再び現場生活へと

昨年の10月からあしかけ4ヵ月ほど、現場レスな生活が続いていた。

それでも仕事はそれなりにあるもので、ヒマをみつけては、椅子つくったり、空き缶工作していたが、そろそろ年度末モードに突入しそう。

今日明日で、木登り&カメラ設置のお仕事。来週は飛び込みの現場も含めて2本ほど。その隙間で年末からのお仕事の準備等々・・・。
毎年のことではあるが、誕生月は忙しい。もとい、誕生月から忙しさが急激に加速してくる。

なので・・・。

2月第一日曜日は「ぶり縄講習2009」を開催。忙しくなる前に遊んでおかないとね。
スポンサーサイト

ALCストーブ至難その弐

昨晩に続き、ALCストーブネタ。

昨日、切っておいた広口缶コーヒー「上半分」の使い道に悩む。
本来であれば、Aリングの作成に。と行きたいところだが、構造が???のため、こちらはまだ手を出せず。三矢レモンサイダーの空き缶があったので、こちらと合体させてみた。
2goki
外側の缶にに空けた穴にたいした意味はない。一穴パンチを使ってみたかっただけ。


壱号機の火入れをしながら、これらストーブの構造が何となく理解できてきた。
燃料であるアルコールを暖め、気化したアルコールでできる炎の出口に穴を空けてやるだけ。
もちろん、加圧方法や炎の出し方にコツはあるのだが(というかそこがキモ)。

弐号機も五徳を必要とするタイプとなったので、参号機以降は五徳レス目標にしたい。
この工作をはじめてからというもの、スーパーの缶ジュースコーナーが気になってしょうがない。

あぁ、ウコンの空き缶がほしい。

01to02
壱号機と弐号機

雨降って雪固まる

先日の雨で、ドカ雪もずいぶんなくなった。
スキーに行こうと思うと雨が降る。

雨の後は暴風雪の予報だったが、しっかり冷え込んだだけ。
よって、雨降ってドカ雪が固まった。

自宅から300m程の場所に、酪農学園大学の畑がある。線路に向かう坂道の横にあるので冬になると近所の子供や大学生がスキーをやりに来る。

通称「らくのうゲレンデ」

雪がしっかりしまったこんな日はソリがよく滑る。
踏み固められたコースで数回滑った後、外れに向かう。

これもひとつの1stトラック
1st-track

しかし、ソリでジャンプ台に挑む年はとうに過ぎたと実感。
ぢになるで。

ALCストーブ至難その壱

久々の工作ネタ。

カラッピが空き缶ストーブを作っていたのは数年前のとある現場でのこと。
その時はそれ程くすぐられなかったが、今更ながら着火し始めた。この工作はJBS氏を始め海外のサイトも重質していた。そして、T'S氏の完成度の高さにやられ、みんな考えることは同じなんだなぁ。と納得。

遅ればせながら、江別支部も参戦。
空き缶はそれなりにあるので、まずはT'S氏の型紙を印刷して作ってみた。

壱号機(周りは散らかし放題)
1goki01

色々粗は目立つが、内筒のカマボコ穴もつけてみた。左に見えるは型紙。
1goki02

ULG氏のAリング構造が作りたいんだが、仕組みを理解できていない。
チムニー式とサイクロン式を作ってみたい。ぶり縄の巻き方同様、こちらも試行錯誤中。1年ほどやればコツもつかめてくれると思うが。

一番搾り壱号機の火入れは明日にでも。

ひとり飲み

札幌駅までの通勤路には、いくつかの気になる飲み屋があるわけで。

本日、会社帰りにひとり飲み。「鳥の介 本店」

カウンターに座れば、お隣さんもひとり飲み。

トリモツ鍋がおいしいような情報をつかんだが、記憶違いだったようでメニューにそんなものは存在しない。週末なので、店はそれなりの混雑。したがってか、オーダーの通りもいささか悪い。

・鳥だんごスープはおいしかった。
・つくね串は鳥の介>串鳥といった感じ。

まぁ、たまにはいいかもね。
torinosuke
GX200

冬の工作

雪が降っては雨が降り、雨が降っては大雪が降る。
今年の冬を象徴するような天気が明日から始まる予報。

こんな天気の日は工作に励むに限る。

トランギアから始まったアルコールストーブ熱はひと段落していたが、「アルコールストーブを創ろう」が僕をよからぬ方向へ動かしだした。

キャンプは夏だけ。と勝手に思っていたように、アルコールストーブもトランギアが本家本元。空き缶ストーブなんかねぇ。と思っていた自分に反省。

内燃の仕組みは概ねわかった。穴の数や位置、缶の大きさ、空気の取り込み具合が火力を左右するらしい。まずは物置にたくさんあるはずのビール缶を切り開いてみるとするか。

本日、健康診断の問診票に書いた一言。

ストレス:「多少あり」 解消方法:「工作」

アルコールバーナー系工作

ヤマケイ今月号に、ULGOODSさん登場。アルコールバーナーの口上を書いている。ブログはちょくちょく見ていたが、いやはや本職だったのね。

そこでの、ランキング1位がコレ「alcohol stove【超軽】ブラッシュ」。T'S-STOVE作。

トランギアを抜いての1位はご立派。

T'SさんのWEBに触発されてと言うわけではないが、随分前から持ち越していた風防作成を夜中に開始。どこにでもあるキッチンパネルを切って、丸めて爪を折って。第一段階。
あとはパンチで穴をあけてやるだけ。
hubo02

SPのクッカーにも収まる。
hubo01

T'Sさんのようにはいかないが、空き缶工作も計画中。
そうこうしていると、トランギアのクッカーセットが魅力的に見えてきた。イカンイカン。

いくつになっても(図画)工作は楽しいものよ。

1月に雨のち雪

季節はずれの雪が降ったり、雨が降ったりは慣れっこになりつつあるが。大寒も近いこんな時期に雨交じりの雪が降ると、除雪やら、現場やら。色々困ります。

何年か後にブログを見返した時、この頃からこんな天気は始まったんだな。と思わないことを祈るばかり。

冬休み最終日

長かった冬休み(子供の)も今日で終了。

天気もいいし、仕事もひと段落しているので、午後から岩見沢に向かう。
ここは一枚バーンのお手軽スキー場なので、久々の細板KAZAMAを持ち出す。

18の頃に購入した大昔の板。しかも3ピン。
0901iwamizawa

とうぜん、上手に滑れるわけもなく、息子が難なく滑る斜面でこけまくり。板が回らない。これまで150前後のカービングで怠けていたので仕方ない。2本目にして何とか左側に回ることができ、3本目に右側が。。何とかなるといえば聞こえがいいが、中級以上の斜度にはまだまだ行けず。
それよりも問題はワックスが切れかけているので、板がまったく滑らず。メンテ不足を実感。

仕事もそれなりにバタバタし始めたが、旭岳にも行きたいし、ユニ石狩のリベンジ、日勝への足慣らしも待っている。そうそう、定山渓温泉スキーツアーも。何かと冬は忙しい。もちろん、ぶり縄も忘れてませんよ。

お買い物事情といえば、冬ジャケット、雪靴のシーズン先送りが濃厚になってきたので、雪キャン小物を中心に検討中。ジャケットといえば、フロントメインは止水ファスナー、パウダースカートついて、脇下ベンチと手ごろな値段。。なんで、注文つけてると選択の余地がほぼないことが発覚。岳荘ラインアップもなんか寂しい感じだし。意外とゼビオや札ファクのセールが狙い目かもね。

さて、明日から学校。いや、仕事仕事。

試行錯誤の結果

試行錯誤の結果をこちらにアップしたが、かなり見づらいことになってしまった。

と、いうわけで江別支部にぶり縄サイトOPEN。
見逃した方はごらんあれ。

道東は天気がよいが

低気圧が近づいていても、基本道東は天気がいい。
抜ける青空。

天気のいい日の現場はいいねぇ。

huyukara

帰りの日勝(頂上)は荒れ模様。
今年の冬は、ここからピークに向かう予定なのだが。。

nissyo

試行錯誤

ぶり縄の結び方が数種類あることを知ったのは随分前。

現場で試してみる。

従来のX型。見た目はいいが、棒の両サイドに乗るとすばらしくほどける。
X-5

新たなO型。下のW型と比べると棒の安定度は低いが、何とか乗れる。
目下、一番案配がよい。
O-6

とあるコンサルのURLで知ったW型の改良型。
W型はロープを長く使い、幹に2度以上回すのでぶり縄としてはポイントが低いが安定度はピカイチ。
登り切って作業をするときには使える。
W-4

巻き方はそのうち。

64日ぶり

の、まつや。

明朝の天候が不安定なため前日入りしたが、南からの低気圧は一足早く接近していたようで、胆振・日高あたりから、大粒の雪。日の入り後にもかかわらず気温は+ちょっと。

最近は、冬の台風が常連になりつつある。ラジオからは雷が。。。と。
今年もおかしな天候が続くのか。

明日、無事に自宅に戻れることを祈るばかり。

生業

お仕事をこの字で書くとなんだか重たいなぁ。

本日、髭レスラーの元へ訪問。たぶん、仕事の話だと思うが、この方の電話はいつもこんなものである。こちらは仕事を終えているので、仕事半分、残り半分。といったところか。

そういえば、やや遅れたものの今年最初の訪問であった。
世間的な挨拶を終えたあと、相変わらずの勧誘ジョークへと続く。

「そういえば、いくつになった?」

ちょっと意外な問いかけであった。同業者ではあるが、色々と面倒を見てもらっているし、たぶん、気にかけてもらえているのだろう。そんな付き合いは大切にしないとイカンなと思った。

そんな、生業である。

健康志向

肩こりや背中の痛みと共生して早やXX年。

はやりモノには興味はないのだが、気持ちよさそうなので会社帰りに買ってみた。

strech

ストレッチポール

こいつはハーフサイズなので45cmほど。通常サイズは邪魔になるなぁ。と思ったのが間違えらしく背骨が丸ごと乗ることに意味があるらしい。

公式HPを見ながら肩甲骨の辺りをグリグリやってみる。

気持ちいい。 いつまで続くか解らんが内勤続きの体を癒してくれそうだ。

クライミングワイヤートとダウンセーター

年末に注文したVoile クライミングワイヤーが届く。
岳荘に届いたのは72mmと48mm。

鳥さんお薦めは72mmということで、こちらを装着してもらう。動きがちょっと渋いが問題なし。これでプレートの穴がすべて埋まった。クライミングワイヤーをつけてもらっている最中、スカルパT4に足を入れてみる。そして、踏み込んでみる。グニュっと曲がる。イカン、イカン。良いではないか。

靴の更新はしばらく先であった。

クライミングワイヤーをつけたなら、シールが必要。とBD、G3と見てみるもお高いですね。
しばらくはゲレンデテレマーカーに成り下がろう。

次、ダウンセーター。
近頃は軽くて暖かいダウンが沢山出てる。

モンベルさんのラインナップはこちら。

・U.L.ダウンジップジャケット
・U.L.ダウンインナーパーカ
・ライトアルパインダウンジャケット
・ライトアルパインダウンパーカ

フード付きは最近の流行か?
ULシリーズのテカテカ発色は好みじゃないし、そこまで軽くなくてもいい。
ジッパーの性能が高いのはわかるけど、ちょっと使いにくいんですよ。モンベルさん。

まぁ、この機能でこの価格はモンベルさんならではですがね。

もう少しゼビオドームの動向を待つとするか。

濡れ対策

さてさて、去年からの課題であったスノキャン時の濡れ対策。

マジックマウンテンのテントは小さいので、フロアマットはキャラバンやらホームセンターやらの適当なものでよい。ただし、結露がそれなりにあるので、フロアより一回り大きいものを使って両サイドからの濡れを防いだほうがよい。しかも、2枚あればベスト。
となると、使い込んだ100×200cmのマットでは小さい。

去年はフロアマットの上にシーツ等の布モノを広げたが、これは湿気を吸うので却下。

サーマレスト系のマットを2つ用意しだが、UL装備のため120cmとしたのがちょっと誤算、足が出て冷たい。本番ではこの部分にザック等をかまして濡れを防げばいいか。

正直なところ、足の冷えには弱いので象足もほしい。

そして、小さなテントには小さなライトか・・・。

濡れ対策の口上が欲しいもの探しとなってしまった。

あす、岳荘でものぞいてくるか。

起床

起床。

tent2

気温は高め。なので、雪も重たい。
思いのほか、屋根からの落雪が多くテントの両脇を圧迫していた。

テント内の結露はそれ程でもないが、寝袋が裸のままなので連泊は厳しいな。
気温がもう少し下がれば、寝袋も連結せずにカバーをかけた方がいいだろう。
そのためには、シュラフカバーが一つ足りねぇ。

本番は旭岳の麓でやりたいモノだが。。。

庭キャンプ

天気はそれほど悪くないが、仕事やヤボ用で出かけられず。

裏庭の雪をよけてテントを張ってみた。
今宵はここで就寝予定。
tent

寝袋も準備してしっかり暖めておく。とりあえず、ダウンハガー#0で大丈夫だろう。
DH

読書用の本も借りてきた。恥ずかしくて買わない本がこちら。
book

結果は明朝に。

アンカーも完成

工作のついでにスノーアンカーも完成。
このままでは遊び心がないので、あたりつきにしてみた。

6枚あまった板はバチコにあげよう。

anker

自由研究

息子の自由研究もほぼ完成。

本人は賞を取れる気まんまんだが、どうなることやら。

pachi

原因不明の痛み

身に思えがないと言えばないし、あると言えばある。
昨日辺りから、左足の土踏まずが痛い。
ソレルで出社したのが原因だろうか。

国際スキー場で張り切り過ぎたのが原因だろうか。

それとも単なる老化か。

そういえば、年末から痛いな~と思ってる右肩の痛みも残ってる。
あちこち、無理してきたツケが回ってきたのかねぇ。

あー、痛い。

そういや、低気圧は東にずれたようで、今週末は何とかしのげそう。
庭でスノキャンでもやるか。

仕事始め

会社は既に通常営業中だが、本日が遅ればせながらの仕事始めの日。
長いこと学校休んだ小学生のようで、何か調子が掴めない。

長かった休暇も振り返ってみれば、自宅とそれぞれの実家を往復すること数回。
まあ、親孝行な休みだったということで良しとしよう。

天気には恵まれた正月であったが、ここ数日の雪で自宅周辺はいつもの風景になっている。
息子の冬休みイベントの雪中キャンプにはいい感じかと思っていたが、あらあら、ダルマ低気圧接近中。困ったねー。

48

休暇も残り1.5日

長かった年末年始休暇も残すところ、1.5日。

本日はそれなりに仕事も動いているようで、メールもそれなりに。。

明日ぐらいからは徐々に慣らしていないといけないねぇ。

と、子ぎつねヘレンを見ながら思うのであった。

色々ありまして

世間的には仕事始めの本日。

家庭の事情で色々ありまして、明後日まで休暇中。
今日は会社もアイドリング状態のようでこれといった困ったメールはなし。

明日か明後日くらいからエンジンかかり始めるだろうな~。と、ちょっと憂鬱な休暇であった。

ほぼ平日のKOKUSAI

めずらしく晴天のKOKUSAI。

ゴーグル忘れたので、ちょうどよかった。
ゴンドラ嫌いの息子とのスキーはほぼリフトオンリー。

多分滅多に乗らないであろう、第3、第4リフトに乗ってみる。
KOKUSAI

リフトは寒いねぇ。

コブ斜面を何とか滑っていく息子を見ながら、置いてかれる日はそう遠くないな。。

と思う父であった。

やはり、革靴では押さえがきかんよ。

野球盤ACE

息子がお年玉の使い道を悩みぬいて購入。

Y電気では、売り切れするほどの人気があるらしい。

最近の野球盤は消える魔球だけでなく、ライジングボールも投げるとは。。
とりあえず、0勝1敗中。

Ace

インナーグローブ

雪遊び&冬仕事の必須アイテム「インナーグローブ」。

今回はコイツについて。
4-5年前から、インナーグローブはモンベルのインナーグローブと決めていた。発売当初はクリマプラス100を使っていたが、シャミースが現れてからは現行モデルとなった。モンベルさん曰く、シャミースはクリマプラス100よりちょっと厚いが、クリマプラス200同等の保温力があるとか。たしかに、暖かく、乾きやすい秀逸なグローブである。素材も賢いが、一番のお勧めポイントは人差し指の縫製にある。メーカーのサイトではよく解らないが、人差し指には爪から左向きのラインしか縫い目がない。どういう利点があるかというと、インナーグローブは薄いので、縫い目の部分は生地が厚くなり、ごわつく。=動きが妨げられる。というわけ。なので、モンベルさんにはコイツを作り続けてもらわなければならない。

今回、そのモンベルさんのアウターグローブを購入した。「ライトパウダーグローブ」。ライトなのはそうでないものと比べて生地が薄いということ。そこで、インナーグローブの登場。
今回は水野さんのブレスサーモが候補に挙がったが、色々あってホーマックさん:東レのノビノビ手袋@598。を購入。いつものインナーグローブでは厚すぎるし、水野さんは正直ちと高い。

この東レさん。安物買いの・・・、ではなかった。
inner

生意気なことに、手袋部分に縫い目が全くない。まぁ、当たり前かもしれないが、結構感動した。
同じ商品を来年の冬に購入するのは難しいだろうから、もうひとつ買っておこうか。。

インナーグローブ。奥が深いね。

2009年の初物

年も明けて2009年。元旦は実家に赴き所用をいろいろと。

二日目は恒例の初詣に北海道神宮に向かう。天気もいいのに心なしか人が少ない。
なんかさびしい感じ。

その後は時間を持て余し気味だったので、2009年の初物買いにゼビオドームに向かう。

が、

途中のパドルが初売り中だったので近場ですませる。しかし、お目当てのSnowbootはなし。
結局、スノーアンカー用の細引き(4mm×10m)を購入。
これが2009年の初買い。インナーグローブはホーマックでお安くすませる。

2009hatsu

ゼビオのダウンセールはいつかは始まるのやら。またしても、散在か。。

テレ板3本勝負

時代錯誤といえば、それまでだが。この3本。
tele3

左から
1990 KAZAMA 197cm
2008 K2 167cm
1996-7 ELAN 150cm

今年はこの3本を滑り倒す。倒したい。たぶん、倒す。

靴は一足しかないが・・・。

そういや、オルトボックスのプロアルミも欲しかったマストアイテム。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク