6月 新月

今夜は、6月最初の新月。

新月、晴天、休日。この3つが重なる日はきっと少ない。

夕飯後、新篠津経由で当別ダム方向に向かう。
思いの外、札幌の街の灯は強烈で、南の空が明るい。

21:00頃に雲が晴れるも、すぐに隠れる。
GPVを見たところ2:00-3:00まで粘れば快晴となるはずだが、断念。

20160606-06

やはり、ロケハン無しの片手間ではこんなもの。

出直し、出直し。
スポンサーサイト

月齢14.3

の明るい月夜

星の周りを調べて北向きの山を探す。
峠の途中で適当な駐車場があったので、お試し撮影。
20160521-02
7D AT-X107

ポロピナイはキャンプシーズンインのようで、ランタンの明かりが眩しい。
20160521-04
7D AT-X107

恵庭岳方向も時間が早いので星も出ず。右側の光源は札幌の街の灯。なんとも明るいもんだ。
20160521-03
7D AT-X107

千歳に向かう途中の駐車帯。
飛行機が赤い線を引いてくれた。こちらはコンデジ。
20160521-01
XQ2

星景カメラネタをあれこれ調べてみたが、実際に撮ってみると確かにどれが「ノイズ」でどれが「星」なのか???
それよりもロケハン無しでの撮影は何も見えない中で構図を決めることになるわけで。。

まぁ、しばらく昼間は忙しいので、夜の楽しみが出来たとしよう。

星景→月景

金曜日の夜、札幌近郊は薄曇りだったので、4月末から持ち越していた星景撮りに向かうも・・。

月齢 6.3

街の明かりを回避するには、あと1-2時間走らないとダメそうなので、今回は町界あたりでお試ししてみる。



星景用初期設定(iso4000 ss30s 開放)で撮ったところ・・・・・
2016515-03
真っ昼間か?


iso1600 ss5s 開放まで落とす。
まだ明るい。
2016515-01


iso800 ss13s 開放 モノクロ
2016515-02

カメラ液晶で見た時は良いかと思ったが、PCで改めて見るとまだ明るい感じに撮れてる。
思った通りのモノを作るってのは、試行錯誤が必要。



困った

のはコイツ。(のフード部分)
20160510-03

十数年前にも同じことがあったが、フードが格納できない(泣)(泣)(泣)
フードが格納できないとアルミケースに入らない。。。

十数年前は、結局TACサービス行きとなり、それなりの代償を払った記憶がある。
さて、どーしよー。

FD/EFマウント込みでブーイチくんあたりが貰ってくれないかね??

サンプル EOS7D
20160510-01

20160510-02

ニコ1 J1

現場カメラを引退後、息子カメラとして数ヶ月活躍したが・・・。

突如電源が入らなくなり、ご臨終。

ネットで調べると結構記事は出てくるね。
現場中でなくてよかった。

レンズだけ余ったカメラは行き場所がないね。

ハズレ引いたと思って諦めます。

銀色カメラに黒レンズ

今回の仕事でチョイとした望遠レンズが必要だったので、マッシブにニコ1の望遠レンズを借りてみた。
マッシブはV1の黒カメラなので、あちきの銀色カメラとくっつけるとこんなんなりました。

20140724

で、使い心地はどうだったかというと。

ピントは早い。激っ早!!
画像もマズマズ。

ただ、ファインダーないんですよ。J1には。
標準レンズならまだしも、300mm近い望遠を液晶だけでってのは動きものには無理っす。

えっ? EOSを投げうって、ニコ1V2→V3に切り替え??
なんて、アチキには出来ませんって。

観音様のFD

今回のお仕事は大砲が必要だったので、久方ぶりにコイツを出してきた。

FD 500 1:4.5L
FD500

ISでもなく、USMでもない。でもLレンズ。
デジタルのマウントには、FD=EOSコンバーターかまして、APS-Cサイズになると1000mm程度となる。

仕事の対象はやはり遠すぎたので、岩に登ったキセキレイを撮る。
kisekirei996

やっぱ良いレンズだ。

もうちょっと、活躍の場を広げないとね。

7D体感

息子が風邪をひき、めずらしく退屈な連休の中日。

物置に貯まっていた電池の廃棄ついでに電気屋のカメラコーナーを覗く。

ありました。7D

二桁系のそれとは違う新しいボディ。ファインダーもいい。

で、お決まりの連射を試す。

確かに一桁を名乗るだけはある。
35mm版の3以上がそうであったように、デジタルの1桁は力が入ってる。

諸々の都合で手元に届くのは随分先になりそうだが、惚れた機械があるのはいいことだ。

7って。

時はさかのぼり、9月1日の出来事。

ケンちゃんから、「7でますよ。」、7?

そう。7であった。

50をスルーして、なぜか30に手を出した。
財布の都合とか、家庭の事情とか、まぁ、色々ありました。

ただ、この30。ピントの不具合っぽいんで先週木曜にSSにお出かけ。
で、そんなタイミングので7。

カタログ取り行こうかなー。と思っていた矢先、「カタログ届けといたでー」とナカジから連絡あり。
届いた。

7

IMAGE MONSTER だって。

やれば出来るじゃん。

価格の板では、あれが・・とか、これが・・・とか、色々要望はあるようですが、正直十分期待通りの出来映えですわ。

あとは、先立つものを用意しなければ。

アフターの充実度

アフターといっても、今回のお話しはアフターサービスの方。

夏休み前に埃が写りこんでしまったGXの症状をナカジに話すと、やはり同じような症状が出たことがあるらしく、解決方法を教えてくれた。

「おリコーさんのWEBへ行きなはれ。」

GXのレンズはちんどう式なので、出入りしているときに埃を拾ってしまったらしい。
さっそく、おリコーさんのWEBへ行き、サポートページをめくると簡単な入力フォームがあり、症状を記入してクリック。

翌日には、サポートからのメールがあり、その数日後にヤマトさんを経由して封筒が送られてきた。

封筒の中にはエアマクラのような緩衝剤と着払い伝票。段ボールと至れり尽くせり。
保証書とともに発送。

その10日後ぐらいに、届いたGXはレンズユニット交換しました。と、これまたナカジ同様の修理状況で戻ってきた。もちろん、保証期間内であり、故意の過失がないことが前提だけど、やるじゃん、おリコーさん。と勝手に思った。

そんな、アフターに気をよくして、購入して2年が過ぎるGENESISについて、こーわさんに連絡をとってみる。

メールをした。

1週間ほど経って返信あり。
「保証期間内でもチェック、オーバーホールは有償です」

商品発送は個人さま負担。見積作成とその後の返送は弊社負担。とか。
使い方を間違えなければ、壊れるものでもないのは理解できる。

しかし、この値段するガラスモノが1年の保証期間って、おい。
なんか、残念なメールを貰ってしまった。

見え味はいいし、国産だし、気に入ってるんだけどねー。サキヤマさん。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク