第7回雪遊び

晴天の中、楽しく遊びました。
遊びのメニューも、メシもオヤツも充実してました。

20150321

ただ、遊び終わった後、オジサンは夕方から町内会の会議へ。
2時間半コースでした(泣)
スポンサーサイト

救急員養成講習

先週の土日と本日。計16時間をもって、日本赤十字社 救急法 基礎講習、救急員養成講習が終了。

無事、赤十字救急法救急員認定証を頂きました。

折しも本日は阪神・淡路大震災から20年目。
自分に出来ることは限られますが、基礎講習と救急員養成講習で習った知識と技術を少しでも身近なところで還元できればと思う次第です。

さて、今回の基礎講習、救急員養成講習を受けて、今後の「ぶり研 大人の雪遊び」に是非とも取り入れたいメニューを備忘録として残しておきます。
(ひとまず、一次救命の胸骨圧迫・人工呼吸・気道確保は機材の関係上なし。ってことで)

・一次救命処置の手順確認
・回復体位
 下向け→上向け→回復体位への変化
・加温と保温
 レスキューシートを使っての応用
・けがの手当
 やけど、熱中症の基礎知識
・きずの手当
 三角巾包帯法
・止血法
 直接圧迫法と関節圧迫法
・骨折の手当
 固定法、ねんざ対応
・搬送
 1対1→1対複数。レスキューシートを使っての搬送。
・総合シュミレーション
 CASE1:額傷(出血)、上腕骨折、意識あり、呼吸あり、歩行可能
 CASE2:頭部出血、腕皮下出血(骨折の疑い)、意識朦朧→無し、呼吸あり
 CASE3:腕切り傷(出血)、足はガレキに挟まる(骨折)、意識あり、呼吸あり

開催まで時間がないんで、まずは自分がしっかり出来るようにならんとです。


遊びのチカラ

本日、ちいかんキャンプ部主催の大人と子供の雪遊びの会開催。

昨日の天気とは一転し、天気良し、風なし、

20140329

ひと遊びしたあと、ハンモックでゴロリしてたら、トモヨちゃんが「グミあげる」ってミカングミくれました。
うれしいね。

ぶり研主催の雪遊びの会を始めたのが今から5年前。

当時幼稚園児だった子が小学生。当時小学生だったうちの息子は中学生。
なんだかんだ言いながらも、息子は今年も参加。
大人の成長は微々たるものですが、子どもたちの成長には眼を見張るものがあり、嬉しいものです。

大人が本気で遊べば、子供はいくつになっても遊んでくれると思う。
もちろん、子供には子供の世界が出来ていくけど、遊びがつまらなくなるのは大人の遊びチカラが減っていくからだと思ってる。お金をつぎ込むだけが遊びじゃない。
子供の頃、やりたかったな~ってのを実現すればいいだけ。

ここ数年の遊びは、ZIPライン、スラックライン、木登りブランコと定番化してきたので次回は新しいもの考えましょうか。
もう一つの課題は、遊びチカラの継続と継承ですね。

大人もシッカリ遊びました。

バチコのZIPライン
20140329-01
20140329-02

マッシブのZIPライン(重い)
20140329-03
20140329-04
20140329-05
20140329-06

みなさん、写真お待ちしてまーす。

明日に備えて

本日午後から休暇。

明日に備えて。というのは半分ホントで半分は自分の休養のため。
3月に入ってからは、休まないで遊んで働く。とは言ったものの。体は正直なものでなかなかに悲鳴をあげていた。
現場続きの毎日は何とか凌いだが、内勤が進むにつれそろそろ限界・・・。

ってのが半分の理由。

帰宅後、裏の森に向かう。

まずは、16名分のテーブルもどきを掘り
20140328-01

パウチの手投げにチャレンジすること十数回・・。で結局はカブト出動。
20140328-04

遊びだと緊張感がないのか、ことごとく失敗。でもなんとかブランコ用の捨て紐を設置。
20140328-05

次はジップラインを設置して
20140328-03

Z-RIGを仮組み。
20140328-02

帰宅途中に買い出しをしてお菓子の山が出現。こいつらを袋詰め。
20140328-07

宝探し用のビーコン準備も万端。
20140328-06

さて、さっさと寝るか。

2014シーズン1回目はホワイトアウト

本日、休暇をとり息子とカムイスキーリンクスへ。
そんなに多くのスキー場を知るわけではないが、自分の知っている中で一番自由度の高い大人なスキー場。

昨年届いたK2クンバックも今回が初乗り。
長くて太いが、取り回しのイイ板。アニキの言うとおりカルフJAKの方が癖があって面白いかも。

20140108-001

本日のカムイは気温が高く、頂上付近はこの通り真っ白。
20140108-003

なので、北斜面コースはお預け。

メインコース横の林間で遊ぶ。
20140108-002

平日だけど、地元スキーヤーと修学旅行生で賑わっていた。
次回は天気のいい日に。

子供と大人の雪遊び2013

今年で4回目となる子供と大人の雪遊び。

初回に小学校低学年だった息子も来年は中学生。
今年は天候にも恵まれ、大人10名ぐらい、子ども12名ぐらいの大所帯。

ターザンロープにスラックライン、ソリジャンプにロープブランコ。
子どもも大人も楽しく遊んだ一日でした。

20130303

さて、昨日現場から帰ったばかりですが、明日からも現場です。
遊んで充電できたので、頑張ります。

萩の山スキー場

本日、休暇最終日。良い天気。
年末には温泉とか、ボーリングとか、三大ガニ食べ放題とか、色々と思惑があったが
色々あったので、結局は息子の新調したスキー慣らしに近場のスキー場へ。

自宅から車で30分ちょっと。
グリーンランドの裏側に位置するローカルスキー場。駐車場から向かって左手がダイナミックコース。
向かって右手が未圧雪(というよりは放置)の緩斜面。
20130105

今回は息子の足慣らしなので、こちらも足慣らしにJAKを持ち出す。
二人ともリフトに乗ると足が重い。。。とぼやく始末。
20130105-01

リフトに6回乗って終了。
慣らしになったのかどうかは、スキー授業の結果を見ましょう。
20130105-02

息子のヘルメットがさすがに小さくなったので、帰りスポーツデポ岩見沢へ。
UVEXのエアコンプレッションモデルが心地よかったが、現品限りということで見合わせ。
自宅に戻りググって見るも、シーズン最中なのでどこもほぼ欠品。
決断が遅かったかねぇ。

さてさて、仕事始めは現場始め。
明日からは恒例の木古内巡り。
こちらは即断即決で行きましょう。

空知川 アゲイン

本日、5:50起床。窓の外は雨...orz。

すっかり、カヌーの秋を堪能している。
本日は、これまたカヌー熱さめやらぬバチコ夫妻とともに空知川へ再び。

出発地点は、前回出発予定だった「新生橋下流」から下る。
思いの外、水量が多くちょっと心配な出発であった。
20121006-02

所々に白波が立っていて、中州だったところもすっかり水の中に。
流れに乗ってみると見た目ほどの怖さはないが、まだまだ初心者レベルなので油断は禁物。緊張した序盤であった。
20121006-03

前回のんびり出来た区間もあっちゅう間に終わってしまう。
20121006-01

ランチポイントの合流部はちょっとした激流。
さすがに、デポして難を逃れる。
20121006-04

最後は、艇を変えてリジット、ダッキーそれぞれの良さを堪能。
20121006-05

来年はきれいな水の上流部にチャレンジしてみたいが、木登り同様に安全確保のためのスキルアップが必要です。

芦別岳登って下って川遊び

平日ではあるが、大人の夏休みということで。

2年半前のあの場所が、どうなっていたのか??
を2年半前と同じメンツで確かめに行った。

芦別岳新道ルート
序曲
20120913-14_001

見晴台。(相変わらず左の坊主はこの時点では元気)
20120913-14_002

鶯谷に続く登り(下りにこの道で泣かされる)
20120913-14_003

20120913-14_004

半面山を通過し、屏風岩が見えてくる
20120913-14_005

20120913-14_006

あの時アイゼンに履き替えた場所
20120913-14_007

本谷はやはり霧の中
20120913-14_008

ピークに繋がる岩稜がみえてくる
20120913-14_009

芦別岳頂上 1726m
20120913-14_011

あの時のピーク(↓)
20120913-14_010
は標識からわずか数メートル手前だった。

山頂から本谷を望む(雪渓が残っていた)
20120913-14_012

翌日

朝の平和な風景
20120913-14_013

ハンモックタイム
20120913-14_014

20120913-14_015

昼からは川に出撃
20120913-14_016

早瀬で奇声を上げ
20120913-14_018

漕いでは
20120913-14_019

まったり
20120913-14_20

中州でパン食べて
20120913-14_21

芦別岳に向かって、また漕ぐ
20120913-14_22

二人艇の前席は特等席。
20120913-14_23

最高の天気に恵まれ、遊びすぎた感のある2日間がおわった。
20120913-14_24

今年は北広レクの森で。

雪が降る頃からぶり研は本格始動するので、年明けから春までの数ヶ月は仕事の追い込みもあり相当に忙しい。

昨年から始めた「大人の雪遊び」という名の冬季安全講習も、継続することが大切なわけで・・・。
今年も会場探しやらメニュー選定を急ピッチで進めております。

昨年の会場となった開拓記念館は外へのアクセスはいいが、決して広いとはいえない研修室に若干の不満もあった。
教室ほどの広さがあって,公共の施設で、外へのアクセスが良くて。札幌近郊と、会場選びのハードルはかなり高いのだが、良さそうな場所を発見。

我が町の隣町、北広島市のレクの森。
20120121-01

ここの研修棟がモジャ下氏もオススメとのこと。
20120121-03

昨年に比べ、江別・北広島界隈の積雪はやや控えめではあるが、開催日までには大丈夫であろう。

と、いうことで、2/11か12に開催します。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク