FC2ブログ

再築

樹上の建築作業は続く

本日は、基礎構築を1件
昨年、壊れた場所に向かうと家主が別荘を新調していた模様
これだから、自然はわからんし、奥深い

来週は6日で11件の予定

仕事内容が変わって来た気がする

お疲れ様でした。
スポンサーサイト



再築

雪の影響か、そもそもの枝の劣化か?
昨年朽ちてしまったお家を本日再建

作業は正味2時間ほどであった
もちろん、お仕事仕様ではないので、それほどの作りこみもせず、あとは春に来るであろう家主に頑張ってもらおう

ここのProjectもはや6年目
当時高校生だった彼は内地で頑張っていることだろう

オジサン達も変わらず頑張るよ
本日の最低気温は-14度
凛とした寒さでした

20200109

では、次回は酷暑の8月に

登り初め2020(気がつきゃ400)

はダイオウマツ

年末に仕込んだ冬鳥狙いのセンサーカメラ
2週間後のカメラチェックとなったが、やはり空振り
そんなに甘くないよね
場所を変えてお楽しみを先延ばし

帰宅後に台帳を更新
400回のアニバーサリー登攀であったとは
やはり、継続は力
後追い、追い越し、歓迎なれど、難しいのかな

出たついでにあれやこれやの買い物巡り
IKEAに立ち寄るもなかなかの混雑
ファストフードもまであったとはとベジドックなるものを食すも、ここ数年で一番の不味さ
値段相応ではあるが、酷すぎるな

明日は仕事始め
そして、今週後半は5シーズン目を迎える東川プロジェクト
こちらも第二章に突入

楽しくなってきた

ホントの登り納め

お米の国から無事に帰還
今年度三回目

仙台から三時間半
無理すりゃ日帰り圏内
働き方改革が叫ばれる昨今では、一泊二日か妥当か

結局、不具合の現実は解らず
電源系統にはやや不安ありだが、その後の不具合とは症状が一致せず

どちらにしても、今週いっぱいはモヤモヤした日々となりそうだ

おやすみなさい

初の冬鳥狙い

のためのカメラ設置 計3台(170/398)

今回の現場はいわゆる「都市公園」
事前情報としては聞いていたが、どこかの雑木林と思いこんでいたので、関係者入口の駐車場をくぐった時はちょっと驚いた
管理事務所に挨拶を済ませ、腕章を借りる

現場はケヤキとダイオウスギが1本並ぶだけで周りは見通しのより芝生が広がる
ワンコの散歩、幼児の散歩の方多数

樹高12m、設置箇所は6mほどのダイオウスギ
20191222-1

ペリットの位置から概ねの止まり場を推測

確度を変えて広角2台、標準1台を設置
ちょっと驚いたのはちょい新型のブシュネルには外部電源端子が無かった

3時間ほどかけてカメラを設置
その後は園内のラーメン屋で昼食

ため池でハクガンとトモエガモ(ともに初)をほぼ肉眼で観察して腕章を返却
20191222-2

なかなか充実した午前中であった

そこから300㎞ちょっと、睡魔と戦いながらお米の国に到着
ホテルの隣のイオンはクリスマスムード一色

晩飯代わりにチキンを購入
文字で表現する分には寂しさはないが、紙袋に入ったチキンにかぶりつくオジサンの絵は寂しさ満載
レモンサワーで流し込む

明日は午後から雨、ご安全に

反省の木登り

昨日と今日で4本

久しぶりの新規だったので、166-169/393-396となった
回数は年内400を予定していたが、予定は未定で恐らく未達

未達。。。いやな響きだ

さて、本日最後のミズナラには苦戦
主幹の太さはあるが、枝張りが広がり過ぎているので、ひとつひとつがやけに細い
しかも、枯損木もおおい

なんとか目標の高さまで辿りついたもののプラス30センチ

寒い中待っていてくれたギャラリーには申し訳ないが、今考えるとあの手この手があったのにと悔やまれる
恐らく計測も中を覗くこともできたはず

やはり想像力がまだまだ足りない

お片付けの最中、ダイニーマスリングの紛失に気がつく
やってしもーた
反省

年内はあと一本で登り納め

来週もご安全に

いい日。

木登り作業をして降下中。
散歩をしていた少年(幼児)に見つかる。

スゲー、カッコイイ(と言ったはず)と少年。

地面に降りたら、お母さんと近くまでやってきた。

おデコには蚊が止まってるぞ少年。
と、デコに止まった蚊を潰しすと同時に少年が言った。
「大人になったらもっと高く登れるんだよ!」と。

おじさんは大人だからね。
だからこんなに高く登れるんだよ。
君も大人になったら木登りしようね。とハイタッチをしてサヨナラした。

いい日だった。

本日3本+1本完登。
風呂あがって落ち着いてら揺れてきた。

個体差(164/374)

昨日の食べ残しが強烈だったので、似たような環境の別宅を拝見。

薄い林、薄いお家、ツルまみれ。
とても快適な住環境とは言えない場所。

結果、これまでの認識通りの食べ残しほぼ無し。

この違いをどう解釈するか。
よくある話が個体差。
お父さんがきっと働き者なんだろう。こっちのお父さんは・・・。
ってことになるのか。

自然の都合にヒトの感覚を持ち込むのはよろしくないとつくづく思う。
とはいえ、正解と思える答えを導くには、まだまだ経験が足りず。


さて、あちらもこちらもバタバタした感じになってるが、これだけ登ってもこの程度。
まだまだ未熟。
自分の残り時間と差し引きするような考えは、50年やってから考えろ。
とオジキに怒鳴られそうだ。

ごもっとも。続けますよ。

自主練 (163/373)

ではないが、ちょいと練習かねて登攀

パチンコなくてもいいかな。
と思っていたが、やはり高かった。

手投げで5回ほど。何とかなる場所までとどく。
モノはオーバーハング気味の位置にあったけど、張り出した枝に荷重を逃がしてアプローチ成功。
ここ最近、針葉樹ばかりだったこともあり、ちょっとは上手になったかも。

で、こちらのランヤード
20190909

1-2年前まではあれやこれやと至難していたが、さすがに落ち着いた。
スリーブ部分はコルゲートがメイン、補助はエッジガード。
細い枝の場合はエッジガードに分があるかも。

9月だというのに本日も真夏日。
そろそろセコイアも丸っと洗濯したい。

晩夏のロード終了

お米の国から帰還。

昨年は汗だく後の土砂降りだった。
今年は汗だくで止まった。

樹上の解体も想定時間内に終了。
大学三年生の参加は汗だくオジサンの清涼剤となったかな。

飛行機での現地入りと違い、今年からはあれこれと融通がきく。
と言っても、仙台まで3時間半。

頑張って帰りましたとさ。



プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク