因不明の筋肉痛があるでしょう。痛くなったところが無駄に力が入っている場所だと思ってくださいな。

本来であれば、明日も開催予定だったが、天気予報が雨のため中止を決定。今回参加出来なかったオガ、谷、テル、アっくんと大ちゃん。12月も開催予定なので、次回こそは。。。よろしく。

白黒の世界

北の地は一足先に冬を迎えている。

西風の強いこの町は、朝から雪が横殴りに吹き付ける。
重たい雪雲は黒く、地面から空の半分までは白いモノトーンの世界。

そんな中、黄色のランドセルカバーがまぶしく光る。

monotone

今週の仕事道具

buri-tool

今週は道北

今月は東へ北へと忙しい。

今週は道北に向かう。ジュンペーとの現場は何年ぶりだろうか。
自宅を出発後、岩見沢を通過する頃にはすっかり冬の景色。
近郊のスキー場も今週末にはオープン予定ということで、確実に季節は秋から冬への動いている。

ただ、膝の痛みも含めて体がついていっていないのが悲しいところ。

現場も上がりも早かったので港に向かった。そういえば、10年前の冬にもここに来たのを思い出した。年を重ねるたびに5年と10年というスパンが短く感じるようになった。

コオリは来ていないか、ミツユビは来ていないか。と探すも、シノリとオオセグロがたくさんいるだけ。
コオリは福田氏の写真集を見てから、あの笑顔をいつか撮りたいと思うようになった。

天使のハシゴを見ながら、林カンジの「空の名前」を思い出した。

最近、ふり返ることの方が多いなぁ。

hasigo
GX200

aranami

shinori
30D

たまの鳥見もいいもんだ。

健康診断とか、お仕事とか、ぶり研とか

昨年は、5ミリちぢんで、1キロふえた。

今年は2cmほど伸びて、100gほど増えた。

まったく、いい加減なモノである。
しかし、朝一番の食事がバリウムというのはめげるモノで、今日は一日、お腹の調子が悪い。


さて、現場もそろそろ落ち着いてきたので、山積みにしていたやらなきゃいけないことを目の前にして、ダラダラと過ごしたい。。と思っていた。思うだけなら自由
。まぁ、そんな空想を周囲の状況が許すわけもなく、年末、年度末に向かって走り出している母体の中に身をゆだねているモノとしては、やれ会議だの、提出物だの、報告だのと、矢継ぎ早に催促が来る(感じがする)。

そんなときはまず、目先のことを片づけようと思う。
何事も一歩一歩が大切。遊びも、人生も、仕事もね。

遊びなのか仕事なのかはっきりしない、ぶり研の方は参加者が激増し、2009年第二回ぶり研は10名を越す参加となる見込み。
まずは、昨年作ったぶり研テキストを改訂して、ぶり縄をキレイにして。

目先のことから一歩一歩です。

今年は海獣と蜘蛛

自宅から車で3分ほどの試験会場に今年も行って来た。

以上。

東の果て

東京から戻った翌日、札幌から東の果てまで向かう。
east-end

日本で一番早い朝日を迎えるこの半島は、山がなく丘陵が延々と続く。
本日の日の出は6時前。ちなみに福岡は7時前。

こんな風景を見慣れてしまうと、内地の風景が小さく見えるねぇ。

TOKYO-NIGHT2009

今年は5月の回をさぼったので、今年初めての本社参りとなる。

午後からの会議のため、普段よりは遅い出発となり、地下鉄の乗り換えを間違え、降りるはずの駅で列車は止まらず。。。と、さんざんな出だしであった。

東京は11月だというのになま暖かく、スキッとした空気が欲しいと思うのはいつものこと。
行き交う人の服装も半袖だったり、ダウン着てたり。。。季節感のない街である。
tokyo2009

昨晩の飲みをふり返りながら、PCを起こしブログを書き始めるも、去年までのような勢いはなかった。
毎回こちらに来て思うことは同じなんだな。と過去のLOGを見て改めてそう思った。
そういう意味では進歩がないな。

たぶん、思いのほか状況は変わらず、変化を心の中では望んでいても、リアルにそうなることは、やはり心のどこかで躊躇いがあるのが本音のトコロ。そうなることが前に進む一歩であるということは理解できるのだが、自分が想像していたモチベーションの差がココまで大きいと、萎えてしまうのも事実であったりする。この辺りは、自分よりも先を行く方々が常にしっかりしていなきゃならないといった、己の固定観念がそうさせているだけであり、いかんいかん。もっと壊さないと。

まぁ、自分が何となく感じていることが、正しいか正しくないかは別として、そんな風になるんだろうなと描いている絵空事が、案外間違っていないことがわかったという点では実りがあったのだろう。

良くも悪くも飲み会の多い11月。財布の中は寂しくなるばかりだ。

サポーター

夏の終わりに痛めた、腰の傷みも癒えぬ今日この頃。

年を感じるわけですわ。

そして以前から痛めていた右膝に加え、左の方もどうやら「いずい」。
どうやら、ここん所の冷え込みも追い打ちをかけたようだ。

今月だか先月のヤマケイで見たミズノさんの「バイオギア」を探すもどこにもないので、ゼビオさんで適当なモノを買ってきた。購入するのは両足分なので、安めのモノをチョイス。

「マクダビット プロテクションレベル1 (ソフトサポート)」 1500也。

ネオプレーンでできたサポーター。レベル1なので、ベルクロもバネ板もついていない。
秋冬限定で使うには多分良いんだろう。

サポーターの中でも「膝モノ」は最も需要が多いらしく、ソフトからハードまで数え切れないほどある。きっと高機能ウエアのスキンなんかもいいんだろうな。

商品の注意書きには、「本商品はあくまでもサポーターなので、これ付けたからといって痛みがなくなることはありませんよ。しっかり柔軟や筋力つけてね」と書いてある。

わかってるわ。ぼけぇーー。 と心の中で叫んでみた。

体の中から治してくれる「皇潤」や「グルコサミン&コンドロイチン」のサプリに手を出すのも近いな。

ぶり研開催

~ 告知 ~

ぶり研 江別支部からのお知らせ

11月22or23日あたりに、ぶり縄&SRT練習会を開催予定です。

ハーネス&ギア持参で参加ください。

参加希望の方は連絡されたし。

山はすっかり冬景色

街中は雪が舞っている程度だけど、山はすっかり冬景色。

今日も雪の中で、水の中。
yukimizu

ウエーダーに小さな穴があったようで、右半分のお尻が冷たい。
明日は現場は崖地らしい。

なんでもありの1週間だな。

岳荘セールの戦利品

結局、土曜日に白石に行き、日曜に本店。

そして、本日月曜に白石に再訪。

戦利品はこんなところ。

・オルトボックス プロフェッショナルアルミⅡ
・グリベル ネパールSAプラス
・ミズノ ブレスサーモ中厚ジップ
・イスカ インナーグローブ

本当はインナータイツが欲しかったが、ワゴンセールには上着のみ。
これで、明日の現場を乗り切れるか。

こんなに雪降ってるなんて、聞いてねーし。
hatsuyuki09

霜月

11月最初の週末。天気予報は雪なれど、はっきりとした白いモノは降りてこない。

北海道に暮らして20年になるが、初雪を見ると「あっ、雪だ」なんて言ってしまう。
きっと明日の現場で言いそうな気もするが。。

昨日から始まった岳荘セールは想像以上の混雑ぶりで、駐車場待ちをするとは思わなかった。
たぶん、自分の欲するモノは早々に売り切れるモノではない。ということも分かったので、次回からは一段落した頃に行こうと思う。

仕事や試験勉強が対して捗らない週末ではあったが、タイヤ交換だけは順調に終わった。
交換したタイヤは庭先に放置したままではあるが、一つ先に進んだということで良しとしよう。

さて、すっかり冷え込みが厳しくなった夜中に、布団のそばにテーブルを出し、ノートとPCをカタカタやっている。色々思うとことはあるが、「人はアキラメル理由を口にしたがるもの」という言葉を思い出し、まずは前に進むことをやらなきゃな。と思った。

まぁ、今月も頑張りますよ。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク