重い。。。。

今週のお仕事。ケーブル運搬。200mで20kg+。背負子に括り付けるも重い。。。
しかも斜面30度以上の斜面を直登・・・時々トラバース。
荷が崩れると斜面下にカラダを持って行かれそうになる。
通常のお仕事では体力に不安はないと思っていたけど、まだまだ鍛えが足りぬようで。

そうそう、今回の仕事車はキャラバンバン。4ナンバー枠一杯の1BOXバン。
仕事仕様なので3列シートだけど、2列目を起こしたままでも、リアゲートまで170ぐらいある。
このくらいの荷室があれば好き勝手やっちゃって。となる。いいねぇ。

しかし、重心が高いのは否めない。STEPWGNにすっかり慣れてしまった私にとっては、重心が高い分滑りやすい感もある。久々のディーゼルもトルクは感じるが、高速に上がるまではかかるねぇ。ターボなしなら非力だけど燃費がすこぶるいいらしいが、やはりディーゼルにターボは必須と実感。
200系ハイエースも試してみたいやね。

結局、今週?のお仕事は翌月曜までの延長戦となり、次の週末に向けた諸々の予定も見事に崩れ去った。
スポンサーサイト

マイナス二十八度の朝に

今朝の気温は-28度ぐらい。カラッピジムニーエンジンかからず。かなりへこんでる。
日中も気温は上がらずに、本日の最高気温は-10度を下回る。これだけ寒いと、自分の吐息でメガネが曇ってその場で凍る。むき出しの鼻が痛いので、ネックウォーマーを上げると吐息がかかっている部分が凍っていく。寒い。というより、痛い。せめてもの救いはダイヤモンドダストがキレイなこと。

明日も冷え込むというが、ジムニーのエンジンは大丈夫か??
翌日、翌々日もマイナス二十五度を下回るが、ジムニー快調。それより、STEPWGNのバッテリーが厳しいかもしれない。

さて、今年の冬は思いのほか、外仕事が多いので仕事道具が活躍しているが、あちこちガタがきてる。そのいくつかを紹介。

その1:テレマークブーツ。
入社以来履いているので、十数年使用の愛用品。
もはやどこにも売っていない、アルコスの2バックル皮ブーツ。今時のプラブーツで言えばT3とT4の中間ぐらい。モンベルのゲーターも今となればお宝ものか。。。
ホントは同じ2バックルの皮ブーツが欲しいが、北海道じゃ探せないだろうな。

アルコス


その2:ストック。
こちらは学生時代からの愛用品。KOMPERDELLの3段ストック。仕事で立木を叩きすぎたのですっかり曲がってしまった。蛍光オレンジの方はカラッピの愛用品。
それより、美穂子嬢から頂いたLEKIは、聞いていたトラブルもなく、お仕事で使うのはもったいないので、遊び用にしまっておきましょう。KOMPERDELLの3段ストックは、よく見たらグリップのベルト金具も破損してた。せめて、バケットくらいはきれいなものに交換しておきましょう。

ストック


その3:ジャケット
こちらは比較的新しいんだけど、ベルクロが強すぎるColombiaのジャケット。
札幌FCでセールで安売りを購入したが、ゴアじゃなくてもいいか。。と思ったのが失敗。
汗が抜けきるハズもなく、極寒の地で使うときっと凍ってしまう。

やはり仕事道具はケチっちゃいけませんね。

豪雪の地

江別から北に200kmちょっと、さすがに豪雪の地。
例年に比べると雪は少ないが、まぁ十分な積雪でしょう。今日は日中もそれなりの降雪があるとの予報に反して時折、青空が顔を出す。で、雪が多い林の中にはこんな木の帽子ができていた。

木の雪帽子

あーやっぱり、マイスノーシュー欲しいね。

第2回 古式ぶり縄の会

2008年一発目。ぶり縄の会を開催。
木登り系のお仕事を再来週に控えているので、前回にできなかった、ぶり縄のしゃくりの長さ、確保、降下、ぶり縄の種類について、あれこれ試してみる。

昨日から降り続いた雪は、朝まで引きずっていたので現地も雪か・・・。と思っていたが、気持ち良いほどの快晴。こういう天気は現場にとっておきたいものだ。

今回の参加メンバーは、急遽参戦決定のバチコと皆勤賞のニノ。ナカジは諸事情により欠席。
前回は道具が少なかったので、順番ね・・・。とのんびりやっていたが、ニノは第一回終了後にマイぶり縄&ハーネスを購入していたので、今回は道具も豊富でみな練習に励む、励む。

二人でぶり縄


今回のチェック項目であった、ぶり縄に使うロープの種類について検討。
一足先にマイぶり縄を購入したナカジから報告のとおり、ナイロン系のザイルではカミが悪く抜け落ちてしまう。この問題は、ぶり縄を巻くときにひと巻き多く巻いてやることによって解決するが、太さもあってかシュロ縄の安定感はない。
もうひとつの問題は、シュロ縄は縄にひねり癖があるので、足場となる部分がちょうどいい感じに幹から浮き上がる。しかし、ザイルは素直すぎて幹から浮き上がってこない。この浮き上がりの違いは結構大きい。
現地の運搬と幹の太さの対応、ロープの痛み具合のチェックのし易さを考えれば、ザイルが有利と思っていたが、シュロ縄には勝てないのだろうか。もうちょっと考えてみよう。

シュロ縄かナイロンか

みなさん 第3回目のお題は「実戦同様」でいきましょう。

雪が・・・ない・・・。

1月の僅かな休日。というか、この日を逃すと後がないので休んだ週末。
当初は、スキー場行って、温泉入って、テント立てて、焚き火して、星みて寝る。と思っていたが、滝野の誘惑が強かったようで、滝野公園、温泉、キャンプのコースに変更。

しかし、雪がない。滝野もこのとおり。いつもなら5コースあるスノーチューブも3コースのみ。S字コースは準備中。

20080112takino


滝野終了後、支笏湖に向かい車内で早めの夕食。年末にナカジにもらった静岡おでんを温め、もちを焼く。美味。
で、次なるは温泉。・・・が、支笏湖温泉の日帰り入浴は17:00でクローズと言われ、途方にくれた顔をすると、北海ホテルのフロントさんは、「まぁ、18:30ぐらいまでならええよ」。と風呂に入れてくれた。感謝・感謝。
入浴後、テント設営地を探すも、雪がない、ない、ホントにない。
雪さえあればどこか適当に張れば良いと思っていたが、暗くなってからそんな場所は探せない。
結局、美笛手前のトンネル横の駐車場にテントを設営。
内張りをセットし、ランタンを焚けばテントの中はそれなりに暖かい。明日の朝には結露でバリバリになっていると思うが。
小雪舞う中、澄んだ空にはそれなりの星が見えた。月齢は3.6。ポケモンのクレセリアに似てるらしい。

20080113shikotsu

翌朝、思ったほどの寒さもなく、7:00の気温は-8度。夜明け頃でも-10ちょっとか。今年最初のキャンプは、シチュエーションは良くないが、慣らしと思えば気温もアクセスもまずまずであった。

雪キャンプで思った欲しいもの。シュラフカバーとサーマレストマットをもう1セット。

たぶん行く。きっと行く。

とうちゃんの仕事は急がしくても、小学生になったばかりのチビは冬休みを持てあまし気味。

で、どこに行くかというと、スキーキャンプ。

冬休みに入る前に、スキー場行って、温泉入って、テント立てて、焚き火して、星みて寝る。と約束していたが、チビの鼻風邪や、とうちゃんの仕事の都合なので、まぁすんなりとは行けませんよね。
で、この3連休は確保できる。と思った矢先、あの仕事、今月〆切だから・・・。と非情なお知らせ。・・・何で年明け早々に言えないの?
仕事の〆までは、まだある。チビの体調と僕が無理して休める日はそうはない。きっと行く。

天気予報をみると、曇り優勢のはずが雪優勢に変わっていた。気温もこの冬一番に低いらしいし。さて、行けるかな。


カレーラーメン

室蘭でカレーラーメンを食す。
どこかのブログに書いてあったが、カップヌードルカレーの「本格版」のような味。

滅多にないので、こんな日帰り現場もいいかも。

ストックと2×4本と今年最初の会合

本日の気温はすこぶる低く、通勤時の気温は-10℃ぐらい。最寄の駅まで20min。
今年は雪が少ないので、吹雪の中を歩くことはないなぁ。と思ってきたら帰宅時はタイミング悪く向かい風の軽い地吹雪。昨日頂いた3段ストックのテストには持ってこいではあるが・・・。帰宅時にストックをついている人などもちろんいないわけで。。怪しさ倍増である。
とりあえず、駅から自宅までの20minちょっとでは、抜けの心配はないようで。一晩寒風にさらして、明朝のチェックを待つばかり。

ストック


HPのタイトルにも書いたが、いずれは物置を拡張したいと思っていた。もちろんセルフビルドで。パパさんが2×4のセルフビルド本を持っていたので、紀伊国屋で検索するも、札幌にはなし。会合に向かう途中で立ち寄った旭屋にあったので購入。この出版社「山海堂」さんは倒産したらしく、出版物は回収されているとのコト。タッチの差で間に合った。amazonnのレビューにも書いてあったが、DIYをある程度かじっていないと難読である。こちらのタイミングも上々のようで。物置拡張はしばらーく先のことですが、夢を馳せる分はいいもんでしょう。
そうそう、作ろうと考えている物置は、もちろん「プチ」だけど。

2×4


そして、午後からは今年一発目の同業者会合。
前回の会合では、ジュンペーが「幹部クラス」ばかりで・・・。と話していたが、確かに面子を眺めるとそう見えないこともないね。
こちらの重みも高くなってきたので、存在価値を強めていかなきゃならんね。ウチの事前資料の感触もまずまず。サンキュー・サー:マツ。

頂き物

ミホコ譲からLEKIの3段ストックを頂いた。・・と、書くと年甲斐もなくお年玉的なものをもらったように聞こえるが、彼女が使っていないといったものを欲しいから頂戴な。といっていたのが、届いたと言うわけ。
見たところ何の問題もなさそうだけど、雪山で使っているとストッパーが緩んで抜けてしまうらしい。あと、岳荘で見ていいな。と思っていたウレタンのようなグリップも雪が付着して具合が悪いようだ。ビニテを巻きつけるのはカッコ悪いので、バーテープか何かの適当なものをくっつけましょう。
ストッパーの部分を分解してみるが、確かに何も問題はない。少なくとも十数年使用している自分の曲がったストックより格段良い。

明日の通勤帰りに使ってみよう。今日一本持って帰ればよかったと後悔。。。

ミホコ譲に次は何が欲しいですか?と聞かれたので「7万するプラブーツ」と答えたが・・・
自分でも買えっこねぇな。今年もアルコスの2バックル革ブーツで頑張るか。

始まりの日

今年も通常営業開始。
出勤のとき、カバンをあさると無くなったはずの手袋(左手)発見。年末にあれほど探してなかったのに。昨日、右手の手袋を捨てようと思っていたが、捨てなくて良かった。
年末にあたらに購入した手袋は、押入れの中に直行。あと1年はそこで寝ていてくださいな。

学生さんたちはまだ休みだけど、行き帰りの電車はそれなりに混んでいて。世のサラリーマンたちは忙しいのね。

お仕事の方も年明け早々、メールやら電話やら何がしかの調整やらで慌しい。帰宅も予想通りこの時間。まぁ、今年も力入れずに頑張りましょう。

そうそう、昨年怪我した右手親指は痛いまま。木登りお仕事大丈夫かよ。

今年の欲しいもの、丈夫なココロとカラダ。

関門海峡といくつもの店

元旦に実家に戻ったとき、ひょんなことから餅屋の話しになり、そこから幼少期を過ごした門司の町(正確には葛葉のあたり)の話になった。
北海道に来てから19年。生まれてから11年の月日を過ごしたあの町のことを、記憶のあるうちにつづっておこうと思う。

・・・自宅の2階にある子供部屋とテレビの部屋からは巌流島がよく見えた。そう、武蔵と小次郎の・・・島であり、猪木とマサ斉藤の・・・島でもある。

葛葉の町は関門海峡がよく見えた。関門海峡は、人道トンネル、高速道路、一般道路、国鉄と沢山の通り道があった。人道トンネルを通るときは、穴が空いたら溺れるんだろうな。と本気で思ってた。

葛葉の町は関門海峡から風師山に向かう坂道の途中にあった。その坂道を横切るように大きな道が二つあり、一つは海沿いの道路、一つは路面電車が走る道路だった。海沿いの道路は線路を越えて行かなきゃならんので、小学生の僕が勝手に行っていい場所ではなかった。路面電車はなくなってしまったけどけど、人が電車にぶつかったとか、電車の中で鼻血を出すまでケンカしたとか、あの電車にまつわるウソかホントか分からない話はいくつもあった。

関門海峡には沢山の大きな貨物船がとまっていた。じいちゃんはその港で毎朝釣りをしてた。ヒラやアイナメ、カレイがよく釣れた。貨物船がどこから来て、何を運んでいるのかは解らなかったけど、港には倉庫がたくさんあって、線路を越えた住宅地の近所にも倉庫があって、忍び込んでは遊んで、見つかっては怒られた。大人になって分かったことだけど、貨物船で働く人のために銭湯が沢山あった。小学生の行動範囲に3-4軒はあった。兄貴の友達の家も銭湯をやっていた。そして、酒屋はそれ以上にあった。酒屋のカウンターには、剣先イカが長い楊枝にささっていて、平日の昼間でも赤ら顔のおじさんがいたような気がする。駄菓子屋ができる前は、酒屋におでんを買いに行くと、機嫌の良いおじさんはおごってくれたし、機嫌の悪いおじさんには理由もなく怒られた。そんなもんだと思っていた。

普段の買い物は「三久スーパー」で十分だった。このスーパーのおかげでサンキューという英語をみんなが覚えた。葛葉に1軒しかないスーパーマーケット。スーパーの向かいの1軒屋では、玄関先でおばあちゃんが玉子をかごに入れて売っていた。記憶があいまいだったが、親父に確認したら覚えていた。他にも、八百屋と肉屋と魚屋、牛乳屋と餅屋と納豆屋と米屋、クリーニング屋に洋服屋、綿屋があった。小さいけど醤油工場とノリ工場、鉄工所もあった。たいていは同じ学校の知り合いの家だった。駄菓子屋は増えたけど、パン屋はできなかった。本屋の近所のおばあちゃんが玄関先で雑誌を売っていた。僕らは立ち読みならぬ、座り読みをさせてもらっていた。

確かに僕の行動範囲なんて、知らない人の方が少なかった。だから、3輪車で遠出ができたんだな。
また、思い出したら続きを。。。

免許更新は・・

数回目の免許更新。数年前に移動オービスにつかまったので違反者講習。2hの苦痛。それよりも年明け早々に行く場所ではないと痛感。用紙をもらい、印紙を買って、検査から写真までで小一時間ほど。タッチの差で9:30からの講習に間に合わず。あと2年良い子にしていれば次回の講習は30m。正月空けには二度ど来ませんよ。

いつかのつぶやきで、5Dの次は3Dか?と書いたが、どうやら5DMarkⅡの名は本決まりのようで。発表も時間の問題とか。。観音様はフルサイズ、APS-HにCと規格だけでも3つもあって忙しいですな。

さて、こちらも忙しく身辺整理を開始。まず、手元にあるフィルム用にと揃えたレンズをAPS-C用に換算してみると

・AT-X24-40/2.8=38.4-64/2.8
・EF35-105/4.5-5.6=56-168/4.5-5.6
・EF300/4=480/4
・EF50/2.5macro=80/2.5

となる。さずがに1.6×を考えると広角側の38.4は厳しいね。となると、こんなラインナップが理想かと。

・AT-X10-17fisheye=16-27.2
・?15-50=24-80 (どこのメーカーにもありゃしないけど)
・EF-S55-250IS=88-400

明日、明後日の週末を終えると、通常という名の日常が始まる。何が通常で、何が日常かよくわからなくなるマイニチが始まるのは確かなこと。現場で山を歩く日々が、物欲にも駆られずに穏やかや日常かもね。としておきますか。

山の雪が落ち着くまでは、あと1-2ヶ月の辛抱か。雪山用品何も買っていませんがね・・・。

初モノ

元旦は再び手稲の実家で、必要以上のカロリーを摂取。これだから正月は体によくない。

2日は神宮に初詣の後、札駅周辺で初買い物。といっても購入したのは、年末に買いそびれたクリップオンの偏光レンズ、左手をなくしたモンベル手袋につけるゴムひも。正月のお買い物。という理由はどこにもない。

免許の書き換えも間近なので、キタムラに証明写真を撮りに行くも、江別警察署の違反者講習は日付の指定があるようで、結局こちらも手稲に行かなければならないので、写真は不要。キタムラでは店長と中古相場のお話を少々。昨晩からネットでリサーチ済みなれど、店頭に置いてある20D、30Dに目が行く。

いまさら中古かよ。という声も聞こえてきそうだが、Kiss-N、20D、30Dの相場は100-150ずつ広がっている感じ。Kiss-Nが350-450、20Dが500-650、30Dが700-800程度。新品の40Dが1000ちょっとで出回っているので、この微妙な差が嫌な感じ。
20と30の違いは液晶サイズ程度しかないのに、新しいというだけでこの差は納得がいかない。20から30の乗換え組みはほとんどいなかったようで。40Dのライブビュー、DIGICⅢ、6.5コマは乗り換えの価値があると見たんでしょうね。と店長。
5Dのキャッシュバックキャンペーンもそろそろ終わりそうだし、3D?が出るのも時間の問題か?まぁ、こちらはいまのところ興味がないと言っておきましょうか。

さて、ボディは何が良いのかのぉ。Kiss-N=20D>30Dの構図は崩れぬか。

レンズといえば、AT-X 107 DXが目下の1位。AT-X 124 PROは、新製品で2.8化するという噂があるが、それならF4のうちが買いか!と思うところ。
長玉は落ち着いているし、いいないいなと思っていた、EF70-200mm F4L のもISが付いてしまったので、たぶんISが本命なんでしょう。300高だけどね。
しかし、レンズ沼の深みは結構なもんで、マクロ沼とTS系も残ってるのね。

まだ、夢見がちな正月気分だな。

元旦

昨日の就寝は22時。今朝の起床はたぶん8時ぐらい。
少なくともこれから始まる2008年の生活の中では1,2を争う位の遅寝。

天気予報は見事に外れて晴天なり。天気が良いので、神宮へ。。というわけにもいかず、手稲の方の実家へ向かう。その前に、郵便屋さんやら、宅配さんやらが色々とお届けモノをしてくれたので、まずはそのチェック。あれだけ年賀状を書いていても、書いていないお方から年賀状は届くものですな。

今年最初の日で、最初のブログなれど、さりとて変ったことがあるわけでもなく、何か新しいものを購入したわけでもなく。カシミール本は会社に忘れてきたし、残務はあれど考えたくもないし、押入れから焼酎を引っ張り出してはお湯割でくぃっと一杯やってるだけですな。

こんなダルダルが正月らしくて良いでしょう。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク