大晦日

ここ数年の大晦日の過ごし方。

日付が変る前に早々に就寝。とくに変ったこともなく朝を迎える。
食卓に並ぶおせち料理をみて正月を実感。

以上。
スポンサーサイト

仕事納めはカメラの話

今日は仕事納めで大掃除。オセイジにもきれいとは言えない事務所がみるみるきれいになる。昼過ぎには掃除もひと段落するが、今年は年始早々の提出が控えた仕事あるので、半分ぐらいはお仕事モード。今年も残すところ3日とちょっと。頑張りましょう。

僕はといえば、お仕事で愛用している手袋の左手を紛失。岳荘にいくもLサイズしかない。他のメーカーも試してみるが、やはり同じものでないとダメだ。そういや、前回の買い替えのときSサイズは店になかった。この手袋、指先の縫製がきわめて優秀。細かいことを言えば、シャミースを使う前のクリマプラス100仕様の方が薄くてよかったのだが。モンベルさん。決して廃盤にしないでね。失くさなきゃ2年に1回ぐらいは買いますから。

さてさて、カメラの話である。

デジイチをそろそろ。。と思って、はや数年。合格印を出したKiss-Nもすっかり過去の機種になってしまった。それから、観音様は20D、30D、40Dを出し、Kiss-NはXに。関係ないけど、MarkⅡはMarkⅢになって、DsⅢは2000万画素だってよ。
シャッター音が気に入らないとか、バージョンアップが早いとか、値崩れがひどいとか、相変わらずユーザーを見限る行動が多いとか、不平不満はたくさんあるが、中坊の頃からカメラは観音様なので、どこかの物好きがエヌ製品を一式どうぞ。とでも言わない限り観音様を使い続けるのでしょう。D-300のシャッター音は素敵すぎるけど。
NewF-1所有者としては、1系の作りこみの良さには惹かれるが、金額をみると現実的ではない。特にDsなんて、限度ってモノ考えなさいよ。まぁ、お仕事でKiss-Nを愛用していることもあり、やはりAPS-Cサイズが有力ね。画素数を比較するとKiss-Nは「800万」、20Dは「820万」、Xと40Dが「1010万」。30Dは、、、まぁいいや。ポスター写真を撮るわけじゃないんで、メディアサイズを考えれば800万で十分。40Dの進化ぶりはは惹かれるものがあるが、当たり前だけど20Dの匂いがまだ抜けていないんだね。5Dの後継が発表されるまでは、製造は終わってるけどKiss-Nが有力候補。

そもそも、デジイチにはレンズが付いていないので、レンズにもお金がかかる。ちまたでは、「レンズ沼」にはまると言うらしい。ボディ代を浮かせてレンズにまわすと言うのも利口な考え方だよね。と自分に言い聞かす。

メーカーレンズ各社もAPS-C規格に力を入れているようで、APS-Cで魚眼はできないでしょ。とか思っていたら、結構ありましたね。そんな中、赤丸急上昇がこのレンズ。こんなレンズがあるのなら、APS-Cも悪くない。コイツで鷹の巣から緑の海をグルッと撮りたいねぇ。

あー、こうやってはまっていくんだなぁ。まずは、残高との相談か。。

治りが遅いのか、ケガがひどいのか

今年最後の年末の挨拶も無事終わり、収穫は同級生だったということを再確認。

さて、右の親指と左の肘からしたの部分が痛い。というか、治ってねぇ。

右の親指は歩いているときに手をつき、たぶんありえない角度に曲がった。まぁ、だましだましで大丈夫だろうというのと、右手の親指固定したら、年賀状もかけないし、仕事も止まっちゃう。で、普通どおりに生活してました。が、ここ数日普通にしていても痛くなってきたので、本棚からテーピングの本を引っ張り出し固定。もうちょっと早くすればよかった。

左の腕は、五味温泉で朝風呂には良いっている最中、熱い湯船から隣の湯船に移動しようとして足を滑らせ、全裸で転倒。中途半端な体制のまま左腕を湯船の手すりに激打。アオタンになっていたので放っておいたが、最近しこりになっていた。でも、しばらくは放置の予定。

治りが遅いのか、ケガがひどいのか。。。どっちもどっち。と言う声が聞こえてきそうだ。

本日、美瑛からGPSが届く。マイお仕事道具がちょっと充実。早く使い方に慣れねば。

Re: 壁か扉か

BUMP・・3年4ヶ月ぶりの新作。「orbital period」
いやはや、上出来すぎ。

相変わらずのモヤモヤにハンマーソングを。

世間一般にいう所の、「35歳の壁」がどれ程のものかは知らん。その壁に自分がぶつかっているとは思わないが、いろんなことに対しての葛藤があり、モヤモヤが消えないのは確かなこと。

良い分岐点なんだと思う。

色んな意味で一息ついて、自分が気付かぬうちに築いた「利息」や「経験」にあぐらをかかぬように。自分が目指して進もうとしている場所と、みんなが薦める場所が違ったり、何気の一言が、実はすごく重たくなっていたり。そんな、ちょっとしたことが自分の中では「ギャップ」になって、歪んでいく。それを嫌うように、誤魔化すように、尖った刀を更に磨く。自分で見てもすがるように磨いてる。

扉が壁になるのは、ヒンジやノブが見えないから。明かりも漏れていないから。見えないものを信じることは難しい。そして、見えないなかでも、壁は近くでよーく見るとクラックがたくさんある。これホント。
コツさえつかめば簡単じゃないけど、必ず登れる。

外からの刺激は慣れちまう。人は内からの刺激で強くなれる。

これは受け売りの言葉。執行猶予は2ヶ月とちょっと。物欲の蝕指に負けぬように、目を凝らして進もう。

久しぶりの今日の欲しいもの「APS-C用の魚眼ズーム」 そして、メリークリスマス。

忘年会後の3連休

金曜は忘年会で遅めの帰宅。

目下多忙中の皆さまには申し訳ないが、久しぶりの3連休を満喫するはずであったが。。。

土曜:元気だった。近所の畑でスキーの練習。チビも友達と一緒だと甘えずに頑張るのでよろしい。僕は畑にテントを張りお湯をすする。

ゲレンデテント


日曜:風邪かと思いきや、たぶん食あたりでダウン。年賀状書きにせいを出す。
秀岳荘からトランギア用の新しい五徳が届く。

五徳


月曜:何とか復活。会社に年末年始で使う道具一式を取りに行ったり、チビのスキーの金具調整をしたり、ホーマックで丸棒を物色したりで忙しい。昨日見つけたBAMPの3年4ヶ月ぶりの新譜を購入したりで帰宅後も忙しい。ケーキも食べてカロリーオーバーです。

サンタのケーキ

挨拶回りとやら

時は師走の追い込み。年末の挨拶に向かう。

年末の挨拶といっても、お得意さんの所ではなく、金銭的な需要と供給のない同業者を回る。カレンダー配布という大義名分のもとに情報収集。

いい噂、悪い噂も含めて、最近の情勢と世間話を少々。3箇所回って4時間ちょっと。
「何かいい案件あれば指名してくださいね。」とお決まりの言葉を放つも、業界はそれなりのバランスの上になりたっているので、それを自らが壊すこともできまい。
来週にもう1,2件控えてるが、こちらものんびり話し込める雰囲気であって欲しいと願う。


そうそう。木登りの知見を探しますか。と思い「ぶり縄」でグーグルかけたら自分のページが10番目に。
恐るべしFC2.
せっかくだから、メインページに「ぶり縄」コーナー立ち上げるか。

現場は終了

今年最後の現場も粛々と終わった。豪雪の地では、特に変ったものが出るわけもなく冬らしい鳥は出たが、不毛の地を実感。

残る仕事は報告書1本、年末の挨拶3社。忘年会と大掃除。
その報告書もたいして書くことがないので、ほぼ完成。木登りの知見でも探そうか。

ナカジの動きが早く、ぶり縄で試行錯誤の様子。テキストに書いてあったシュロ縄にはそれなりの意味があったようで、確かに10mmザイルは足場が抜けてしまう。
シュロ縄と麻縄の違いは解らぬが、たしかにあの太さとトゲトゲがあれば、架かりがいいのは
感覚で理解できる。しかし、ザイルでなければならない理由はそれなりにある。丸棒1本ずつに短めのザイルを使えば幹の太さに対してバリエーションが効く。
実際、一段目と二段目を繋ぐ部分にはテンションはかからないので、ダブルフィッシャーで十分。巻き方を変えるか、別の工夫をするか。

次回のぶり縄友の会では、確保の取り方を再確認して、実際に10-15mほど登ってみなければなるまい。当面はお仕事で登る機会もなさそうだけど、

ちなみに、いままで登った履歴を整理してみた。
・道東のあの地で、gen3本、nis9本、mig1本、おまけ1本(これが最高値)。
・日高のあの地で、nipa1本、gen3本、nis2本、bute1本。
・道南のあの地で、nipa1本。

あしかけ、6-7年で22本。今後も怪我せずに頑張ります。

古式ぶり縄

天気予報はやや外れて、湿っぽい雪がつらつくも目的の現場は薄曇りで降雪なし。
年明けの木登り仕事に向けて、今日は降下の練習。

さすがにこの歳で木から落ちました。。。は洒落にならないので、希望者数名と人気のない公園で梯子をかけ、ザイルをまわし、黙々と登っては降りる。を繰り返す。
ハーネスの数も限りがあるので、手の空いている連中はこちらも黙々と「ぶり縄」を習得する。「ボッコ2本、縄1本」といたって構造はシンプル。それが故に奥が深いというか、コツが見つけにくいというか。数年ぶりのぶり縄に最初はとまどったが、やはり「使える」。

課題は、確保と降下の方法。最初からぶり縄でトップロープに確保を取り、最後はダブルの懸垂下降。イメージは出来ているが、こいつも本番前に試しておかないといかんね。

何とか全員が気持ちのいい懸垂下降を堪能したが、「降りるときが一番危ない」と思ってもらえるように次回は厳しいシチュエーションを用意しよう。

二宮くん。次は嫁さんを連れてきなさい。

さあ登れ
おまけ:谷ちゃんも吊られちゃいました。

マイハーネスがあってもいいかな。

利息の使い方

報告書がはかどらない1週間であった。

その原因が、締め切りが先にあるという余裕と、日頃からの貯まっている雑務であることは自分でも分かっている。細かいことをすぐに行うということは、その次にある中程度の事項を後回しにする。ということではないことも自分で分かっている。
ペース配分が悪いわけでもなく、バランスはいいが、ここ数週間は休日であるはずの「土曜」の出勤が定例化しつつある。

この点は困ったところ。

12月も折り返しが見えてきて、年の瀬も近づいてきた。年末の挨拶のアポを取ったり、取られたりがあったのもこの1週間の出来事。自分が特段に何かをしているわけではないが、予定を確認されるようになったのも何かを重ねた証拠か。

目一杯頑張ることが美徳と思っていた、あの頃に比べれば「大人になったのか」、「丸くなったのか」。少なくとも、稼いできた利息をうまく使えるようになってきたのは事実。きっとこの利息の使い方が、次のステップに繋がるのだろう。

年明けの予定していた仕事は、大きな看板のメンツと保守的なココロで帳消しになりそう。かなり失念したけど、少なくとも自分がそこに関わることがステップと言い聞かせて乗っかっていこうと思う。きっと、あの頃のぼくが「丸くなるなよ」とつぶやいているんだろうが。

12月は現場も少なく、不健康な日々のため僕の体重も58.4kまで落ちた。体脂肪は17%。あと1kがリミット。そのうち、サンタがカロリーオーバーの食事を持ってくるに違いない。

明日は木登り仕事が待ってます。

14年ぶり

昼休み。今日も天玉そばを食し。食費をおろしにATMへ。
18条には銀行がないので、いつも混雑しているが今日はめずらしく空いている。

ATMから出るときにふと見上げると、見覚えのある顔が。。
14年ぶりに大学時代の同級生に再会。めずらしく、向こうさんもこちらを覚えていた。

名刺をもらい早速の連絡を打つ。彼の職場は9丁目。僕の職場は4丁目。
たぶん、彼はうちの職場をマイニチ通過しているはず。

狭いもんです、世間ってモノは。

明日も天玉そば食うかな。

19日ぶり

19日ぶりに再開。

この3週間で、3本の中間と2本の最終をあげる。激務ではなかったが、先送りにする悪い癖によって、いつもどおりの展開をみせた程度。ちょっとばかし痩せたか。
内勤は昼飯が重くなるので、夜はおやつ程度ですませる。で、深夜のビール。
不健康極まりない。

19日間の振り返りをちょっと。
東京から戻った週は一応の「管理職」お仕事。淡々と面接をこなす。

翌週、道東温泉めぐりの現場が始まる。といえば聞こえは良いが、平均斜度のきつい現場が続く。巣は見つからねぇし、岩はゴロゴロしてるし、おまけに右手の親指ねんざするし。

その翌週。月曜と水曜と金曜に締め切りを控えてのお仕事。結果は上記の通り。

内勤の合間に、木登り仕事も稼げるようになってきたので、相方分のハーネス、確保器等を物色。いつの間にか8環はATCに変わり、ハーネスも随分軽くなっていた。林業屋御用達の巴化成産業さんでも、木登り名人という新しい商品がでていた。たしかに鐙(あぶみ)を使うより効率がよさそうだ。何事も日々進歩するわけね。

早々にATCを使って、降下の練習でもしてみよう。

めずらしく本のお話。といってもマンガの話。
山渓をきっかけに・・・。ではないが、近いところで山の本が流行っている。
締め切り迫る中、眠い目をこすって「神々の嶺々(いただき)」を読みふける。1巻を2度読んでなんとか理解できた。個人的な感想は「重い」。ずっと前に読んだ「ボーダー」ぐらい重い。エベレストに行くことはたぶんないが、くすぶるねぇ。自分との対峙ってヤツが。

スコップとゾンデぐらいは買っておこうか。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク