FC2ブログ

強化週間につき

固め打ち。

もとい

固め登り。(156-157/355-358)

20190824
注:カトさんではありません。

スポンサーサイト



雨のち晴れ

今年も宝箱回収シーズンに突入。

本日からひとまず5連戦。

ここ最近は、あと何回できるか?とか
そんなことばかりを考えていた気がする。

飽くなき好奇心ってのは、いくつになってもあるんだな。と実感。
毎度のことながら、教えられてばかりです。

雨のち晴れ
年を重ねることも、経験を重ねることも、悪いことばかりではないよ。
と、秋の稲穂が輝いていた。
20190823

ご無沙汰の登攀(155/354)

今日も変わらず、酷暑は続く。

そんな中の登攀。
気が付けば登攀回数も、300中盤になってきた。

分かる人にはわかるが、この時期に?
ってことは、何らかのアクシデントがあるわけで。

地上では分からないことも、樹上に答えが残っていることもある。

月9の朝顔ではないけれど、「教えてください」という気持ちを持って登攀しましょう。
彼ら彼女らに何があったのか、それを見つけるのが僕らの仕事です。

弘前支部開設に向けて

スキマ時間で支部拡大キャンペーン開催

木登りなんて誰でもできますよ。と思っていたが、
普段使わない筋肉たちが若干悲鳴を上げるらしい。

そりゃ、重力に逆らってるんだからね。

教えることはプライスレスなので、お互いウィンウィンです。

特別教育

とググると「特別教育による資格一覧」と出てくる。

以下、Wikiより

特別教育による資格一覧は、日本の労働現場において、労働安全衛生法に基づき、危険又は有害な業務に労働者をつかせる場合に事業者等が教育を行い、作業あるいは運転させなければいけないものの一覧。

ここで気になるのが、以下のワード
・労働現場
・労働者
・事業者等

請負業務の場合はわかりやすい。
・労働現場=働く現場
・労働者=私
・事業者等=クライアントさま

これが学生さんの調査研究の場合はどうなるんでしょ。
・労働現場=研究林(まぁ、納得できる)
・労働者=学生(違和感ありあり)
・事業者等=???

どの場面においても、法令ってのは解釈が難しい場合がある。
念のため、労基に確認しておくか。

仙台支部

そういえば、ぶり研仙台支部が4月にできました。

ってことで、重い腰を上げて「ぶり研HP」を更新

今週は「なまはげの国」でぐるぐるをみてます。

繁忙期だね、顔が痛いぞ。

120度まで

基本の基本ではあるが、120度を超えると片方のアンカーにかかる荷重は体重を超えてしまう。

きぃすとんアルテリアからの引用

うまく分散させるにはなるべく狭い角度が好ましい。
でも、実際のところ樹上で60~90度での処理は、なかなか困難。

これが3方向になると、計算式はどうなるんだろうか?
数学は苦手だが、明確な目的があればゴールは見えてくる。

新たな課題が出来たので、しばらくは低木で遊べそうだ。

続報

が届いたのは翌日。

昨日の今日で??
との連絡は、やはりよくないお知らせ。

まだまだ想像力も経験も足りない。
言われたのでやりました。

では、仕事とは言えない。

勝手に責任感じて辞めてしまうのは違うと思うし。
背を向けるのも違う。

なので、これまでのアレコレを背負って明日も登ります。

コラボ

と言えば聞こえはいいが。。

6月の初めましては、ぶり研メンバー以外との樹上作業。

おそらくお初。
しかも、本家ぶり縄!

悪い予感は杞憂に終わり、狭い業界なもんで、同じ知り合いが多数。

自分の手技にさほどの間違いがないことはわかった。
これは出稽古の成果。

但し、工作物設置については、この先もトライ&エラーを繰り返すのかもしれない。
本番前のトライ&エラーがまだまだ足りない。

まだまだ、まだまだ。

ぶり研in仙台

GW二日目
昨日とは打って変わっての天気でハルウララ

会社から車で10分ほどの某所でぶり研
参加者は2名 いずれも会社の若人

連休を持て余しているオジサンの相手をしてもらっているようでもあるが、本人たちの名誉のために書くと、「向上心」です
20190428

基本的な結び方から始まり、あれこれと体験
もちろん体験レベルでも十分楽しいわけで、これを生業とするかは本人次第

ヒマなオジサンの相手をして貰えるのであれば、こちらはいくらでも付き合いますよ
指導は厳しいけどね
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク