FC2ブログ

霜月の宴

同業の青森スタッフ一押しだったので、霜月の宴用に買ってみた。

20191016_02

なんかこの絵ずら見たことあるな。

スポンサーサイト



1990

大学1年生になった年末

帰省を兼ねて、江別から鹿沼までの3泊4日の旅に出たのは1990年のこと。

旅を共にした先輩が起きてなかったとか

乗ってくるはずの電車に乗ってこなかったとか
しかも切符を無くしてるとか

なぜ、二人旅となったのか

思い出せることと思い出せないことが多い、あの旅

確か青春18きっぷを使っていたはずなのに、僕らは十和田湖に立ち寄っていた

で、ユースホステルが冬季閉鎖でどこぞのホテルに泊めてもらったことを覚えてる
乙女の像の写真も撮った

その十和田湖から帰宅
奥入瀬渓谷は紅葉の始まりとともに観光客がいっぱい
20191016_01

車道と渓谷の距離も近いため、路駐たくさん、通行者たくさん
あぶないあぶない

阿寒湖から釧路に向かう道に似てるけど、奥入瀬の方が自然がちょっとやさしい

フットパスとかいろいろやってるんだろうけど、もうひと捻りしてもいいかも
と、余計なお世話を考えながら通過した

初めてのお使いは6時間ロード

台風一過
秋晴れの空
標高も高いので吹く風も冷たい
20191015

長靴で登山道を登り、ササを泳ぐこと4時間
お使いの場所に到着
下りは楽ちんかと思いきや、なかなかどーして苦労が待ってた

いい経験になりました

さて、日長一日あれこれが頭をよぎる

本日はそれぞれの正義
近しいものも、遠く離れたものも、それぞれに持ってるものは違うわな。と。

それぞれのモノは、交わることがあればいいのか。
重なるってのは気持ち悪いか。
でも交わるより並行やネジレの位置である方が健全か。とか。

車に戻りと気温は5度以下
いつ雪が降ってもおかしくないな。

宿に戻る途中、小銭入れがないことに気づく。
朝飯を買ったコンビニで聞くも、届いていません。と。
山の中に落としたか。。
中身を思い出し、ブルーを超える落ち込み。

結局、助手席の隙間にありましたとさ。

初めてのおつかい

もとい、初めての街に到着。

やることは、初めてのおつかいに近いものがありますが。

最近のお宿は専らビジネスホテル。
故に食事はほぼ各自でということになる。
宿に入ると出るのが億劫になる。

結局、そこらのスーパーかコンビニで食料調達。

旨いものを探し歩きに。
というような趣向もなく、それはそれで不満はないが、冷たい飯は寂しいものがある。
ゴミが沢山出るのも心苦しい。

明日は出歩いてみるか。

帰仙

甚大な被害を列島に残した台風も通過

帰仙する飛行機も無事にフライト
飛行機出発は19時、にわかではあるが、ラグビーのスコットランド戦も19時開始

仙台空港についてスマホの電源を入れるとラインが続々
帰宅する頃には思わってるしな。と思っていたら、ガラケーでTVが見られることを思い出す。
しかし、地下鉄に入るとワンセグは圏外(泣)

最寄駅からアパートへの道すがらワンセグ視聴
アパート到着と同時にジャパンの勝利確定

いい日だ。

そんで、空港の待ち時間にサーリーのバイクラインナップから面白いヤツを発見。

吊るしから組んでみるってのもありかもね。

台風19号

前代未聞の被害を出しながら北上中。

関東、北陸どころか広範囲に渡り、被害が続いているのは本当に心配なところ。
仕事の心配ではなく、あちこちにあるタカの巣も被害にあっていることでしょう。

確実に日本の気温は高くなり、今後も同様、もしくはそれ以上の自然災害に備えなきゃいかんってことか。
発電機しかり、ライフラインの確保と点検もも忘れないようにしなければ。

今のところ北海道は平和です。
明日、本州に帰れるのか?ってのが目下の不安事項ですな。

帰札

あれこれの宿題を終えて、無事に帰札。

後は台風の通過速度を祈るのみ。


本日は巻き登りで疲れました。

強風

朝から警報並みの風が吹き荒れる。

さすがに木登りはお休み。
エスケープできる仕事があって助かるね。

あれこれの復習も実践。
オジサンには既知のテクであっても、若人には新鮮。
いいことだ。

明日は穏やかな天気らしいが、週末の台風が心配。
前回も同じこと言ってたような。。。


今日は南へ

600㎞ほど移動。

朝からの木登りは予定通り。
相変わらずの笹の海。
毎年恒例となっていた体力テストの宝箱回収も今年で最後。
終ると思うとやや寂しいもの。
13時には終わるかな。と思っていたが12時に車に到着。

そんななか、帰路に問題が。。。
補修したばかりのGPSがバグる。どうしたものか。

ここで彼と会ったのは3-4年前か。
何事も熱があれば覚えは早い。という見本のような若者(やや高齢か?)。
まだまだ課題はあるだろうから、共有しながら切磋琢磨したいもの。

さて、問題は移動にあった。

札幌から北の宝箱まで約4時間。
南の宝箱までも約4時間。
感覚としてはわかっていたが、自分の老いを計算に入れていなかった。

眠い眠い。しかもところどころで大雨。

22-23時と予想していたが、晩飯をコンビニに変更。SA/PAでの休みなし。
21時半に到着。

頑張れば出来る子です。

北に1000km

月イチの北海道。

仙台から1000kmの移動。
飛行機、電車、最後はレンタカー。
オートパイロットの高速移動はやはり快適。

さすがに名寄は寒い。

明日は雨。きっと寒い。
プロフィール

カトさん

Author:カトさん
はじめての方はこちらを読んでください。
プロフィール

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク