年度最後の日

春に向けた喧騒のせいか、原稿があがらないモヤモヤのせいか。

帯状 発病中!

やっぱり、右半分痛い。
スポンサーサイト

ひねくれ

とあるスポーツショップ。
雪解けを待ちわびたかのように春物がならぶ。

キャンプ道具もそのひとつ。
大型スポーツショップにはミドリの軍団を筆頭に安かろう悪かろうの商品がならぶ。
意外と掘り出し物はあるんだけどね。

そんな中にSPの2009版カタログを発見。

・・・・・300p以上ある。

いいメーカーだとは思うが、正直の所興ざめ。

メーカーが発展するってのは、=規模拡大ってことしかないのかい?

そういやどこぞの会社も、また手広げたっけな。

常に少数派でありたい。がモットーなひねくれなんで、流行っちゃうとさめちゃうんだな。

木登り&トレッキング inラルマナイ

家族向けのイベントをやろう。と話があったのが今月の初め。
チラシを作り、内容を詰め、買い出し、ロケハン。
準備はほぼ万端で当日を迎えた。事務方のうち約2名は前日の飲み会(2連ちゃん)のため、酒の残った会となった。

今回の参加者:大人12名。子供10名(小6~3歳)う~ん、かなりの大所帯。

8:00 事務方集合
 バチコ マイハーネス忘れる。ミホコ デジカメ電池充電忘れ。
ラルマナイは雪のしまりも上々。荷揚げをしてハンモックの設置、ミネストローネの下準備を行う。

9:30 全員集合
既に子供たちは蜘蛛の子を散らしたように、テンションあがりまくり。

 ~ 11:00 トレッキング。
足跡、食痕、糞に鳥の巣。それなりの収穫もあり、メシ場に向かう。

足跡等は興味のある子供、興味なく走り回る子供、まぁそれぞれ。

~ 12:00 おやつ&ランチ
おやつもそこそこに、時間待たずしてメシをくらう。鍋の方は先に入れていたマカロニが水分を吸ってしまい・・・・。慣れないモノ入れるからだ。。。と反省。

minesutorone

汁でほぼ腹一杯かと思いきや、ホットサンドが思いのほか好評で、食パン30枚を完食。
そんな中、、、遊んでいる途中でずぶ濡れになった子供一名。・・・・・風邪ひかなきゃいいけどな。

~ 15:00 ハンモック、木登りタイム。
ぶり縄は時間が足りずにデモだけで終わってしまったが、ブランコは好評で子供達も楽しめた様子。

buranko


遊びに夢中で用意していた「あんこ+白玉粉」の出番はなかった。


次回は木登り&ランチだけでも十分に遊べそう。
ラルマナイの主にお魚採りを教えてもらうのもいいかもしれんがね。

ロケハン

来週末のスノーハイクに備えて、裏の林をロケハン。

案の定、雪がない。全くないというわけではないが、雪のテーブルなんかできるレベルではない。
毎年毎年、雪解けが早いというか。雪が少ないというか。

noporo09

裏の林を楽しむには、3月上旬までが限界か。

なので、候補地探しに、えにわ湖→ラルマナイに向かう。
裏の林にように、アプローチは難しいが積雪は十分。
試しにテーブルを掘ってみる。
rarumanai

やはり、問題はアプローチと尻滑りルート、それと木登りポイントかぁ。
悩ましいねぇ。


チキンレッグのような

シカの脚。

雪の上にポツンとひとつ。

カラスやキツネ、タカやワシ。キツツキやカケス。

誰が食べるのか。

チキンレッグみたいだけど、肉はそんなについてないな。

shika-ashi

漁岳2009-その3-(山頂~下山)

慌ただしい日々も何とかひと段落したが、時は年度末。

次の〆切がやってくる前に、「漁岳その3 山頂~下山編」スタート。

漁岳のピークが見えはじめた頃から風はどんどん強くなり、おまけに足下はガリガリなので、ちょっと気を抜くと体が持っていかれて斜面を転がるハメになる。結局、3人とも転がりそうになるが、何とか山頂に到着。眼下に見えるは支笏湖・恵庭岳・遠くに樽前山。
izari12

山頂から遠くを眺める人。石碑に拝む人。
izari13

ホントはピークでお湯を沸かしてラーメンタイムといきたかったが、「早く降りましょうよ!!!」と叫ぶモノ1名。ちゃんとゴーグル持ってこないからそんな目にあうのだよ。
さて、下山。ガリガリは変わらずなので、滑ったらしばらく止まりそうもない。
izari15

下山中、スキー男を発見。ピークを断念して行き倒れているところを拉致られる。登りで難儀した斜面で見事なケツ滑りを見せてくれた。
izari15

途中からはルートを変更し、凍ったオコタンペ湖に向かって降りる。ここでもみんなでケツ滑り。
izari16

ケツ滑りの後は、平和な林内散策が待っていた。ゲラもよく鳴いていたしね。
izari17

凍ったオコタンペ湖を歩く。思いの外積雪もあり、この時期の定番ルートで使えそう。
izari18

林道にあがって、無事下山。
そして、今更ながらの弱層テスト。今年は雨が何度も降ったので、30cm程度のトコロに綺麗な弱層があった。この辺はきちんとしたお勉強が必要なようで。
izari19

最後に今回のデータをチェック。と思いきや、高度計の設定がおかしかったようで、素晴らしく高い山を登ってしまったことになっていた。

スタート 6:43 ~ 小ピーク 8:27 ~ 山頂手前ピーク 9:55 ~ 山頂 10:37 (6.2km)
山頂 ~ オコタンペ湖 13:00 (3.0km) 以下、林道お散歩。

izari2009GPS

ひと段落

本日、22時をもって秋口から係わっていた案件もひと段落。

モノがモノだけに、タンタンと行かないことはあれど、関わりの深さ、人脈の広がりに安心できた。というのが本音のトコロ。

今後自分がどうか係われるのか。
もちろん、お仕事ベースではなく。一個人として。

そんなことを考えるきっかけになったのは確かなこと。
自分の発言を、都合のいい大人の「社交事例」にしないためにも、足を踏み入れていきたい。

と、思えた夜であった。

さて、本業の書き物を仕上げるとしますか。

3連投

ホント、久しぶりの3連投で午前様。

体がしんどく感じるのは仕事のせいか、年のせいか。
メインは明日の日中に行う会議と、翌朝までにあげなきゃいかん報告書。

あー眠い。風呂入りたい。

そういや、漁岳の後半、アップしてねぇな。

漁岳2009-その2-(登山口~山頂)

その2。登山口から山頂手前まで。

半分雪に埋もれた登山届け箱。
早い人は5hぐらいで戻ってくるらしい。登山届けに記入して、山頂を目指す。
izari01

穏やかな天気の中、林道を進む。
izari02

昨日の天気は雨。お約束のように雪崩の跡があちこちに。
izari03

風が強いので、林道脇には所々に雪屁がせり出している。
それをみると、飛び込まずにはいられない奴がいる。
izari04

そろそろ登りも本番。もえぎ野一のラッセルマシーンが先頭を進む。
izari05

登り切った台地には巨樹が待っていた。
izari06

スカイラインを背に遠くを眺める。
izari07

第二の難所。雪はガリガリでスカスカ。
izari08

難所を乗り越えて、息あがってしまいましたか。
izari09

山頂に続くアイスバーン。しかも、体持っていかれそうな強風。
izari10

ついにピークが見えてきた。けど、雪煙舞ってるし。
izari11

登頂~下山編に続く。

多忙な10日間

漁岳下山の翌朝、釧路経由で函館に向かう。

今日から10日間ほど、釧路→函館→札幌→釧路→白糠のプチロード開幕。
〆切1.5本と諸々の準備に追われている最中。

ホントはイザリの記録をアップするはずだったが、たぶん後回し確実。

あーーーーーー、忙しいときほど予期せぬことが起こるもんだ。
久しぶりの合掌。

漁岳2009-その1-

晴天の漁岳であった。
しかし、山頂は立ってられないほどの暴風。

izari09-01
明日も早いので、今日はここまで。

スノピ:GIGA POWER WGの実力

ストーブネタの続き。

他のストーブの検証をと思い、スノピ:GIGA POWER WG(以下、WG)を借りてきた。
WG-WL04

手前の赤缶がMSR WisperLite、奥の白缶がWG。

ポンプユニットを並べてみる。WG(奥)の方がごつくてしっかりしてる。
こうしてみると、MSRは簡単なつくりでも、十数年故障なしとは、さすが。
WG-WL01

続いてボトル。白缶は余白が大目の設定となっている。
そして、MSRとはネジ径が微妙に異なるらしく、ちょっと緩い。無理矢理締めれば何とかなりそうだが、爆発させたくないので、やはり弐代目もMSRが無難かも。
WG-WL02

WGのポンプを20-30回押して、余熱無しで着火。
ウソかマコトか、青白炎が揺らめく。そして、火力調整も秀逸。コールマン以来の衝撃。
WG-WL03

WGの難点といえば、ジェネレーター部が密閉しているので現地での分解掃除は難しい感じ。
白ガス専用だから仕方ないけどね。

そして、こちらのMSR.白ガス専用だけど、十数年赤ガス漬けにしてきたウィスパーライト。
アルコールでプレヒートすること数分。着火。
WG-WL05

このMSR。剛炎をあげるも「ボッ」という音とともに火力が落ちていく。
ジェネレーターを引き出すと真っ黒になってる。まずは、アルコールで燃やして煤を取る。

そろそろ交換時期かもね。

ドラゴンの収納具合も物色したいし、岳荘でも徘徊してくるか。



札幌駅北口

最近は、事務所通いが多いので、比較的同じ時刻の電車で通勤している。
あまり意識していなかったが、多くの勤め人は毎朝同じ交通機関を使って通勤している訳で、同じ時刻の電車に乗るとたいてい同じ面子が揃ってる。

その中で気になる人。

ゲバラ帽子のおじさん。

彼は冬になるとゲバラのニットをかぶってる。最近は携帯ゲームをしなくなった。
今日はゲバラは乗って来なかった。
ちょっと、つまらない。


で、札幌駅北口。


ここのトイレの洗面所には『入浴禁止』と書いた貼り紙が貼ってある。
誰かが禁を破っている所を見てみたいものだが、その願いは未だに叶わず。

世の中、色々あるなぁ。

弥生の喧騒

のんびりとした冬を迎えられると思っていたが、会社に行けばそれなりにやることはあるもので。ハイ。
この不景気風が吹くなかではいいことなんだろうが、忙しけりゃ、忙しいでそれなりに思うトコもあるってもんで…。まぁまぁ。

冬のイベントに用意していた課題はいい感じにクリアしてきた。
日勝からのお気楽登山は、日程、面子ともに流れそう。というか、流れた。
その代わりに浮上したオコタンペ氷上ツアー。しかし、金曜は雨。

今年は天気に泣かされるなぁ。

3月の予報は暖かい。しかも、雪解けは例年以上に早いとか。

雪山に向かう足元雪はなし。
山頭火
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク